2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月の35件の投稿

2004/12/31

いつも通りの12月31日

朝10時頃に起きて、午後3時頃までかかっておせち料理らしきものをでっちあげる。お重の何段目に何を詰めるとか定番は何とかはかなり無視してある。例年通りである(笑)。
夕方から、これまた定番に大晦日だよドラえもんを見る。この声優陣での年末スペシャルも今回で最後かと思うと少しさびしかったりもする。

いいこともそうでないこともたくさん起こった2004年でしたが、こりずに2005年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2004/12/30

年末年始休み2日目

年末年始の買出しなど。子供たちがお昼はラーメンがよいというので王将に入ったら、すごい混雑である。あと5分遅かったら、長時間待たねばならぬところであった。こんな日でも混んでいるのだな……。

2004/12/29

マジっすか!

次の戦隊ものは魔法戦隊マジレンジャーだそうだ。今日、下の息子の学習雑誌を読んでいて初めて知りました。「マジっすか!」のマジではなくて、魔法戦隊なのだから「蠱(まじ)にかける」とか言う場合のマジなのだろうと無理矢理納得してみる(笑)。「蠱」ってどっちかといえば呪いとかあんまりよくないイメージが強いのだがどうです?
ちなみにライダーのほうは仮面ライダー響鬼だそうです。鬼ってあなた……とか思いつつも、ほのかに期待してます。子供とストーリーを楽しめて、しかも大人を飽きさせないで下さいよ。子供がついてこないと映画を見に行く口実も作れないっす(笑)

2004/12/28

仕事納め

本日に仕事納め、明日より年末年始休暇。
この日記、1996年12月より書いているわけだけれど、仕事納め後の出勤を行っていないのは、96年、98年、01年、04年となる。きちんと休める確率は半分だということだね。まあ、昨年がひどかったので、ちょっと今年はほっとしております。

今日の購入本
コミックのほうは、最近子供たちがドラクエに凝っているので買ってみました。連載当時に面白く読んでおりました。きっと上の息子が読むでしょう。

日暮らし 上
宮部みゆき

出版社 講談社
発売日 2004.12.21
価格  ¥ 1,680(¥ 1,600)
ISBN  4062127369

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1
Dragon quest 1 誕生の章(集英社文庫)
三条陸原作・稲田浩司漫画・堀井雄二監修

出版社 集英社
発売日 2003.06
価格  ¥ 630(¥ 600)
ISBN  4086180634

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1

2004/12/27

本当に今年最後の出張

最後の最後で東京まで出張。往復10時間、会議は1時間、やれやれ。しかも波乱の予感がひしひしと(笑)

それはそうと、新幹線の電光掲示板でスマトラ島沖地震の情報を読んでいたのですが、新しいニュースが表示されるたびに死者の数が1000人ずつ増えていくのです……。いたましい。いったい、最終的にはどれほどになるのでしょう。
被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げ、また亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

2004/12/26

プリンタ買い替え

けっきょくプリンタを買い換えました。brother MyMio DCP-110Cです。エプソンでもcanonでもないという、まあちょっと冒険かも(笑)。
印刷スピードはかなりのものですが、完全スプール後に印刷を開始できるのかどうか不明。もしかしてできないのか?スプールしながらの印刷だと、その間にパソを使うと重いのだがな……。あと、交換インクの売り場に行くとbrotherのインクはほとんどなくてちょっと不安になってしまうのだが、よく考えれば故障したエプソンの複合機の交換インクだって、大きな店に行かないと品薄だものな。きっと同じことなのだろう。

2004/12/25

『ウルトラマンネクサス episode13予知者-イラストレーター- 』 感想

ウルトラマンネクサスepisode13予知者-イラストレーター-
今回もイタイ映像満載。リコは虚像で登場……「梨湖という虚像」がモトネタか?(笑) 溝呂木はどうしてもリコの幻影で孤門をいたぶりたいらしい。しかも、今回は幻影とはいえナイトレーダー面子による孤門隊員リンチシーンあり。ううむ。やっぱり、あんまり子供にいっしょに見ようよと言えないのがちょっと。ふたりの出会いだけはどうやら操作されたものではなかったようであることと、凪副隊長が孤門をさがす姿が救いだね。
一方、そのころ、アグルが登場しそうなプールを前に、吉良沢と松永管理管がふたりだけで通じる思わせぶりな秘密の会話。さそり座M80?来訪者?なんなんでしょうねえ……。来訪者ってのはウルトラマンのことなんでしょうか?
予告には溝呂木の変身した姿ダークメフィストが。ダークファウストはもう登場がないのだろうかな?リコが孤門の愛で光属性に変化したファウストをぜひ見てみたいよ。

