« 『完全なる首長竜の日』 (乾緑郎) 感想 | トップページ | 『儚い羊たちの祝宴』 (米澤穂信) 感想 »

2013/01/06

『奇談蒐集家』 (太田忠司) 感想

「自分の影に刺された男」、「古道具屋の姫君」、「不器用な魔術師」、「水色の魔人」、「冬薔薇の館」、「金眼銀目邪眼」「すべては奇談のために」 7編の連作短編集。
「ほんとうに不思議な話なんて。そう簡単に出会えるものじゃない」か。それは身も蓋もない言い様だが、ほんとうの奇談幻想は人の心の中にこそあるということであろう。

« 『完全なる首長竜の日』 (乾緑郎) 感想 | トップページ | 『儚い羊たちの祝宴』 (米澤穂信) 感想 »

【読書】2012年の読書遍歴」カテゴリの記事

【読書】作家別未分類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5613/56481037

この記事へのトラックバック一覧です: 『奇談蒐集家』 (太田忠司) 感想:

« 『完全なる首長竜の日』 (乾緑郎) 感想 | トップページ | 『儚い羊たちの祝宴』 (米澤穂信) 感想 »

他のアカウント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

★★★★