« 2014年11月 | トップページ | 2016年9月 »

2015年3月に作成された記事

2015/03/22

『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』 感想

『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』観てきました。
全般的に言えば、いい意味ですごくモヤモヤする映画です。ヒーロー大戦お得意の歴史改変ものですが、今回の目玉である仮面ライダー3号の存在感がすばらしい。 難を言えば、なんだって1号2号を殺さねばならなかったのか、黒井響一郎の心理をもう少し掘り下げてほしかった気はする。
そして、主人公であるライダー3号とドライブを喰うほど南光太郎が目だっていたのが、また嬉しいところ。あと、原作テイストの立花藤兵衛を見ることができたのもよかったな。まあ、細かいことを言えば、3号のマシン、トライサイクロンにはなぜTRマークが描いてあるのかとか、1号2号がいなくなってしまった世界でV3が存在するのはなぜか、とかまあいろいろあるのだが、そこはご愛嬌か。
物語結末で、「え。そんなことして、あとどうするんだ?」という展開があるのだが、どうしてもdビデオの『仮面ライダー4号』を見せたいらしい(笑)。いいとも、乗ってあげよう。どうせ、入場特典のDVDには数分しか入ってないんだろ?とか思っていたら、特典DVDには『仮面ライダー4号 エピソード1』がまるごと入っていた。そして、その展開に、ますますモヤモヤすることに……(笑)。
ところで、今回の映画でもっとも胸に刺さった台詞は「(仮面ライダー)Jの歴史をなかったことにしてやった」なんだが、みなさんはいかがか?いや、なかったことにしてもらえただけよいのか?タイトルライダーなのに、真ライダーは乱戦シーンにさえいなかったような・・・・・・。

« 2014年11月 | トップページ | 2016年9月 »

他のアカウント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

★★★★