2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月の15件の投稿

2011/10/25

IS05をAndroid2.3にメジャーアップデート

今使っているauのIS05にAndroid2.3へのメジャーアップデートがかかったので、やってみた。パソコン使ってアップデートしたのだが、30分ほどで何事もなく完了。アップデート後のアプリの動作も、とくに異常な点は見受けられない。まあ、たいしてアプリを入れてるわけでもないのだがな。そうそう。上記のリンクの最初に書いてあるが、体感速度がかなり上がったような気がする。機能的には使ってないような部分ばかり改善されてるような感じだが、レスポンスがよくなったのは素直にうれしい。あと、電源ボタン長押しで再起動できるのがうれしい。っていうか、どれほど再起動してるんだか(笑)スマホが流行っているのは、初期のWindowsのように、「馬鹿な子ほど可愛い」ってな心理が多分に働いているような気がするが、どう?
ところで、疑問に思ったのだが、Wifi環境もなく、パソコン(というかインターネット回線)も持たないという人は、このメジャーアップデートというのは出来ないということ?3G回線だと、無理があるのはわからんではないのだが、そういうものなのか?ここまでスマホが進んだものになってくると、日常的にはパソは不要ということにもならないのか?スマホだけ持っているという人は、いない想定なのか・・・・・・。なんとなく、釈然としない気分なのだがなあ。まあ、メジャーアップデートが必須というわけでもないのだろうから、いいのだろうかな?

2011/10/24

『仮面ライダーフォーゼ 第8話 鉄・騎・連・携』 感想

『仮面ライダーフォーゼ 第8話 鉄・騎・連・携』 を観ました。

前回の引きから無傷なふたり(笑)
「美羽が、誰かのためにあんなに懸命になるのなんか見たことない…」から助けるのだな。それが隼の意志。「父の教え」を守るか逆らうかというのが、今回のあれなようだが、まあ、要するにそんなのは関係ない。本人次第ということになるのだろう。「仮面ライダー部は充実だ」でいいのか?充実してるのかいな?月面で「もう一度つきあわないか」と隼は美羽に告白するもあっさり玉砕。まあ、そうなると本人も自覚していたようだから、これは一種の儀式なわけだな。けじめ、です。
さて、予告でちらっと出てたあれはファイアーステイツですか?7形態になると、レインボーマンだなと思うのはぼくだけか?だいたい、ライダー部が7人なのがあやしい。ある意味、『7人のオタク』に見えるのだが・・・

『妖怪人間ベム 第一話』 感想

『妖怪人間ベム』観ました。
正直言ってあんまり期待してなかったのですが、これはいいじゃないですか。昔のアニメをそのまま引き継いだオープニングも秀逸。アニメといえば、何年か前に出たDVDは不都合な部分がカットされまくりなわけですが、昔通りのが観たいなあ・・・・・・って思ってAmazonさがしたら、出てるのか。「せむし男の人魂」もそのままのタイトルだ!昔のカットされまくり版で何巻か持っているのだが、オリジナルで欲しいな。

ともあれ、人間体の時も人ではないということを額の突起で示したりと芸が細かい。しかし、ベロに箸の持ち方を指導するのはいいけど、ベムがそれで食事中も帽子を脱がないのはあ礼儀に反しないのか(笑)。しかも、外食じゃなくて個人宅に招かれているんだしね。
原作に比べてベムが精神的に安定性を欠くのが気になるな。助けを求めている人をそのままにしておいたら、ただの妖怪になってしまうのなら、世の中には見かけは人間でも心は妖怪のやつが多いのかもしれない。この話のメインテーマですね。正義の心と悪の心を等しく持って苦しむのが人間なんだな。
それにしても、気になるのは「名前のない男」。あの服装は、原作のベムと同じに見えるのだが・・・・・・。


