2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 『ウルトラマン STORY0 9』 (真船一雄) 感想 | トップページ | 『涼宮ハルヒの憂鬱 サムデイ イン ザ レイン』 感想 »

2009/10/09

『雨を見たか 髪結い伊三次捕物余話』 (宇江佐真理) 感想

このシリーズは好きなのだが、今回はあんまり乗れなかった。話の中心が伊三次とお文から「本所無頼派」に移ってから、どうもそんな感じである。
・「薄氷」 はなから気が滅入る話である。現代の世相を映している、といえばそうなのだろうが、どうにもいたたまれない気分になる。
・「おれの話をきけ」 伊三次とお文の掛け合いとはほど遠い、これがそのあたりの男女の実情かと思うと、情けないような気もする。
・「のうぜんかずらの花咲けば」 題名は風流なのに、これも気が滅入った。
・「本日の生き方」 <上々にあらず。下々にあらず。さりとて平凡にもあらず>龍之進を中心に話が進むと、堅苦しくなっていけないような気がする。伊三次なら、そんなことをわざわざ口にはすまい。
・「雨を見たか」 <あの年頃は融通が利かない>とお文。そうそう。作者ももちろん判っていて書いているのだよね。この次の展開に期待というところ。

« 『ウルトラマン STORY0 9』 (真船一雄) 感想 | トップページ | 『涼宮ハルヒの憂鬱 サムデイ イン ザ レイン』 感想 »

2009年の読書遍歴」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『雨を見たか 髪結い伊三次捕物余話』 (宇江佐真理) 感想:

« 『ウルトラマン STORY0 9』 (真船一雄) 感想 | トップページ | 『涼宮ハルヒの憂鬱 サムデイ イン ザ レイン』 感想 »