2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 『ふたつのスピカ 16』 (柳沼行) 感想 | トップページ | 三遊亭円楽さんの訃報 »

2009/10/26

小学「五年生」「六年生」休刊 に思う

小学「五年生」「六年生」休刊というニュース。
やっぱりなんだかさびしい気持ち。学習誌は、子供に買ったものを今でも読んでいるわけだけれど、今の子供たちの興味を引く記事で構成するのは難しいのかもしれない、とも思う。でも、それにしても、高学年用になるにつれ、一般誌のジュニア版みたいになっていくのが、やっぱり敗因なのでは?それに、「六年生」も終わりに近づくと、囲碁やら将棋の雑誌の紹介なんかが掲載されるのも、どうなのかな?
昔、自分が読んでいた頃は、もっと面白かったような気がする。それは幻想なんだろうか?児童文学専門の古書店なんかに行くと、今でも当時の学習誌がけっこうな高値で売られていて、懐かしく思ったりするのだよ。紙質の差なんかもあるのかもしれないが、昔の雑誌のほうが分厚いようにも思う。新しい雑誌も創刊されるようので、なにかの形では続くとよいな、と思います。

« 『ふたつのスピカ 16』 (柳沼行) 感想 | トップページ | 三遊亭円楽さんの訃報 »

2009年の読書遍歴」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小学「五年生」「六年生」休刊 に思う:

« 『ふたつのスピカ 16』 (柳沼行) 感想 | トップページ | 三遊亭円楽さんの訃報 »