« 『最後の娘』(ペネロピー・エヴァンズ) 感想 | トップページ | 『勝負の極意』 (浅田次郎) 感想 »

2008/05/25

『似ッ非イ教室』 (清水義範) 感想

エッセイをパスティーシュした短編小説集。作者自身があとがきで書いているように、基本的に創作なのだが。きっと各編の唐突なまでにでたらめな末尾の文は、これはうっそこなんですよという作者の照れ隠しなのでしょう。単発で読んだ人の中には丸まま信じ込んだ人もいたのかもしれんな。そんなふうに考えながら読むとなお面白い。この人のウソには妙に説得性があって、限りなく真実に近いことが多いので始末に悪い。「単数と複数」なんかはほとんど本当のことで、最後の2ページくらいだけがフィクションだもんね。いやほんとうまいですよね。(1997/7/27)

« 『最後の娘』(ペネロピー・エヴァンズ) 感想 | トップページ | 『勝負の極意』 (浅田次郎) 感想 »

【作家】清水義範」カテゴリの記事

【読書】1997年の読書遍歴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5613/45119468

この記事へのトラックバック一覧です: 『似ッ非イ教室』 (清水義範) 感想:

« 『最後の娘』(ペネロピー・エヴァンズ) 感想 | トップページ | 『勝負の極意』 (浅田次郎) 感想 »

他のアカウント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

★★★★