« 『天国までの百マイル』 (浅田次郎) 感想 | トップページ | 『puzzle』 (恩田陸) 感想 »

2008/11/30

『やっとかめ探偵団とゴミ袋の死体』 (清水義範) 感想

祥伝社の400円文庫。文庫15周年の特別書下ろしということで、一気に魅力的な題名が書店の本棚に並びましたね。あれほどの冊数なのに、最初にこれを手にとるところが、いかにもぼくらしい読書といえましょう。待望のやっとかめ探偵団シリーズですもんね。しかし、ああ面白かったと読了して妙に損した気分になるのはどうしてだろう????やはり本読みとしては、もうちょっとボリュームがあったほうがよいのだよね。せめて上下の余白は何とかしてほしい(泣)。
それはともあれ、名古屋の仲良しおばあちゃんたちの<やっとかめ探偵団>は健在です。ついにインターネットまで導入なのですね。うーむ、時代だ(笑)。例の東京弁の刑事さんの活躍がちょっと少なかったのが、不満といえば不満なのですが……(2000.11.20)

« 『天国までの百マイル』 (浅田次郎) 感想 | トップページ | 『puzzle』 (恩田陸) 感想 »

【作家】清水義範」カテゴリの記事

【読書】2000年の読書遍歴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5613/45119916

この記事へのトラックバック一覧です: 『やっとかめ探偵団とゴミ袋の死体』 (清水義範) 感想:

« 『天国までの百マイル』 (浅田次郎) 感想 | トップページ | 『puzzle』 (恩田陸) 感想 »

他のアカウント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

★★★★