クリスマスプレゼント

今年サンタさんが持ってきたのはドラクエ・グッズです。スライムベスのニットぬいぐるみの大小各1個、レジェンドアイテムギャラリー、クリアフィギュアコレクション、etc。最初、上の息子はちがうものを思っていたようですが、けっきょく下の息子の希望と同じになりました(笑)値段はともかく、品薄なのがなんとも……。

2004/12/24

クリスマスイブ

クリスマスイブというか、こういう飛び石状態の時は休めればよいのだが、そうもいかず。なんだって毎年こうなるのだろう?
まあしかし、予定していた夕刻からの打ち合わせはキャンセルになったので、わりと早目に帰ることができたけれど。

2004/12/23

なぜ年賀状を印刷するとプリンタは故障するのか?

プリンタというのはどうして年賀状を印刷しようとすると故障するのであろうか?昨年の12月28日に出ていた症状とまったく同じである。原因はよくわからないのだが「用紙詰まり」のメッセージが出るのだ。何度か殴ってみたが今年はだめだ(笑)。さてどうしたものか?

思うに、家庭向きに売られているプリンタというのは、きっとユーザにわからないところで<12月に年賀状を印刷している>ことを認識し、カウントして故障させているにちがいない。たぶん、ロジックはこうだ。

・このプリンタは今年の製造ではない
・現在月は12月である
・日付は5日以降28日までである
・年賀状を印刷しているカウントがN枚を越えた
この条件すべてを満たす時、故障のメッセージを表示。

こうしておけば、ユーザは毎年プリンタを新調するであろう(笑)。日付は標準的な賞与支給日以降でかつ仕事納めまで。カウントの条件は機種ごとに変えるとよい。
だから、きっとぎりぎりまで待てば、今回のプリンタの故障は自動的に復旧するはずであると思うのだが、いかがだろうか?

2004/12/22

出張先駅前のライトアップ写真

出張先の駅前のライトアップを写真に撮っておいたけれど、例によってUPできない。ここがどこであるか丸わかりなものが大きく写っているからである。まあ、そんなに写りがいいわけでもないので、どうでもいいといえばどうでもいいのだが。

2004/12/21

本年最後の出張

風邪が治りきらないのに本年最後の出張である。寒いのでホテルで空調を入れていたら、乾燥しすぎたらしくて喉の痛みがぶりかえした。やれやれ。

2004/12/20

抽象的な愚痴(笑)

疲れたので、具体的成果もないままに仕事を切り上げようかと思った時、1本のあやしい電話が。おかげで30分以上も会社を出る時間が遅くなってしまった。いつもながらだけれどアレだよな、と思う。やれやれ。これ以上なしくずしに仕事を増やされてたまるものか(笑)

【今日の購入本】

透明惑星危機一髪!/時のロスト・ワールド(創元SF文庫)
エドモンド・ハミルトン・野田 昌宏 訳

出版社 東京創元社
発売日 2004年12月中旬
価格  ¥ 1,260(¥ 1,200)
ISBN  4488637140

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1

2004/12/19

ブラウン管のテレビ

イオン姫路大津ショッピングセンターに行きテレビを買いました。このあいだからどうも垂直同期がおかしくて、主電源を入れてから見れる状態になるまで1時間ほどもかかるようになってしまったための買い替えです。液晶でもプラズマでもなく、地上波デジタルチューナもついていません。画面こそ16:9ですが、単なるブラウン管です。賞与も少ないし、高いものはなかなか。とりあえずにはこれで充分です(笑)。
だいたいプラズマは論外に高いし、液晶は子供たちが部屋で暴れると転倒しそうでこわいです。地上波デジタルについては、UHF帯域だとすれば電波が現状では入りません。近くにあるマンションが障害になるからですが、その補償として地上波のチャンネル分だけケーブルが入っています。地上波デジタルにするとして、チューナはそこのものになるのだから、内蔵されていても仕方ないのだよね……。

