2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の7件の投稿

2009/01/31

『仮面ライダーG』 感想 -悪と正義のマリアージュ-

『テレビ朝日開局50周年記念番組 SmaSTATION!! presents SMAP がんばりますっ!!』の中でSMAPの稲垣吾郎が仮面ライダーに扮した。その名も仮面ライダーG。
石森プロの協力で実現したというこの企画、1話20分ほどだけにしておくのはもったいないくらいの仕上がり。平成ライダーでは一人も存在しない、心ならずも悪の組織に改造されてしまったという設定がやっぱりいいなあ。それに、マスクの着脱可能なところが1号・2号・ライダーマンを彷彿とさせるね。「受け取ってもらおう。ぼくの悪と正義のマリアージュを」と渋くつぶやき、決め技はもちろんライダーキック。この、体は怪人だけれど、心には正義が燃えているというのが、やっぱりライダーの原点だよね?
ワンシーンながら、ディケイドはじめ平成ライダーたちも客演。もと恋人役の釈由美子に背を向けて去っていくシーンなど、やっぱり燃えるものを感じます。主人公がもとソムリエで変身ベルトにワインボトルをセットするのはご愛嬌ですが…・・・。

2009/01/25

30過ぎてもガンダムガンダムって…どうかと思うねボカァ!(その2)

コネタマ参加中: あなたが作った自慢のプラモデル教えて!

まだ子供たちが小さかった頃、ガンプラをいくつか作ってやって以来、自分自身がはまってしまいました。子供たちは『機動戦士ガンダムSEED』が終わると同時に見向きもしなくなってしまったのに。
だいたい、ファースト・ガンダムをリアルタイムで見ていた年齢なんていうのは、そんなものなのかもしれません(笑)。主にHGUC1/144ですが、最近はMG1/100に手を染めてしまいました。MGザクVer2.0などは素組みでもすばらしいものになりますね。むしろ、下手の横好きであるぼくなどが彩色しないほうがいいくらいです。最近だと1/144は『逆襲のシャア』のサザビーがいい感じでした。
「30過ぎてもガンダムガンダムって…どうかと思うねボカァ!」という台詞が『機動戦士ガンダムさん』にありましたけど、40過ぎてもやっぱり作っている(笑)。きっと死ぬまでやってるんだろうなあ。

200901251

ピタゴラスイッチ

コネタマ参加中: お気に入りの着メロ・着うたは何?

NHK教育のピタゴラスイッチをメール着信音にしています。時々、会社でマナーにし忘れていてこの曲が流れると、周囲がピクッと反応するのがわかります。NHKの携帯サイトETVcafeでポイントためてDLしたのです。あの独特の響きがなんともナイスです。

そして、あとには真っ白な灰な灰だけが残る

コネタマ参加中: 思い出の“スポ根マンガ”は何?


よく不思議がられるのですが、野球中継にもサッカーにもほとんど興味を示さないぼくが唯一TV観戦するスポーツ、それはボクシングだったりします。
なんでだろうなあ?やっぱり、それは『あしたのジョー』の影響なんだろうか?『エースをねらえ!』や『アタックNO1』も好きだけど、やっぱり感情移入の度合が違うのか?では、なぜ『巨人の星』や『ドカベン』や『野球狂の詩』や『侍ジャイアンツ』もアニメでかなりの頻度で見ているのに野球に走らないのか?同じような時期に見ているはずの『タイガーマスク』や『キックの鬼』や『空手バカ一代』のような他の格闘技に行かないのか?そこは自分でも正確にはわからない。でも、「真っ白な灰」だけが残る……そんな生き方に、やっぱり心を揺さぶられたのだろうなと思うのですよ。

