2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 『夜は短し歩けよ乙女』 (森見登美彦) 感想 | トップページ | 『夏目友人帳 1』 (緑川ゆき) 感想 »

2009/03/01

『三日月が円くなるまで 小十郎始末記』 (宇江佐真理) 感想 

仙石藩は隣接する島北藩と不仲であった。さらに仙石藩の藩主の面子が潰れる事態「檜騒動」が勃発。藩主のうらみをはらすために立った庄佐衛門を助太刀するよう小十郎は命じられる。江戸の藩屋敷を出て、助太刀のために町家に移る小十郎だったが……。

解説によると盛岡藩南部氏・弘前藩津軽氏で実際に起こった「檜山騒動・相馬大作事件」に材を得ているとのこと。ただ、物語では仙石藩が幕府に拠出できなかった檜を島北藩が提供したことを直接原因としているので、いくらなんでもそれは……と思ってしまった。が、大人げない事情で大人げないことをするのは、世の中の常ではあるか?
それと登場人物のひとりで托鉢僧の賢龍の存在を中途半端に感じてしまった。でも、現実の人との出会いもそんなものか。

小十郎と大家の娘ゆたの恋模様がどちらに落ち着くのか?宇江佐作品ではハッピーエンドとは限らないので、最後まで面白く読めた。しかし、いつもながら思うのだが、最後の何頁かで時間がかなり経過するのはもったいない。(2009/01)

« 『夜は短し歩けよ乙女』 (森見登美彦) 感想 | トップページ | 『夏目友人帳 1』 (緑川ゆき) 感想 »

2009年の読書遍歴」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『三日月が円くなるまで 小十郎始末記』 (宇江佐真理) 感想 :

« 『夜は短し歩けよ乙女』 (森見登美彦) 感想 | トップページ | 『夏目友人帳 1』 (緑川ゆき) 感想 »