2004/12/18

『ウルトラマンネクサス episode12 別離-ロスト・ソウル- 』 感想

ウルトラマンネクサスepisode12別離-ロスト・ソウル-
リコの正体については予測通りでしたね。しかし、予告を見るに、あれでリコの魂が溝呂木から解放されたとは思えません。なにしろ、すでに死んでいるのだから、いつでも再利用可能なのかも。あと、なぜ孤門が目の敵にされているのかも謎のまま……。
この物語がウルトラ的でないという批判を最近よく耳にするのですがどうでしょうか?ぼくには、この物語がコスモス以上の愛の物語に発展する可能性だってあると思えるのですが。例えば、今回、ファウストが孤門をかばったシーンは感動的でした。
思うに、ファウストというネーミングに意味があるのかもしれません。あれは迷える魂-ファウスト-であって、悪そのもののメフィストフェレスではないわけです。そこにリコの魂が残っている限り、孤門が救いの手をさしのべるのではないでしょうか?今日の展開の逆、すなわちネクサスがファウストを取り込むことで、より完成されたウルトラマンになるというのはどうでしょう?ある意味、A以上の究極の男女合体になると思うのですが……。うろおぼえですが、ゲーテの『ファウスト』の結論は女性的な愛情が、男性を真の高みに引き上げるということではなかったでしょうか?なんとなく、そういう線のような気がするのですがね。いかが?

『ブラック・ジャック』 karte:10火の鳥伝説

『ブラック・ジャック』karte:10火の鳥伝説
初めてこの作品の原作を読んだ時は、<火の鳥>の取り扱いについて奇妙な感慨にうたれたものです。さて、ピノコが最後に飛行機の窓外に見たのは本物だったのでしょうか?ぼくは永遠の命など欲しいとは思いませんが、みなさんはいかがですか?

2004/12/17

『怪奇大作戦』コンプリート

B0000VORCQDVD 怪奇大作戦 Vol.5
特撮(映像) 岸田森 勝呂誉
ビクターエンタテインメント 2004-03-26

by G-Tools
B0000VORD0DVD 怪奇大作戦 Vol.6
特撮(映像) 岸田森 勝呂誉
ビクターエンタテインメント 2004-04-23

by G-Tools

というわけで会社を早目に出て、梅田でDVDを購入いたしました。
『怪奇大作戦』のvol5とvol6です。このシリーズはこれにてコンプリート。とりあえず帰宅後にvol5を見ました。「美女と花粉」は昔見た通りになんだか理不尽に怖かったです。「殺人回路」はコンピュータがらみの話でストーリー的には身につまされたのですが、<プログラムの設計図>と称するあやしい青焼きのフローチャートにまずは驚き、この時代はまだ汎用機で処理実行するのはパンチカードで登録だったのだな、と妙なところに感心しました。あの程度の仕掛けでダイアナがリアルに動くのはまことにすごいです。プログラマ氏にぜひぼくの仕事を手伝ってもらいたいものですよ(笑)

2004/12/16

なんだったんだろうこの出張は

またも出張だったわけだが、終わってみて思うにべつに大阪にいてもできる仕事だったかもしれない。風邪が治りきらず、しかも誕生日だったというのに無理をする必要はなかったのではないか?ぼくが出張先にいることが、出張先社内外の誰かにいくばくかの安心感を与えるのだというが本当か(笑)。やれやれ。

2004/12/15

三つ子の魂百まで

今日で38歳になりました。ショックです(笑)。
気持ちはいまだに少年なのですがね。いやコドモとも言うか。趣味も読書傾向も中学生頃と何ら変わるところがないというのは、自慢になるのかならないのか。きっとならないのだろうなあ。上の息子などは、もはやウルトラマンにもライダーにも見向きもしないというのに(笑)。三つ子の魂百までだよ、などと言って笑ってごまかそう。
きっと、冬のボーナスからゲットした小遣いで、また特撮のDVDを買うのだろうな。

2004/12/14

稚拙なフィッシング詐欺メール

わあ。なんだか怪しいメールが。フィッシング詐欺というにはやりかたが稚拙だけど、案外にひっかかる人も多いのだろうか?

>Date: Tue, 14 Dec 2004 17:27:58 +0900
>From: 三協精機株式会社 <sankyo-seiki@lime.plala.or.jp >
>Subject: 御当選通知 三協精機(株)よりお知らせ

>この度は、テブラコール推進キャンペーンご応募有難う御座いました。
>約42万通の多数のご応募の中から厳正なる抽選の結果、
>ホンダ・ステップワゴン(ハッピーエディションG-2.0 FF)
>御当選されましたのでご連絡させていただきます。
>後程、当社担当よりご連絡を差し上げますので

>下記URLよりお手続き下さい。

>http://www.formzu.com/formgen.cgi?ID= (※注:ID消してます)

>この度は誠におめでとうございました。

この社名は実在の会社に似せているけれど実在しないと思う。だいたい、法人からのメールのアドレスがplalaのドメインなのはあやしすぎるし、レンタルフォームに登録させようだなんて、詐欺としては手の抜きすぎではないか。というか、こんなキャンペーンに応募してないし(笑)

