2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の8件の投稿

2009/08/30

『仮面ライダーディケイド 最終話 世界の破壊者』 感想

アポロガイストに連れ去られる夏海。ふだんの夏海らしくもない、あの白い衣装は何って思っていたのだが、あれはアポロガイストの趣味だったのか(笑)。でも、ウェディングドレスにしてはしょぼいのでは?
剣崎は、やはりブレイド。いきなりキングフォームでディケイドに襲い掛かり、士はボロボロに。しかし、なぜディケイドはコンプリート・フォームにならないのかな??
「きみを倒せるのはぼくだけだ。その最高の宝を奪われたくはない」という大樹に「もしも俺が死んだら世界はお前にくれてやる。でも、夏海たちのことは頼む。こんなことを頼めるのはお前だけだ」と士。おお。なんと感動的に台詞。いい感じです。
「例え世界のすべてをを敵にまわしても、たった一人を守るために戦う。それが仲間ってもんだ」とカードを投げて夏海の束縛を解く士。カードってそういう使い方もできたのか?スカイヤーズ5か(笑)?「世界なんてもらってもつまらない」からいっしょに戦うという大樹。「たった一人の人を笑顔にできないんじゃ、世界中の人を笑顔になんてできない」とユウスケ。感動的な台詞のオンパレードだな。
ディケイドをかばって倒れるクウガ。怒りのディケイド&ディエンドのFINAL ATTACK RIDEでついに倒されたアポロガイスト。なるほど、最終回にふさわしい、いい技だな。
しかし、キバとヒビキの世界も消え、ワタルとアスムも消滅。その時、旅の誘い手であった紅渡の再登場。「あなたはすべての仮面ライダーを破壊しなければならなかった。だが仲間にしてしまった」と渡。「今からぼくの仲間があなたの旅を終わらせます」 士の前に立ちはだかった平成ライダーたちは、オリジナルなのか?クウガはキバーラの力でアルティメット・フォームに。ついに開始されたライダー大戦。ディケイドに発砲するディエンド……すべての謎は、12月12日公開の映画に持ち越し。

うわあああ。TVシリーズで完結しないよ。なんとなくそんな気はしてたのだが。キバーラの真の姿、鳴滝さんの正体、そして真の世界とは??3か月以上も先じゃないか。とてつもないフラストレーションを抱えたままで、次週よりは『仮面ライダーW』

2009/08/29

『怪談 (3) 』 (ラブクラフト/都筑道夫訳 ほか) 感想

とある古書店の100円均一の棚で講談社ふくろうの本の 『怪談 (3)』(ラブクラフト/都筑道夫訳 ほか) を見つける。100円だけあって保存の状態がいいとは言えないが、かなりのマニアな内容に、お宝を見つけた気分である。

収録作品は
「ミイラの足」(ゴーチェ・川崎竹一訳)
「かべをぬける男」(エーメ・川崎竹一訳)
「ゲッチンゲンの床屋」(ホフマン・川崎竹一訳)
「おおかみ屋敷の恐怖」(ブラックウド・石上三登志訳)
「きくの日のやくそく」(上田秋成・村松定孝訳)
「ダンウィッチの怪物」(ラブクラフト・都筑道夫訳)

ETAホフマンはかなり読んだはずなのだが、これは記憶にない。どの作品集に入っているものなんだろう?

2009/08/23

『仮面ライダーディケイド 第30話 ライダー大戦・序章』 感想

『仮面ライダーディケイド 第30話 ライダー大戦・序章』を観ました。
融合していく世界。キバの世界、ブレイドの世界、そして響鬼の世界が……。この期に及んでも、鳴滝さんの動向は意味不明だな。あれだけ、ブレイドを敵視しておいて、今度は「世界を救ってくれ」とか頼んでいるよ。明らかに映画と矛盾しているような気がするのだが、いいのか?
キバの天然な深央がけっこう好きだったので、こう完全に敵として現れるファンガイアの女王を本人が演じていると、なかなかに複雑なものを感じるなあ。そして「本当の敵は大ショッカーではない」と夏海に言う謎の男……って剣崎一真って名乗っているじゃあないか。でも、謎なのか?これもご本人。ううむ、ギャレンとともに消滅してしまったカズマの立場はどうなるのかいな?ああ、それが謎なのか。
今回、意外にも感動したのは「仲間か……そのお宝はまだ持ってないな」という大樹の台詞。いや、もうすでに充分に仲間だから(笑)。お宝というのは、持っていてもなかなか自分では気づかないものなのね。

