2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 『かなたへの旅』 (眉村卓) 感想 | トップページ | 『孔雀の街』 (眉村卓) 感想 »

2009/03/01

『午後の楽隊』 (眉村卓) 感想

古書。ショートショート集とあるが、短編に近い長さのものも多い。
冒頭の「知りつくした街」も掌編というには長い。 眉村作品には思いがけず異世界に滑り落ち、帰るかどうか悩む作品が多いように思うが、これもそのバリエーション。悩むよな、やっぱり。
「窓の外」 男というのは窓の外に出ていくもんです。どうなるかとか、およそ考えない生き物なんですよ。
「家庭設備診断員」 これ研修で使えそうですね (笑) いや、家庭設備をパソコンに置換すると笑ってばかりもいられないのかな。
他、ショートショート多数。やっぱり面白い。実家に行った時、今度は眉村作品を持って帰ってこようかな(2009/01)

« 『かなたへの旅』 (眉村卓) 感想 | トップページ | 『孔雀の街』 (眉村卓) 感想 »

2009年の読書遍歴」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『午後の楽隊』 (眉村卓) 感想:

« 『かなたへの旅』 (眉村卓) 感想 | トップページ | 『孔雀の街』 (眉村卓) 感想 »