« 『仮面ライダー響鬼』三十二之巻・弾ける歌 | トップページ | 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼 »

2005/09/18

月観れど

日中は上の息子の小学校の運動会。なんだか年々開催が早くなっていくような気がするが気のせいだろうか?まだまだ日差しが強く、「気温が高くなっております。お子さんの水筒にお茶を足してあげて下さい」などとアナウンスの入る始末である。余裕のない運動会だ。
肩と首のあたりが日焼けして、とても痛い。

たまたま今年は日曜にあたっているので、夜から姫路城の観月会に家族で行く。三の丸広場はかなりの人出で騒がしい。とてもではないが、月を愛でるという雰囲気ではないわな。それでも、お茶席に行き、抹茶をいただく。これも順番待ちの人が周囲に沢山立っていて、落ち着かない。もうちょっと何とかならんのだろうか?
上の息子が月の観測の宿題があるというので、三の丸広場で行われていた観測会にも参加。しかし、設置されたライトが眩しすぎてつやけしである。真面目に月を観ようとしているのはこちらのほうなのに、そんなに酔った客が暗がりで転ぶほうがこわいのか?

« 『仮面ライダー響鬼』三十二之巻・弾ける歌 | トップページ | 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5613/6120477

この記事へのトラックバック一覧です: 月観れど:

« 『仮面ライダー響鬼』三十二之巻・弾ける歌 | トップページ | 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼 »

他のアカウント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

★★★★