« 『前巷説百物語』 (京極夏彦) 感想 | トップページ | 『強殖装甲ガイバー 27 宴の開幕』 (高屋良樹) 感想 »

2010/04/04

『ちはやふる 8』 (末次由紀) 感想

名人位・クイーン位挑戦者決定戦・東日本大会。
奏ちゃんが、読手に魅かれているのが気になるなあ。競技へのかかわり方は人それぞれなのだな。
「ああ ダメだ おれ 千早が好きだ」と思う太一。いいなあ。
「どんなに悔しくても礼を大事にしなさい」は原田先生。これも熱くていい。
あと、奏が太一と千早を見ていて壬生忠見と平兼盛の歌合を思うシーンとか印象深い。関係ないけど、『陰陽師』にも、それあったなあ、とか思う。
まあ、いちばんの驚きはクイーン戦なわけだけど、クイーンがどうしてああなったのか、九巻でちゃんと出てくるのかな。

« 『前巷説百物語』 (京極夏彦) 感想 | トップページ | 『強殖装甲ガイバー 27 宴の開幕』 (高屋良樹) 感想 »

【漫画家】末次由紀」カテゴリの記事

【読書】2010年の読書遍歴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5613/47996586

この記事へのトラックバック一覧です: 『ちはやふる 8』 (末次由紀) 感想:

« 『前巷説百物語』 (京極夏彦) 感想 | トップページ | 『強殖装甲ガイバー 27 宴の開幕』 (高屋良樹) 感想 »

他のアカウント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

★★★★