2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 『孔雀の街』 (眉村卓) 感想 | トップページ | 『風の墓碑銘(エピタフ) 女刑事 音道貴子』 (乃南アサ) 感想 »

2009/03/01

『きのうの世界』 (恩田陸) 感想

どこにもそうとは書いていないのだが、これは常野の物語なのか?ということに始まって、過去の恩田作品に出てきた数々のキーワードがあちこちに散りばめられている。「これは私の集大成です」って、そういう意味なのか?たしかに、恩田陸ファンには暗示的というか思わせぶりな展開がたまらないのだが、読めども読めども頭の中には?が増殖していくばかり。新聞連載で読んだ人はさぞや戸惑ったに違いない。いかに恩田作品がふつうの終わり方をしないからといって、今回のはいくらなんでもちょっと……。無理矢理ミステリ的解決を付与せずともよかったと思ってしまいます。
あと、橋の上で殺された男の名も妙に気になる。いや、妄想に近いか。このあいだから疑心暗鬼になっているのか……。(2009/02)

« 『孔雀の街』 (眉村卓) 感想 | トップページ | 『風の墓碑銘(エピタフ) 女刑事 音道貴子』 (乃南アサ) 感想 »

2009年の読書遍歴」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『きのうの世界』 (恩田陸) 感想:

« 『孔雀の街』 (眉村卓) 感想 | トップページ | 『風の墓碑銘(エピタフ) 女刑事 音道貴子』 (乃南アサ) 感想 »