2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 『NHKドラマ8 ふたつのスピカ 第1回 宇宙に行きたい!!』 感想 | トップページ | 『必殺仕事人2009 最終話 最後の大仕事!!』 感想 »

2009/06/19

『ンダスゲマイネ。』 (楠木あると) 感想

本日は桜桃忌。六月になると太宰が無性に読みたくなる。これは、忌日に合わせて書店に平積みが増えるかあということもあるのだろうな、と思います。
ところで、週刊モーニングに掲載(月1回なのか不定期なのか)されている『ンダスゲマイネ。[太宰治 蒼春篇]』が、いい感じです。毎回、楽しみに読んでますよ。「ダス・ゲマイネ」といえば、太宰の代表作ですが、津軽弁で「んだすげ、まいね」というと「だから、駄目なんだ」という意味なんだとか。うーむ、深いんだかなんなんだか。というわけで、今日はこの青空文庫で「ダス・ゲマイネ」を読んでから寝るとしましょう。

« 『NHKドラマ8 ふたつのスピカ 第1回 宇宙に行きたい!!』 感想 | トップページ | 『必殺仕事人2009 最終話 最後の大仕事!!』 感想 »

2009年の読書遍歴」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ンダスゲマイネ。』 (楠木あると) 感想:

« 『NHKドラマ8 ふたつのスピカ 第1回 宇宙に行きたい!!』 感想 | トップページ | 『必殺仕事人2009 最終話 最後の大仕事!!』 感想 »