« 『儚い羊たちの祝宴』 (米澤穂信) 感想 | トップページ | 『ちょいな人々』 (荻原浩) 感想 »

2013/01/06

『ビブリア古書堂の事件手帖 栞子さんと奇妙な客人たち』 (三上延) 感想

本を読んでいる黒髪の女性のイラストになんとなく魅かれて購入。北鎌倉でビブリア古書堂を営む栞子と活字が苦手な大輔の物語。第一巻は夏目漱石『漱石全集・新書版』(岩波書店)、小川清『落穂拾ひ・聖アンデルセン』(新潮文庫)、ヴィノグラードフ・クジミン『倫理学入門』(青木文庫)、太宰治『晩年』(砂子屋書房) を扱っています。古書の蘊蓄をテーマにしているわけですが、これが清楚な感じの若い女性から発せられるというギャップがよいのですよね。世の中には古書というものに特別の思い入れがある方々がいらっしゃるわけですが(ひと事のように言うなという意見が聞こえてきそうです)、その妄執のようなものは、まあ判る方にしか判らないのかと考えていました。それをこのように表現された作者の力量は、すばらしいものだと思います。
ドラマ化されるということで、栞子のイメージが違うという意見をあちこちで見かけますが、自分としてはこのギャップをどのように演じ、 古書に対する妄執を一般の方にどのように伝えることができるのかというその点のみを気にしています。ドラマがよい出来であることを期待しつつ。

« 『儚い羊たちの祝宴』 (米澤穂信) 感想 | トップページ | 『ちょいな人々』 (荻原浩) 感想 »

【作家】三上延」カテゴリの記事

【読書】2012年の読書遍歴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5613/56481315

この記事へのトラックバック一覧です: 『ビブリア古書堂の事件手帖 栞子さんと奇妙な客人たち』 (三上延) 感想:

« 『儚い羊たちの祝宴』 (米澤穂信) 感想 | トップページ | 『ちょいな人々』 (荻原浩) 感想 »

他のアカウント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

★★★★