« 第54回 神田古本まつり | トップページ | 『必殺仕事人2014』 感想 »

2014/07/27

日本SF展・SFの国 に行ってきました

世田谷文学館で開催されている、「日本SF展・SFの国」に行ってきました。目玉は、初公開となる 『日本沈没』に関する、半村良から小松左京に宛てた手紙 です。
思えば、ウルトラマンだってゴジラだって、子供の時からあたりまえに自分の目の前にあったもので、それを享受してきたわけです。日本のSFそのものがそうだった。驚くような作品群に、十代初めから文庫本などで親しむことができたのは、とても幸せなことでした。小松左京、星新一、手塚治虫をはじめとして、それらのSFこそが、今の自分の読書傾向を決定的なものにしたのは間違いありません。それらを振り返るのは、とても不思議な気持ちがしました。懐かしい、というと正確ではないですね。なんなのでしょう、この気持ちは。それは、この展覧会の図録の装丁を見て抱くモヤモヤしたものに端的に表れていると思います。こういう装丁の本とか雑誌、それは、子供の頃にして、すでに新刊で買うものじゃなかったということです。小学校の図書室にいくらでもあった。先にそれを読んでいる人たちがたくさんいた。自分は、ずいぶんと後から追いかけているのだなあという、そういうことなのでしょう。そして、いつまで経っても追いつけることはないと、いつか判ってしまった。でも、ずっと追いかけているし、好きなままなのだな、きっと。
そうそう。展示の中に、大伴昌司の怪獣解剖図があったのだけれど、そのガラスケースの低い位置に小さな手形がいくつもついていました。子供たちが食い入るようにそれを見たのでしょう。今から追いかけ始める人もいるということですね。夢のような時間が、きっとその先には待っています。

« 第54回 神田古本まつり | トップページ | 『必殺仕事人2014』 感想 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5613/60049092

この記事へのトラックバック一覧です: 日本SF展・SFの国 に行ってきました:

« 第54回 神田古本まつり | トップページ | 『必殺仕事人2014』 感想 »

他のアカウント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

★★★★