2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 『ガラスの麒麟』 (加納朋子) 感想 | トップページ | 『女王の百年密室』 (森博嗣) 感想 »

2008/11/30

『来なけりゃいいのに』 (乃南アサ) 感想

働く女性たちの心に芽生える闇を綴った短編集ということになるか?裏表紙の作品紹介を読んで、なるほどこういう筋でこういう題名とはいささかキツイなあ、と思って手にとったんだけど、これ表題作の紹介ではないのだね。よくよく見ると小さく(「春愁」より)って入っている。なるほど。ストーリーとしてインパクトがあるのはこちらで、題名としては表題作がいけるっていう判断か。うーむ。
女性ならずともサラリーマンなら身につまされるであろう「熱帯魚」にはじまり、矛盾点があるようでちょっと気になるんだけどありそうで怖い「ばら色マニュアル」、この作品集中もっとも不安な気分になった「降りそうで降らなかった水曜日のこと」(2000.07.02)

« 『ガラスの麒麟』 (加納朋子) 感想 | トップページ | 『女王の百年密室』 (森博嗣) 感想 »

2000年の読書遍歴」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『来なけりゃいいのに』 (乃南アサ) 感想:

« 『ガラスの麒麟』 (加納朋子) 感想 | トップページ | 『女王の百年密室』 (森博嗣) 感想 »