※15日朝の時点では、このフォームズというサイトのトップページにフィッシングである旨、警告してあります。また、受信したメールの該当のID番号は削除されており、表示しようとするとトップページに切り替わるよう対処されています。

2004/12/13

健康診断-むしろこの程度ですんでいるのはおどろきかもしれない

本日午前中は健康診断。体重は少し減だが血圧があいかわらず高い。それでも昨年よりはだいぶましな数値のような気もする。昨年の健康診断以降にやった仕事の質と量を考えれば、むしろこの程度ですんでいるのはおどろきかもしれない(笑)。やはり、折にふれて歩くことにしているのは少しは効果があるということだ。

【今日の購入本】

太陽系七つの秘宝 謎の宇宙船強奪団(創元SF文庫)
エドモンド・ハミルトン著・野田昌宏訳

出版社 東京創元社
発売日 2004年10月下旬
価格  ¥ 1,260(¥ 1,200)
ISBN  4488637132

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1

2004/12/12

甲賀の里 忍術村

20041212-1
11日は上の息子の誕生日ということで、甲賀の里 忍術村というところに行ってきました。
子供たちはけっこう楽しんでいましたが、どうも冬場に来るところとしては選択ミスだったかもしれません(笑)。特に忍者道場の足に空気の入ったタイヤをはいて水面を渡るという水蜘蛛の術!さすがに下の息子は無理なので上の息子のみ挑戦しましたが、これ失敗したら水に落ちて風邪をひくのでは……。まあ、楽しかったのだからよしとするか。

2004/12/11

『ウルトラマンネクサス episode11 人形-マリオネット-』 感想

ウルトラマンネクサスepisode11人形-マリオネット-
うわああああ。ある程度の覚悟はしていたのだけれど、ここまでやりますか。もはや子供番組ではなくなってしまったね。リコの自宅に所構わずはりつけられた絵の異様さが見事。『仮面ライダー龍騎』なんかでも絵が重要な要素だったけど、これはそれ以上。また、登場人物たちの会話から推定するに、リコはやはり適能者だったのだね。そして、記憶がないにせよ何にせよ、彼女が器であることは確かになってしまいました。溝呂木は彼女をどうやって操っているのだろう?
次週以後、孤門がどのような決心をし、どういう戦いを展開していくのかということに興味が尽きません。

『ブラック・ジャック』karte:09もらい水

『ブラック・ジャック』karte:09もらい水
ずいぶん原作とイメージが違う。原作ではニュートラルな立場である手瀬間医師の奥さんが、必要以上に悪女に描かれているからかな?BJの思い出の母親とおばあさんをダブらせることでエピソードはふくらんだとは思うけれど……。このアニメのほうがありそうな話に思えて、なんだかいやな感じだな(笑)

2004/12/10

大阪は空気が悪いのだろう

昨日の時点で咳はほぼ止っていたのに、大阪に舞い戻ってみるとまたも咽喉が痛い。やはり、大阪は人が多いし空気も悪いのだろう。1日中のど飴をなめつづけたので、咽喉は大丈夫だが口の中が妙な具合。
グインの新刊はついに98巻。あと2冊で100巻なんだなあ……。

蜃気楼の旅人(ハヤカワ文庫 JA 773)
栗本薫著

出版社 早川書房
発売日 2004.12
価格  ¥ 567(¥ 540)
ISBN  4150307733

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1

2004/12/09

UPできない情報が多いのだ

先週・今週と延べ六日間の出張完了。あちこちと立ち回ったので、ちょっと疲れた。
ところで、出張先で写真なども撮影しているのだが残念ながらUPできない。なぜなら、UPすると出張先がどこであるか特定できてしまうからである。最近はいろいろとやかましいからなあ。
そういえば、blogで仕事について言及したことで解雇されるという事例が海外なんかでは目立ってきていますね。やれやれ。こういう風潮が続くと、下手に残業時間とか徹夜回数に言及するのも考えものだ。でも、それを抜いたらこの日記は成立しなかったりして(笑)

2004/12/08

クローズドな日記の誘惑

そしてまだ出張中である。今週が過ぎれば、少しは沈静化するのであろうか?それとも逆に、また異常に忙しくなったりするのであろうか?そうはならないように多々手段を講じてきたはずであるが、思った通りの効果が出ないものもある。というか、予測以上の事態が起こると、やはり最初から考え直さざるを得ない。まあ、そういうものだろう。
そういえば、自分の日記を読み返してみても、このように抽象的なコメントが多くて、これはいったい何のことだったろう?とか思うこともある。まあ、公開している日記だからして、仕方なかろう。mixiで友人限定のクローズドな日記をつけてみたい誘惑にもかられるが、そうした場合、とても読めたものではない内容になるような気がする(笑)

