2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 『バッカーノ! The Rolling Bootlegs 』 (成田良悟) 感想 | トップページ | 『鋼の錬金術師 22』 (荒川弘) 感想 »

2009/04/29

『グイン・サーガ126 黒衣の女王』 (栗本薫) 感想

ヤガへ向かったヨナ、黒死病の流行に見舞われたサイロン、と前巻までの展開はそのまま保留。イシュトヴァーンがクリスタルにやって来ます。<黒衣の女王>はもちろんリンダのことです。あの草原の約束から物語内時間で8年ということらしい。そんなものなのか、もっと時間が経ったような気もするのですよ。
この巻でのリンダの揺れを表した心理描写がなかなかいい感じです。「豹頭王の花嫁」は遠いですね。
この春からはアニメも始まりました。栗本氏のあとがきによれば、今回は16巻までということ。これはこれで楽しみです。(2009/04)

« 『バッカーノ! The Rolling Bootlegs 』 (成田良悟) 感想 | トップページ | 『鋼の錬金術師 22』 (荒川弘) 感想 »

2009年の読書遍歴」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『グイン・サーガ126 黒衣の女王』 (栗本薫) 感想:

« 『バッカーノ! The Rolling Bootlegs 』 (成田良悟) 感想 | トップページ | 『鋼の錬金術師 22』 (荒川弘) 感想 »