『ウルトラゾーン #2』 感想

『ウルトラゾーン』観ました。

先週がいい感じだったので、続けて観ました。
タカタリホ隊員は、あいかわらず「ピンク着てる男の人がおしゃれって、わたしは理解できないな」とか言ってますね。怪獣現れたあと、なんにもしないのな。「怪獣転校生」はテンペラー星人、「怪しいものじゃないです」はホー、「怪獣マッサージ」はザラブ星人。これってみっつともシリーズだったのだな。とりあえず、マッサージっていっても、ザラブ星人、肩ないじゃない(笑)
小ネタは、「OLのうわさ話」でバードンが赤すぎて、いろいろぶらさげているから「赤いプレスリー」。怪獣Englishはメフィラス星人で I hate violence. か。メフィラス悪質だよなあ。「怪獣漫才」はギガキマイラとベリュドラ。いきなり新しいな。両方合体怪獣ってことで、コンビ名が「団体行動」?これは前回の恐竜戦車のほうが面白かった。「怪獣ことわざ」は「ガヴァドンには旅をさせよ」とか。まあ、寝てばっかりだしな。

2011/10/19

『深夜食堂2 第十一話 再び赤いウインナー』 感想

『深夜食堂2 第十一話 再び赤いウインナー』を観ました。
まず、オープニングは『深夜食堂』の時と同じ「思ひ出」なんだな。ああ、「めしや」にまた来れたのだなあ、という感じがして、まずはほっとしました。そして、サブタイトルには、「第十一話」の文字が。ううむ、いいなあ。あの続きなんだよ、という感じがとてもしますよ。
いつも、赤いタコのウインナーばかりを注文しているヤクザの竜。その理由は・・・。というのが今回のお話。竜をさがしていた刑事は、竜の高校時代に野球部で友人だった。竜は、みなが憧れていたマネージャーとデート中に彼女を守るために傷害事件を起こし、そのために試合に出れなくなったのだ。
「知りたいか?なんで俺が赤いウインナーたのむのか?」と聞く竜に「関心ないね。それより同級生の見舞いに行ってやんなよ」というマスターに「死んでいく人間に何が言える?」と問う竜。マスターの答は「何も言えないよ。けどなあ、あんたが会う会わないを決めるんじゃない。あんたに会いたがってがっている相手が決めるんだよ」である。渋いなあ。間違いなく、ここが今回の見せ場だろう。
しかしなあ、オレがいちばん衝撃を受けたシーンは、竜を彼女とふたりになるように計らい、彼女の息子とキャッチボールをする刑事が、ふいに膝から崩れるようになって背中で泣いているシーンだな。それを見つめる彼女の息子がやはり背後から捉えられている。その後、ふたりは彼女の車椅子を押して「めしや」に入るが、3人での店での談笑は描かれない。真実は彼女と竜の病室での言葉少ない会話と泣いている刑事で語りつくしているからだ。すごいよなあ。そして唐突にカウンタの上にきよめの塩が・・・。初回から、質の高いすごいストーリーだと思う。

2011/10/17

『仮面ライダーフォーゼ 第7話 王・様・野・郎』 感想

『仮面ライダーフォーゼ 第7話 王・様・野・郎』 を観ました。

高校生にもなって、「反省」って1000回書く補習授業って、なんなんだろうな(笑)。「天高のキングである俺が不愉快に思うものは学園にあってはならない」ってキングのセリフ、高校生のメンタリティとしていかがなものかと思うよ。アメフトのボールでフォーゼのスイッチ切るとかできるんだから、アメフトの実力は本物なんだろうに、なんなんだろうなあ。単に、美羽をライダー部に取られて、すねてるだけの行動に思える。きっと、後編では、キングはクイーンといっしょにいないと、とかの理屈でライダー部に入部するような気が・・・・・・。