2004/12/07

『流星人間ゾーン』

出張先のホテルにて『流星人間ゾーン』の第1話-4話をケーブルTVで見る。東宝初のTVヒーローもので、1973年放映当時ゴジラが出てくるので話題になった。再放送とかを見た記憶はないので、これが本放送以来の視聴となるが、じつにつっこみどころ満載のストーリー……というか1~3話はかなり話として破綻しているようにも思えるのだが。あと、悪役のガロガ星人はどうして武器が機関銃なんだろ(笑)。とはいえ、ゴジラ初登場の4話は、蛍の悲恋?エピソードも含めてかなり盛り沢山の内容で楽しめた。1月の出張はぜひ5話以降の放映がある日にしたいものだ(笑)。

2004/12/06

『ブラック・ジャック』第14巻

全集版で集めていた『ブラック・ジャック』の14巻だけが見当たらないので、文庫で購入しました。読んだことのない話も入っているので、買いもらしていたらしい。なぜだろう?
そうそう。この巻を読んでやっと知ったのですが、本間久美子はちゃんと原作に登場しているのですね。

Black Jack 14(秋田文庫)
手塚治虫著

出版社 秋田書店
発売日 1996.10
価格  ¥ 590(¥ 562)
ISBN  4253169945

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1

2004/12/05

日記をblogに統合しようと思ったのですが・・・

blogのほうに統合しようと思ったのですが、とりあえず中止。理由としてはいくつかありますが……
indexページに最新の日記を表示しているのをやめにするか?
携帯の日記をどうするか
というのが大きな問題点(笑)です。いっそ、blogのほうをトップページにするかな……。

ついでに、最近になってFirefoxでのアクセスがとても多いので、ぼくもインストールの上、各ページの表示を確認してみました。見え方はいい感じだし、かなり軽いですかね?さて、乗り換えるべきでしょうか(笑)

2004/12/04

『ウルトラマンネクサス episode10 突入-ストライク・フォーメーション』 感想

ウルトラマンネクサスepisode10突入-ストライク・フォーメーション
やっと戦場で意志を通じ合えた姫矢と孤門、アイコンタクトでのネクサスとストライクチェスターの共闘がいい感じでした。
それはそうと、リコはやっぱり憶えていなかったのね……というか、この展開だと溝呂木に操作されている可能性大?第10話にしてあっさりキスシーンにいってしまうということは、孤門-リコのエピソードはこのあたりでクライマックスなわけです。ウルトラ的にはこれ以上の恋愛展開はありえませんものね……。「わたしはだれ?」ってな次回予告が非常にやばやばです。あの肩って孤門くんに撃たれたものですかね?

『ブラックジャック』karte08:奇跡の腕

『ブラック・ジャック』karte:08奇跡の腕
原題は「二つの愛」ですね。たいへん意味深い題名だと思うのですよ。どうして題名を変えたんだろう?
あと、明が死ぬことになる原因を事故から火事に変更したのは、タクに「明さんの勲章ですから」という台詞を言わせんがためだろうが……。腕に火傷跡のある寿司職人というのは客にとってみればけっして気持ちのいいものとは言えまい。このあたりBJが顔の皮膚を張り替えないのと同じ理由だね。自分にとってマイナスであっても友情をとる。このエピソードが入ったことで、原作よりもなお深くなったと思います。

2004/12/03

休んでいる日に限ってやたらに連絡が入るのはどうしてだろう?

というわけでダウン。ほとんど出ない声で、それでも会社に電話だけはしておく。こういう場合、グループウェアが社外から操作できればよいのにと思うのだが、セキュリティの関係でNGである。便利なのか不便なのかよくわからない。それにしても、休んでいる日に限ってやたらに連絡が入るのはどうしてだろう?自前の携帯なのだから、電源を切っておいてもよいかとも思うのだが、いかがなもんでしょ?

2004/12/02

風邪だ

昨日の午後あたりから「まずいかな」と思っていたのだが、やはり風邪である。咽喉が痛いままで会議でしゃべりつづけたので、声が出なくなりつつある。しかし、こんなふうに出張中に病気などしてしまうと対処に困るぞ。幸い今日で出張が終わるからよいようなものの、ホテルで寝込んだりしたらどうしたらよいものか。

2004/12/01

つにに今年も12月か

ついに今年も12月か。最近、1年がやたらに早いような気がする。そういうふうに感じるようになったら年をとった証拠だというが、本当かな?一説によると、同じことの繰り返しのような人生をおくっていると早く感じるのだそうだ。何か新しいことを始めないとならないね。

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »