2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 『鷺と雪』 (北村薫) 第141回直木賞を受賞 | トップページ | 『百鬼夜行抄 18』 (今市子) 感想 »

2009/07/18

『SF本の雑誌』 感想

おくればせながら、『SF本の雑誌』を買ってきました。ぼくはオールドなSFファンなのだな、ということを改めて認識させられてしまいましたね。90年代前半までが自分のリアルなカバー範囲なのだなあ、と。最近作をほとんど読んでいないことに愕然とします。SFオールタイムベスト100の中にも読んでないものがゴロゴロ。でも、あれはなんで入ってないんだ?とか(笑) 北上次郎氏と大森望氏の対談が面白かったです。

« 『鷺と雪』 (北村薫) 第141回直木賞を受賞 | トップページ | 『百鬼夜行抄 18』 (今市子) 感想 »

2009年の読書遍歴」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『SF本の雑誌』 感想:

« 『鷺と雪』 (北村薫) 第141回直木賞を受賞 | トップページ | 『百鬼夜行抄 18』 (今市子) 感想 »