2009/08/14

『怪談レストラン』 アニメ化

怪談レストラン10月よりTV朝日でアニメ化するとのこと。本屋さんの児童書のコーナーに山のように置いてあるアレですね。我が家にも数冊あります。ちょっと怖い話は好きですか?名作とか課題図書は敷居が高いという小学生のあなた、これはなかなかに面白いのですよ。イラストのお化けも可愛いでしょう?そして、保護者の方、責任編集はあの松谷みよ子さんなのです。まあ、ちょっと立ち読みしてみて損はないでしょう。小学校低学年で十分に読めると思います。

2009/08/09

『仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』 感想

仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』観てきました。
士の正体については、まあ予測通り。でもねえ、横で観ていた幼稚園くらいの男の子が凍りついていたぞ。これは、やっぱり禁じ手だったのではないかな。GACKTじゃない結城丈二の「罪を背負って生きろ」は説得力があったけれど、でもそれだけでいいの?1号ライダーあたりから何かコメントがあってもよかったのではないかな。
いや、でもイカデビルくんも、最後には「あれれ」な感じで日常化しているし、この映画で描かれた世界がほんとうに士自身の世界だったのか、よくわからなくなってしまったよ。
オールライダーで楽しかったけれど、数多く出た分だけ薄味になったのは仕方ないのかな?V3がちゃんと「ぶいすりゃあぁぁぁ」と叫んでいるとことか個々の演出は細かかったのにな。あと、個人的にはクウガのライジングアルティメットフォームはごてごてしすぎていて、あんまり「闇」って感じがしなかったのが惜しいと思う。眼はちゃんと黒くしたのに、あまりに金色が勝ちすぎなのかも。
ストーリーはある意味で平成ライダーそのものですね。キーワードは「妹」と「妹に関わる男」だな(笑)。電王では「姉」だとかバリエーションはあるが、なぜにいつもいつも「妹」なんだろ?
そして、最後に言いたい。「ガラガラ」とうがいしてガラガランダとか、「イカでビール」飲んでイカデビルとか、うーむ。それでいいのか?いいんだな(笑)

『仮面ライダーディケイド 第28話 アマゾン トモダチ』 感想

『仮面ライダーディケイド 第28話 アマゾン トモダチ』を観ました。
ショッカーに支配された世界……。目的のためには手段を選ばない。人が人を疑う世界。一見、なにごともないかのような日常に見えるところが怖いですな。アマゾンに命がけで救われながら、ギギの腕輪を奪うマサヒコの姿に、なんともいえぬ嫌なものを感じたぞ。
なんでもいいけど、アマゾン役の方に野生さが足りません。それに饒舌すぎるような気も。言葉が通じなくても、心は通う。それがアマゾン流だと思うのだがな。

Smastation 超保存版!歴代仮面ライダー全員集合SP 感想

「Smastation 超保存版!歴代仮面ライダー全員集合SP 」を観ました。ゲストは劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダーVS大ショッカーでライダーマンを演じ、ディケイドのオープニングを歌うGACKTさん。
いやあ、あれだけフルフルに全員、稲垣吾郎のGまで紹介しておいて、THE FIRSTとTHE NEXTは華麗にパスなのか?最初の数分観てないんだけど、映像ありましたか??まあ、それはともかく、ますます映画観たくなったんだけど、行けるかな……。

2009/08/07

大原麗子さんの訃報 すこし愛して なが~く愛して

大原麗子さん自宅で死去

何度もふれているように、「少愛永愛」がうちのサイトのポリシーである。ろくに更新もしないこのサイトだが、まあ長い目で可愛がっておくれということ。モトネタが昔のサントリーのCMの大原麗子さんの台詞「すこし愛して なが~く愛して」であることは言うまでもない。
その大原麗子さんの訃報……。ご冥福をお祈り申し上げます。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »