2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 『草原からの使者 沙高樓綺譚』 (浅田次郎) 感想 | トップページ | 『語り女たち』 (北村薫) 感想 »

2009/03/05

『秋期限定栗きんとん事件(上)』 (米澤穂信) 感想

『夏期限定トロピカルパフェ事件』に続くシリーズ第三弾。まだ上巻しか出ていないので、この段階で感想を書くのもどうかと思ったのだが、まあメモ程度にということで。
前回の結末上、どうなるのかと思っていたのだが、帯に堂々と書いてあるな。「ねえ、ジョーって呼んでいい」って小鳩君でなくてもぜったいいやだと思う……。そして、同様のことは小佐内さん側にも起こっているのだが、小鳩君のほうから物語がはじまったこと自体、目眩ましということなのかな?「あなたがわたしの、シロップなのよ」なんていう台詞の裏の意味は下巻で詳細に書かれるのであろうな。甘いものは「何も殺さずに食べられるから」というのは、どの程度本気なのだろう?そうでないものがあったかどうか、ちょっと考え込んでしまった。
それにしても、連続(?)放火がどのように起こっているのか気づいているなら、さっさと消防署なりに連絡してみてはいかがと思うのだがな。いや、それでは話として成立しないのだが、そこのみ引っかかる。上巻での謎解きは不充分であるか的外れであるか?はたして、小佐内さんがそのように誘導したのか?まあ、下巻を待ちましょう。(2009/03)

« 『草原からの使者 沙高樓綺譚』 (浅田次郎) 感想 | トップページ | 『語り女たち』 (北村薫) 感想 »

2009年の読書遍歴」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『秋期限定栗きんとん事件(上)』 (米澤穂信) 感想:

« 『草原からの使者 沙高樓綺譚』 (浅田次郎) 感想 | トップページ | 『語り女たち』 (北村薫) 感想 »