« 『ささら さや』 (加納朋子) 感想 | トップページ | 『夏の夜会』 (西澤保彦) 感想 »

2009/03/15

『源内万華鏡』 (清水義範) 感想

エレキテルで有名な江戸時代の奇人、平賀源内の一代記。SF作品ではおなじみの歴史上の人物なのだが、そういえばきちんとした伝記を読んだことはなかった。源内の登場するSF作品なら、それこそ数々知っているというのに……。杉田玄白は、源内の墓碑銘に「非常の人」とのコメントを残しているそうだけど、うーむ、これは何とも変わった生涯だよね。エレキテルで有名なのだから蘭学にも明るかったのだろうと勝手に思いこんでいたんだけど、オランダ語はほとんど読めなかったとかいうのも何だか不可思議。よく言えば直感的な職人発明家、悪くいえば思いつきの人だな。しかし、思いつきでここまでいくのだから、それはそれですごいのか。(2001.11.24)

« 『ささら さや』 (加納朋子) 感想 | トップページ | 『夏の夜会』 (西澤保彦) 感想 »

【作家】清水義範」カテゴリの記事

【読書】2001年の読書遍歴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5613/45119989

この記事へのトラックバック一覧です: 『源内万華鏡』 (清水義範) 感想:

« 『ささら さや』 (加納朋子) 感想 | トップページ | 『夏の夜会』 (西澤保彦) 感想 »

他のアカウント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

★★★★