2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 『巴里・妖都変 薬師寺涼子の怪奇事件簿』 (田中芳樹) 感想 | トップページ | 『凍える牙』 (乃南アサ) 感想 »

2008/11/30

『ウルフガイDNA 7 夜の仮面騎士團』 (平井和正) 感想

やはりライノは神話人種と浅からぬ因縁にあるらしい。え?でもってそうなの、とちょっと驚く人間関係も明かされる、と。ってことは母親は誰かいな、などと考えるのもちょっと楽しい。これまた未読な方にはさっぱりわからんコメントになってしまうなあ(笑)。とりあえず、こうくるとあの狼男はぜったいに……ですね。しかし、ライノが西城だとして、いったいいつ和解したのか?それとも、やはり敵対しておるのでしょうか?うーむ、謎だ(2000.01.24)

« 『巴里・妖都変 薬師寺涼子の怪奇事件簿』 (田中芳樹) 感想 | トップページ | 『凍える牙』 (乃南アサ) 感想 »

2000年の読書遍歴」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ウルフガイDNA 7 夜の仮面騎士團』 (平井和正) 感想:

« 『巴里・妖都変 薬師寺涼子の怪奇事件簿』 (田中芳樹) 感想 | トップページ | 『凍える牙』 (乃南アサ) 感想 »