2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 『風の墓碑銘(エピタフ) 女刑事 音道貴子』 (乃南アサ) 感想 | トップページ | 『ウルトラマン STORY0 8』 (真船一雄) 感想 »

2009/03/01

『グイン・サーガ125 ヤーンの選択』 (栗本薫) 感想

ミロク教の内情とフロリー・スーティ親子の行方を探るためヤガに向かうヨナを見舞う悲劇。それを救ったのは黒太子スカールであった。って、ヤガへの潜入工作も含めて記憶を亡くしたグインの前にスカールが現れた時とそっくりな展開じゃないですか。と途中までぶつぶつ言いながら読んでました。まあ、古代機械とノスフェラスがこれでやっとヨナを通して繋がったわけだけど、こんなんで終わるのか?という感じ。
そして後半、舞台はイシュタールへ。ここにきて、またもやイシュトヴァーンが無茶をやりだして、でもってカメロンが右往左往。いつもの展開だよなあ。これ以上広げてどうする?とか思っておったら最後の最後になって驚愕の展開が。「サイロンで黒死の病」おお。これはやっと話が『七人の魔道師』に追いついたのか。長かったなあ。ほんとに長かったよ。

栗本さん、「二○一○年が、二○一一年が私にくるかどうかは、これはもはやヤーンが決めること」などとあとがきに書いておられますが、養生してしっかりと続きをお願いします。グインは栗本さんにしか書けない物語なんですから。(2009/02)

« 『風の墓碑銘(エピタフ) 女刑事 音道貴子』 (乃南アサ) 感想 | トップページ | 『ウルトラマン STORY0 8』 (真船一雄) 感想 »

2009年の読書遍歴」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『グイン・サーガ125 ヤーンの選択』 (栗本薫) 感想:

« 『風の墓碑銘(エピタフ) 女刑事 音道貴子』 (乃南アサ) 感想 | トップページ | 『ウルトラマン STORY0 8』 (真船一雄) 感想 »