『ウルトラゾーン #1』 感想

『ウルトラゾーン』観ました。

なんだ、こりゃ(笑) わかる人だけわかれ的なシュールなバラエティ。ええと、バラエティでよいのだよね。
オープニング音楽とかBGMは、『ウルトラQ』を流用しているようで、いい感じ。でも、いきなりの出演者「サドラ ベムスター グドン」にはのけぞったぞ。
科学特捜隊ならぬ怪獣特捜隊を先導役として、もしもこんなところに怪獣が現れたら・・・みたいな紹介をするコント・・・なんだよね。隊員は「麺が固いほど通だっていうけどどうなの」とか「ドキュメンタリーだと思って見ていたら通販番組だったりして気が抜けない」とか意味不明なことをつぶいている(笑)タカダ・リホ隊員のみの模様。制服がファーストフード店みたいに見えるよなあ。怪獣たちについての豆知識は本物だけど、やってることは『ドリフ大爆笑』の「もしも・・・」ってコントののりだよね。
サドラが「有名中学に毎年合格者を出す親の平均所得もそこそこ高めの私立小学校」に転校してくる「怪獣転校生」。ベムスターが「都心から電車で30分 閑静な住宅地に立つ瀟洒なマンション」でいかにもあやしい訪問販売ならぬ不要エネルギー引き取りをやろうとする「怪しい者じゃないです」。「結構強めに揉んでくれると評判の溜池山王のマッサージ店」でグドンがマッサージを受けながらボヤく「怪獣マッサージ」の3本が今回の主な?お話。
間に小ネタで、恐竜戦車とアントラーのフィギュアを使っての「怪獣漫才」 。レッドキングが自己紹介する設定の
「怪獣 English」 しかし、I am not intelligent, but I have never seen such a violent monster than me. っていわれてもなあ。でもって、And I was told that I look like Hayato Ichihara. だもんなあ。そして、「怪獣ことわざ」に至っては、「おぼれる者はダダをもつかむ」とかやっておいて、解説はなし。
いやあ、いいわこれ。すごくいい。これだけ徹底的にやられると、すごく期待してしまう。この調子で、とんでもない設定で怪獣コントやるのか。きっと、あんまりだれもDVDとか買わないような気がするんだが、商売として成立するのか?ちょっと心配ではあるんだが。

2011/10/12

第6回B1グランプリは姫路開催

昨日、姫路えきそばのことをネットで検索していて知ったのだが、第6回B1グランプリは姫路で開催されるらしい。2011年11月12日~13日の土曜・日曜である。「姫路食博2011というのもやっておるらしい。タイミングさえ合えば出向いてみるか。姫路からは、当然だが姫路おでん が出るのであろうな。前回の情報だと、高砂は肉てん、明石は玉子焼、になっている。ちなみに、ここでいう玉子焼は、たこやきをだし汁につけて食べるやつのこと。明石以外の関西圏では明石焼と呼ばれている。時にとっても食べたくなるのは、どうしてなんだろうなあ



2011/10/11

姫路えきそば

友人の小太郎氏のtweetで、姫路えきそばのインスタントが売っているということを知って買ってきた。ニュースリリースによると、すでに1年以上前から売られているようだ。そうなのか?見たことなかったけどなあ。今年売り出したのは姫路おでんをイメージした「まねきのえきそば しょうが醤油仕立て」らしい。
そういえば、関東のスーパーにもいろいろなローカルおでんが売られているけれど、なぜか「姫路おでん」は入荷しないのだよ。「名古屋おでん」とかは大量に売っておるのになあ。まあ、関東の人に「姫路」と言っても、場所もあやふやなのだろうなあ。

3連休・・・などということはもちろんない

3連休・・・などということはもちろんない。土曜の午前中で部屋を片付け、午後は仕事。夜、東京駅から移動。いつも思うが、休日の東京駅は微妙な感じで空いている。とくに新幹線ホームは寂しい感じ。
日曜・月曜と休みだが、会社の携帯にはメールが随時入るので落ち着かない。これも、まあいつものこと。さいわい、重要な案件はなかったので、ひさしぶりにゆっくりと休んだ気がする。火曜・水曜と大阪で仕事である。きっと、その間もあちこちからメールとか大量に入るのだと思うとちょっと気が重いか。

