« 『ひと恋しくて-余白の多い住所録』(久世光彦) | トップページ | 『審判の日』(五十嵐均) 感想 »

2008/09/07

『改訂決定版笑説大名古屋語辞典』 (清水義範) 感想

共通語からの逆索引までついた本格的な辞典である。ここまで言葉に思い入れられるというのはすごいですね。考えてみれば、氏自身が語るように、こんなことはべつに名古屋が特別なのではなく、各地方地方で成立する範囲のことである。まあ、だからこそ名古屋出身ではないぼくが読んでも、自分の出身地の何かと照らし合わせてニヤニヤするから面白いのでしょう。でも、やっぱり、ここには名古屋人しかわからない微妙なアレとか言外に匂わされている絶妙なソレといったものがあるのではないのか?名古屋に生まれなかった人間としては清水義範の語るそのような面白さを真には理解できていないのではないかと、ちょっと複雑な気分になってしまうのである。(1998/05/04)

« 『ひと恋しくて-余白の多い住所録』(久世光彦) | トップページ | 『審判の日』(五十嵐均) 感想 »

【作家】清水義範」カテゴリの記事

【読書】1998年の読書遍歴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5613/45119563

この記事へのトラックバック一覧です: 『改訂決定版笑説大名古屋語辞典』 (清水義範) 感想:

« 『ひと恋しくて-余白の多い住所録』(久世光彦) | トップページ | 『審判の日』(五十嵐均) 感想 »

他のアカウント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

★★★★