2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 『四度目の氷河期』 (荻原浩) 感想 | トップページ | 『ちはやふる 1~4』 (末次由紀) 感想 »

2009/12/27

『月島慕情』 (浅田次郎) 感想

「月島慕情」 世の中には表と裏。「贋いものの幸せはいらない」。幸せに本物とか偽物とかあるのだろうか?いや、ないんじゃないのか?ただ、幸せには表と裏があるだけだ。せつない。
「供物」 忘れ去ったと思ってはいても、何かが心の、あるいは身体のどこかに刻まれているのではなかろうか?そんなふうに思うのは、自分が女ではないからなのか?
「雪鰻」 戦争だけはするものではない。こういう話を読むとつくづくそう思う。
「冬の星座」 弔いのかたちは死者の人品を語る…か。このように、惜しまれていきたいものだが、まだそれだけのことをしていないな。
「めぐりあい」 こういう話が心に応えるようになるとはな……。苦手なんだよね、泣ける話は。
「シューシャインボーイ」 「頼みの綱は、おまえだけ」 若僧などというものは、目上の人間に何を言われているのかなんて、最後の最後までわからないものです。判った頃には若僧ではない、ということですね。そのときに言われたことを、どう思い出すのか。逃げないことだ。

« 『四度目の氷河期』 (荻原浩) 感想 | トップページ | 『ちはやふる 1~4』 (末次由紀) 感想 »

2009年の読書遍歴」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『月島慕情』 (浅田次郎) 感想:

« 『四度目の氷河期』 (荻原浩) 感想 | トップページ | 『ちはやふる 1~4』 (末次由紀) 感想 »