2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 『押入れのちよ』 (荻原浩) 感想 | トップページ | 『三日月が円くなるまで 小十郎始末記』 (宇江佐真理) 感想  »

2009/03/01

『夜は短し歩けよ乙女』 (森見登美彦) 感想

2009年の一冊目はこれにしようと思って年末に買っておいたもの。
文章に独特の調子があり、読みこなすのに一章分かかってしまったので、読了してからすぐに一章を読み直したという、ぼくにしては変則的な読書になりました。
京都の街とうんちくと巻き起こる奇妙奇天烈な事件の数々の楽しげな描写。これは、読めば読むほど楽しめる本ではないかいな、と思います。「黒髪の乙女」と「先輩」は最後まで名前が出てこないのですな。ということは、この登場人物の内では初めはふつうに見えるふたりは、あなたでもぼくでもあり得るのかも知れないな、と思ってみたり。これほどではないけれど、楽しかった学生時代を思い出してみたり。いいなあ。デンキブランなら何度か飲んだことがあるけれど、偽電気ブランはやっぱり架空のお酒なのかいな。飲んでみたいぞ。
京都の街に詳しければ、もっと楽しめたのかもしれないな、と、そこのみちょっと口惜しい(2009/01)

« 『押入れのちよ』 (荻原浩) 感想 | トップページ | 『三日月が円くなるまで 小十郎始末記』 (宇江佐真理) 感想  »

2009年の読書遍歴」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『夜は短し歩けよ乙女』 (森見登美彦) 感想:

« 『押入れのちよ』 (荻原浩) 感想 | トップページ | 『三日月が円くなるまで 小十郎始末記』 (宇江佐真理) 感想  »