2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 『御宿かわせみ』 (平岩弓枝) 感想 | トップページ | 『グイン・サーガ76 魔の聖域』 (栗本薫) 感想 »

2008/11/30

『江戸の子守唄 御宿かわせみ(二)』 (平岩弓枝) 感想

「江戸の子守唄」うーむ、はやくも子供のことが話題になっている……しかし、このシリーズのラインナップを見る限り東吾とるいに子供ができるのは、まだまだ先のはず、どのような紆余曲折があるのか?
「迷子石」身にしみる話です。やりきれんなあ、こういうの。狂気と正気の境は、じつに身近にあるのでしょう。
「七夕の客」これもまた、やりきれない。毎年、七夕の夜にきまって宿を予約する色恋とも思えない男女というのが、なぞめいておりますね。(2001.01.08)

« 『御宿かわせみ』 (平岩弓枝) 感想 | トップページ | 『グイン・サーガ76 魔の聖域』 (栗本薫) 感想 »

2000年の読書遍歴」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『江戸の子守唄 御宿かわせみ(二)』 (平岩弓枝) 感想:

« 『御宿かわせみ』 (平岩弓枝) 感想 | トップページ | 『グイン・サーガ76 魔の聖域』 (栗本薫) 感想 »