2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 『ふたつのスピカ 15』 (柳沼 行) 感想 | トップページ | 『俺たちは天使だ! NO ANGEL NO LUCK 第1話 ジュリアンの秘密』 感想 »

2009/06/28

『強殖装甲ガイバー 26 戦女神、来日』 (高屋良樹) 感想

2月刊です。チェックもれてました、本日購入(笑)
ここにきて”すべてを無に帰する者”アポルオンとか、人造コントロールメタルを使ったガイバーII Fとか、あいかわらず話が広がる一方ではありますね。とりあえず、麻生と常盤平は無事に仲間になったようだし、こっちを軸にしばらく進めていただきたいなあ、と思います。というか、さりげなく瑞紀と晶が同じ部屋に眠っているのが、この巻なによりの進展なのかもしません……。

« 『ふたつのスピカ 15』 (柳沼 行) 感想 | トップページ | 『俺たちは天使だ! NO ANGEL NO LUCK 第1話 ジュリアンの秘密』 感想 »

2009年の読書遍歴」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
ガイバーは謎が謎を呼ぶ物語で面白いですよね。
アポルオンは獣神将なのでしょうか?

一つ疑問あり!
人造コントロールメタルを作ったクロノス! 凄いけど、
ちょっとおかしい気がするけど、出来るんだと無理に納得した!

そこまでの科学力があるなら、降臨者の宇宙船も出来なかったのかな~~?

なぜ、アルカンフェルにわたさなかったのか?
アルカンフェルはコントロールメタルで眠り病(身体機能を狂わすパルス)を降臨者から受けていて、ガイバーになればその
忌まわしい眠り病を克服出来ると思っているストーリーになって
いるはずだし、村上正樹(イマカラム)もそのためにバイタルビームで蘇ったはずだし・・・・?

アポルオンは、アルカンフェルと同じ能力を持つ者かな?
なら、第二のアルカンフェルでしょう。
15巻で説明されているように、『12体のアルカンフェルで数十億の獣化兵を束ねこれを単位とする・・・』とありますから。
あと10人登場しそうな気がしますが、クロノスの12人将達は
アルカンフェルのコピーであって箱舟を動かすのに必要と
されたからであって本来全員がアルカンフェルと同じ能力を
持っていてもおかしくないハズだし。
最初の獣神将がアルカンフェルなら二番目の獣神将がアポルオンなのでは・・・・・

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『強殖装甲ガイバー 26 戦女神、来日』 (高屋良樹) 感想:

« 『ふたつのスピカ 15』 (柳沼 行) 感想 | トップページ | 『俺たちは天使だ! NO ANGEL NO LUCK 第1話 ジュリアンの秘密』 感想 »