『仮面ライダーディケイド 第1話 ライダー大戦』感想

平成ライダー第10作、『仮面ライダーディケイド』はじまりましたね。先入観を持たずに見たかったので、雑誌等は今回まったくノーチェックでした。平成ライダーも10年目。DECADEは英語で10年紀という意味だそうで。
前半の特撮中心のパートを観て、なかなかいいのではないかと思ったのですが、クウガの世界に話が移った途端にちょっとのけぞってしまった。なるほど。ユウスケとか別の俳優さんが演じられるのですな。これは、旧作と比較されるという意味で、ユウスケ役の方は主人公やるよりキツイのでは?五代ユウスケではなくて小野寺ユウスケ?そしてなぜか一条さんではなく八代刑事。しかも、大筋は旧作をなぞっているけれど、本来のクウガとはまた別物の似て非なる世界なのね。これなら世界は9つでよいのか。本来の線でいえばクウガとアギトは連続した世界なんだから、世界は8つのはずだもんね。
なんか微妙……。『ウルトラマンメビウス』にダンディー4が出演されたり、昭和ライダーシリーズに助っ人として前作までのライダーが現れるのとは、まったく違う作り方ですね。平成過去ライダーの主演を勤めた方々は、今回物語の導き手として登場した紅渡役の瀬戸康史さん以外は出演されないのでしょうかね?クウガから始めるのではなくて、キバから遡ったほうが出演交渉もしやすかったんじゃなかろうかとか思うのですが……。
まあ、なかなか興味ある製作のし方だとは思うので、引き続き観ます。って、けっきょくクウガからほぼずっと観てるのです。子供たちはすでに観なくなったというのになあ。

2009/01/19

昔懐かしのアニソン

コネタマ参加中:大好きなアニソン(アニメソング)は何?


大好きなというか、頭の中でいつの間にか回っている感じの曲は、やっぱり古いのが多いなあ。しかも、元気なのよりなんというかバラードっぽいのが多い。要するにエンディングが多い。

『宇宙戦艦ヤマト』の「真っ赤なスカーフ」
『ルパン三世』の「ルパン三世愛のテーマ」
『デビルマン』の「今日もどこかでデビルマン」
『キューティーハニー』の「夜霧のハニー」
『キャンディ・キャンディ』の「あしたがすき」
『超電磁マシーンボルテスV』の「ボルテスVのうた」
『タイガーマスク』の「みなしごのバラード」
『無敵超人ザンボット3』の「宇宙の星よ永遠に」
『闘将ダイモス』の「エリカのバラード」
『聖戦士ダンバイン』の「ダンバインとぶ」
『重戦機エルガイム』の「Time For L-gaim」
『無敵ロボ トライダーG7』の「トライダーG7のテーマ」
『未来警察ウラシマン』の「MAY BE」
『超時空要塞マクロス』の「ランナー」
『伝説巨神イデオン』の「コスモスに君と」
『美少女戦士セーラームーン』の「ムーンライト伝説」
『小公女セーラ』の「ひまわり」
『新・エースをねらえ』の「青春にかけろ」
『ベルサイユのばら』の「愛の光と影」
『ザ☆ウルトラマン』の「愛の勇者たち」
『キャプテン・フューチャー』の「ポプラ通りの家」
『キャプテン・ハーロック』の「われらの旅立ち」
『サイボーグ009』の「いつの日か」
『銀河鉄道999』の「青い地球」
『宇宙空母ブルーノア』の「夜間航海」
『機動戦士Zガンダム』の「Ζ刻を越えて 」
『蒼き流星SPTレイズナー』の「メロスのように」
『うる星やつら』の「愛はブーメラン」
『みゆき』の「想い出がいっぱい」
『めぞん一刻』の「シネマ」
『シティーハンター』の「GetWild」
『陽あたり良好』の「舌打ちのマリア」

最近のはあえて書かない。でも、ちょっと考えるとまだまだ出そうな気がする。題名がわからないのは検索したりしたので、もしかすると正確じゃないかも。
上記のものはワンコーラスながら歌詞はしっかり記憶にあります。音痴なのに、ついつい車を運転中に歌ってしまい、家族のひんしゅくをかったりします(笑)

2009/01/01

謹賀新年

旧年中はたいへんお世話になり、ありがとうございました。
本年もよろしくお願い申し上げます。

読書感想UPも2008年9月までしかできていないし……完全復活にはまだまだかかりそうですが、気長におつきあい下さいませ。

平成二十一年元旦
200901011_2
※ミクラスとエレキングは、やっぱりどっちも牛なんだろうなあ。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »