2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 『きのうの世界』 (恩田陸) 感想 | トップページ | 『グイン・サーガ125 ヤーンの選択』 (栗本薫) 感想 »

2009/03/01

『風の墓碑銘(エピタフ) 女刑事 音道貴子』 (乃南アサ) 感想

音道・滝沢の名コンビ復活。作中でふたりはそうは感じていないようだけれども、やっぱりこういうのが名コンビ。前回までの事件のこととかあって、滝沢を信頼するようになったのかなとか思っていたのだが、そこまで甘い見通しではないのだな。やっぱり滝沢を目の前にすると身構えている。今回は音道の私的な事情のほうがなんだか不完全燃焼な感じで、それもあってどうもぎくしゃく。
音道貴子シリーズが、この先どこに向かうのかとても興味深いところです。(2009/02)


« 『きのうの世界』 (恩田陸) 感想 | トップページ | 『グイン・サーガ125 ヤーンの選択』 (栗本薫) 感想 »

2009年の読書遍歴」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『風の墓碑銘(エピタフ) 女刑事 音道貴子』 (乃南アサ) 感想:

« 『きのうの世界』 (恩田陸) 感想 | トップページ | 『グイン・サーガ125 ヤーンの選択』 (栗本薫) 感想 »