« 『ブラック・ジャック』karte:46 文化祭の用心棒 | トップページ | 骨と間接の日 »

2005/10/25

鳴り響く着メロ

帰宅時の満員電車。鳴り響くオルゴール調の着メロ。隣席の初老の女性の持つ携帯からのものである。
この女性、バッグから携帯を取り出し、着信画面を確認すると、そのまま再びバッグにしまいこんだ。着メロは鳴り続けている。そのままの状態で30秒以上。向かいに座った男性の顔がちょっとムッとした感じ。切れよ!とぼくも思う。
いったん着メロがとだえ、向かいの男性もぼくもちょっとほっとした。と、また1分ほど経ってからまたも鳴り響く。今度は1分以上鳴り続けていた。
どうやら、女性は保留方法を知らないらしい。「もう、うるさいわね」とか言っている。いや、うるさいのは、周囲にいるぼくらなんですけど。マナーモードにするとか、電源切るとか、できないなら思い切って応答してはどう?ハンカチに携帯をくるんで、バッグの奥のほうにしまうとかじゃなくてさ。
でも、ほんとに女性はその電話に迷惑そうな顔だったので、電源を切ってはどうでしょうとは言い出しかねたのでした。世の中、いろんな人がいるもんだ。

« 『ブラック・ジャック』karte:46 文化祭の用心棒 | トップページ | 骨と間接の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5613/6904760

この記事へのトラックバック一覧です: 鳴り響く着メロ:

« 『ブラック・ジャック』karte:46 文化祭の用心棒 | トップページ | 骨と間接の日 »

他のアカウント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

★★★★