2011/10/09

『仮面ライダーフォーゼ 第6話 電・撃・一・途』 感想

『仮面ライダーフォーゼ 第6話 電・撃・一・途』 を観ました。
友情は暑苦しいかね・・・。一人でも友達が来たら許してやる、ってのがイヤだな。なんというか、来なかったから友達じゃないってことにはならんだろ?とか思ってしまうのだよ。いやまあ、しかしジェイクだからなあ。「ねじくれてひん曲がった部分も含めて受け入れる」って言葉ではなんとでも言えるわけだが、弦太朗ならやってしまいそうだな。「あれが弦太朗」クイーン、わかっておるなあ。すっかり最大の理解者になっている(笑)
「ねじくれてひん曲がった部分も含めて受け入れる」はエレキステイツに繋がっておったか。武器の名前がビリーザロッド(笑) ビリビリするロッドだからか?あれは、やっぱりビリー・ザ・キッドとかけておるのか?そして技は「ライダー100億ボルトブレイク」。なんというか、そのまんまでひねりなし。ひねりがないところが、弦太朗なんだろうな。

2011/10/05

クールビズ期間拡大だけど寒くないか?

衆参両院のクールビズ期間が5/1~10/31に拡大されたのに倣っている企業って、どのくらいあるのだろうか?さすがに、10月に入ってから上着なしだと肌寒いかなと思う日もある。クールビズの適用の有無によらず、自分で服装を選ぶのかな?今週になって電車の中は上着を着ているサラリーマンの方が多いような気がする。いや、そもそも、期間がどうのではなくて、気温が高い日は上着・ネクタイなし、低い日は上着ありでよいと思うのだけれど、どうなのだ?なんか、ルールを決めねばだめなのか?
ずいぶん昔に読んだ『総務部総務課 山口六平太 』に、クールビズでどんな格好までは許されるのか、という話があったと記憶している。たしか、「そのまま電車に乗ることができる服装」ならOKと言っていたなあ。そのくらいの許容度でよいと思うのだが、まあ日本では難しいのかもしれない。

2011/10/03

『仮面ライダーフォーゼ 第5話 友・情・表・裏』 感想

『仮面ライダーフォーゼ 第5話 友・情・表・裏』 を観ました。

「男の中の男」って、ずいぶん格上げされたものだな、弦太朗。美羽はすっかりライダー部の(自称)部長だし、ユウキは嬉々として部長命令に従っておるし、いったいどうなるのだ?
学園内でパーティというから、プロムのようなのを想像していたのだが、これでは単なる馬鹿騒ぎ。少なくても、先生を招待するようなものではないと思う。そして、パーティに紛れて弦太朗からスイッチを奪う・・・どうも話の方向性が見えないぞ。このJKというのは何を考えておるのだ?
今回気になったのは、スイッチにはいろいろあるということだな。エレキスイッチは、予告にあったエレキステイツに変身するためのものだろう。ということは、他にもそういうのがあるということだね。
あと、劇場版だな。仮面ライダーなでしこ ううむ、ユウキに変身させてやれよ、と思うのはオレだけなのだろうか?


2011/10/01

イベント事はほぼスルーしている

二子玉川は花火大会だったらしい。どうりで田園都市線が各駅停車しか走ってないわけだ。少々肌寒い10月に花火だなんて、なんだか妙な具合だな。十日の菊といったところか?まあ、いずれにせよ、帰宅時に二子玉川を通りかかった時には、とっくに終了していたようだ。
そういえば、赤坂はいつもの土曜より人が多いように感じたが、あれはTBSのオールスター感謝祭のせいか?待っていれば、マラソン見物できたのかもしれないが、そんな気力はない・・・。まあ、いつもそんなものだ。

不意打ちのような停電

部屋に戻ってしばらくすると、白熱電球がぼうっとオレンジ色になった。電圧が一時的に下がったのかと思ったら、いきなりのブラックアウト。川崎・横浜で大規模停電だそうである。変電所のトラブルのようなことが記事には書いてあるが、明確な原因は記載されてない。計画停電でもなく、電力使用超過でもなく、雷・台風でもない。なんなんだろうな・・・と思う。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »