« そしてふたたび徹夜 | トップページ | 10周年 »

2006/11/03

実家に放置している本を少しだけ持って帰る

ひさしぶりに実家に顔を出す。顔を出すたびに実家に放置している本を少しだけ持って帰るのだが、上の息子に読ませてみて読みそうなものにすることにしている。今回は浦沢直樹の『MASTER KEATON』全巻。小学5年生が読んでほんとうに面白いのかはちょっと疑問だが、本人がそれがいいというのだから、まあいいか。
文庫化しているようだけれど、ぼくが持っているのはもちろんコミックスのほうです。

4091816916MASTERキートン (1)
勝鹿 北星 浦沢 直樹
小学館 1988-11

by G-Tools
409185821XMASTERキートン (1)
勝鹿 北星 浦沢 直樹
小学館 1998-11

by G-Tools

« そしてふたたび徹夜 | トップページ | 10周年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

マスターキートン大好きです!
モンスターよりも…。ちなみにうちではデスノートを
息子は怖がって読みません(てゆーか、序盤以外は難しいか…^^;)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5613/12555221

この記事へのトラックバック一覧です: 実家に放置している本を少しだけ持って帰る:

« そしてふたたび徹夜 | トップページ | 10周年 »

他のアカウント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

★★★★