« 『陽だまりの偽り』(長岡弘樹) 感想 | トップページ | 『出世花』 (高田郁) 感想 »

2012/03/18

『奥方様は仕事人』 (六道慧) 感想

八丁堀同心の妻が仕事人だったら、という設定。たまたま書店で見かけて、必殺好きとしての興味から購入した。なかなか面白い。仕事人的な陰惨さからは遠いのだが、主人公が仕事をした後は物を食べることができなくなる、というあたりが興味深い。殺しのシーンがもうちょっと暗殺的であると、もっと好みなのだがな。文章シリーズものなので、続きを読んでみようかと思う。

« 『陽だまりの偽り』(長岡弘樹) 感想 | トップページ | 『出世花』 (高田郁) 感想 »

【ドラマ】必殺」カテゴリの記事

【読書】2012年の読書遍歴」カテゴリの記事

【読書】作家別未分類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5613/54252717

この記事へのトラックバック一覧です: 『奥方様は仕事人』 (六道慧) 感想:

« 『陽だまりの偽り』(長岡弘樹) 感想 | トップページ | 『出世花』 (高田郁) 感想 »

他のアカウント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

★★★★