2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 『影の肖像』 (北川歩実) 感想 | トップページ | 『悪魔の羽根』 (乃南アサ) 感想 »

2008/11/30

『鬼平犯科帳(一)』 (池波正太郎) 感想

池波正太郎の三大シリーズ、今まで『仕掛人藤枝梅安』『剣客商売』と読んできて、いよいよこれにかかるわけだ。ちょっと視点がぼくに向かないのかなあ、とも思っていていちばん最後になってしまったのだな。今度は裁く側に重点がおかれているし、妙に人情物になっていてもいやだなあという……。しかし、そういうものではないことは、一話読んだだけですぐに判る。うーむ、なんて辛口でハードなんだろう。ある意味容赦のないストーリー展開ですよね。どうも、この長谷川平蔵という人、一冊読んだだけでは性格もよくわからんというか、深すぎる人物ですね。またひとつ楽しみがふえました。(2000.05.06)

« 『影の肖像』 (北川歩実) 感想 | トップページ | 『悪魔の羽根』 (乃南アサ) 感想 »

2000年の読書遍歴」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『鬼平犯科帳(一)』 (池波正太郎) 感想:

« 『影の肖像』 (北川歩実) 感想 | トップページ | 『悪魔の羽根』 (乃南アサ) 感想 »