« マイケル・クライトン氏の訃報 | トップページ | 『ウルフガイDNA 3 華麗なる仮面騎士団』 (平井和正) 感想 »

2008/11/08

『ねらわれた学園』 (映画) 感想

GYAOで『ねらわれた学園』をやっているので、観ました。薬師丸ひろ子がかわいいですね。眉村卓の原作とは大幅にイメージが違うこの映画、何度観ても、敵役を演じる峰岸徹の怪しさにひいてしまう……いや、これはこれで面白いのですがね。

GYAOでもYahoo動画でもいいから、原田知世のTV版を流してほしいと思います。京極少年の妖しい(上とは字が違うことに注意!)感じが秀逸。ぼくはこっちのほうがやっぱり好み。TV版のラストシーンは感慨深いのです。昔は素直に納得にていたけど、今思い返すといろいろと考え込んでしまいますね。


« マイケル・クライトン氏の訃報 | トップページ | 『ウルフガイDNA 3 華麗なる仮面騎士団』 (平井和正) 感想 »

【特撮】全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5613/43054230

この記事へのトラックバック一覧です: 『ねらわれた学園』 (映画) 感想:

» 『セーラー服と機関銃』 感想 [書庫の彷徨人 -Wandering Hard Hard Diary -]
GYAOで『セーラー服と機関銃』やってたので観ました。『ねらわれた学園』の感想で [続きを読む]

« マイケル・クライトン氏の訃報 | トップページ | 『ウルフガイDNA 3 華麗なる仮面騎士団』 (平井和正) 感想 »

他のアカウント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

★★★★