« 『奥方様は仕事人』 (六道慧) 感想 | トップページ | 『重力地獄』 (眉村卓) 感想 »

2012/03/18

『出世花』 (高田郁) 感想

『みをつくし料理帖』シリーズの高田郁氏のデビュー作。子供の頃に行き倒れになり、寺に拾われた少女が、死者を弔う寺の人々の姿に心打たれ、みずからも湯灌を手伝うようになる、という話。
『みをつくし料理帖』シリーズよりもかなりハードな設定である。この続きがどうなるのか興味があるのだが、いまのところ予告されている続編は出ていないようである。

« 『奥方様は仕事人』 (六道慧) 感想 | トップページ | 『重力地獄』 (眉村卓) 感想 »

【作家】高田郁」カテゴリの記事

【読書】2012年の読書遍歴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5613/54252827

この記事へのトラックバック一覧です: 『出世花』 (高田郁) 感想:

« 『奥方様は仕事人』 (六道慧) 感想 | トップページ | 『重力地獄』 (眉村卓) 感想 »

他のアカウント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

★★★★