2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 『松本清張短編全集04 殺意』 (松本清張) 感想 | トップページ | 『四度目の氷河期』 (荻原浩) 感想 »

2009/12/27

『松本清張短編全集06 青春の彷徨』 (松本清張) 感想

「喪失」「市長の死」「青春の彷徨」「弱味」「ひとりの武将」「捜査圏外の条件」「地方紙を買う女」「廃物」「運慶」

「青春の彷徨」 美しく死のうだなんて、虫がいいのではないかと思われる。
「地方紙を買う女」 新聞の直接購読というのは、まだあるのだろうか?ネットで検索するのでは、これだけのドラマにはならないであろう。

« 『松本清張短編全集04 殺意』 (松本清張) 感想 | トップページ | 『四度目の氷河期』 (荻原浩) 感想 »

2009年の読書遍歴」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『松本清張短編全集06 青春の彷徨』 (松本清張) 感想:

« 『松本清張短編全集04 殺意』 (松本清張) 感想 | トップページ | 『四度目の氷河期』 (荻原浩) 感想 »