【特撮】全般

2015/03/22

『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』 感想

『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』観てきました。
全般的に言えば、いい意味ですごくモヤモヤする映画です。ヒーロー大戦お得意の歴史改変ものですが、今回の目玉である仮面ライダー3号の存在感がすばらしい。 難を言えば、なんだって1号2号を殺さねばならなかったのか、黒井響一郎の心理をもう少し掘り下げてほしかった気はする。
そして、主人公であるライダー3号とドライブを喰うほど南光太郎が目だっていたのが、また嬉しいところ。あと、原作テイストの立花藤兵衛を見ることができたのもよかったな。まあ、細かいことを言えば、3号のマシン、トライサイクロンにはなぜTRマークが描いてあるのかとか、1号2号がいなくなってしまった世界でV3が存在するのはなぜか、とかまあいろいろあるのだが、そこはご愛嬌か。
物語結末で、「え。そんなことして、あとどうするんだ?」という展開があるのだが、どうしてもdビデオの『仮面ライダー4号』を見せたいらしい(笑)。いいとも、乗ってあげよう。どうせ、入場特典のDVDには数分しか入ってないんだろ?とか思っていたら、特典DVDには『仮面ライダー4号 エピソード1』がまるごと入っていた。そして、その展開に、ますますモヤモヤすることに……(笑)。
ところで、今回の映画でもっとも胸に刺さった台詞は「(仮面ライダー)Jの歴史をなかったことにしてやった」なんだが、みなさんはいかがか?いや、なかったことにしてもらえただけよいのか?タイトルライダーなのに、真ライダーは乱戦シーンにさえいなかったような・・・・・・。

2014/08/03

『仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦! 黄金の果実争奪杯! 』 感想

『仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦! 黄金の果実争奪杯! 』 観てきました。
なにがどうなってサッカーなんだ?という気はしますが、まあ説明的とはいえ意味もなくサッカーにしたわけではないよ、ということか。そのあたりはきちんと説明がありました。ボス戦にも繋がっていたし(笑)
気になるのは、あれがTVシリーズのどの時点とつながっているのかということ。序盤と終盤に登場する沢芽市の廃墟化は相当に進んでいるような。ストーリー的にTVシリーズから独立させようとしているのはわかるのだけれど、ちょっと物足りなかった。物足りないといえば、銀のライダー・冠の活躍はもう少し見たかったと思う。せっかくゲストライダーがふたりもいて、もったいないような気がするよね。

2012/10/31

『ジェリー・アンダーソンSF特撮DVDコレクション』が店頭にない!

『ジェリー・アンダーソンSF特撮DVDコレクション』が店頭にないのである。1か月ほど前から品薄だと思ってはいたのだが、今日なんて、第37号の発売日なのに、行きつけの書店は全滅である。やはり、『サンダーバード』が完結した影響なんだろうか?
今さら定期購読するのもどうなのかと思うのだが、店頭に出ないのではなあ。どこか、取り扱っている書店があれば、小遣いの都合で買う日を決められるのだが・・・・・・。さて、どうしよう。先月の分は、Amazonで買ったのだよな。

2011/12/13

胸につけてるマークは・・・

 帰宅のため、土曜にに東京駅を通ったので、八重洲地下のキャラクターストリートにあるウルトラマンワールドM78に寄ってきました。目当ては、発売されたばかりのカラータイマーです(笑)。商品名はカラー麺タイマーといって、カップ麺用の3分タイマーなのですが、胸にもつけれるようクリップつきなのが憎いです(笑) ウルトラマン変身音に始まって、戦闘シーンが入り、やがて赤く点滅。スペシウム光線の発射音の後、シュワッチと去っていくところで3分。すばらしい。
 ついでにもうひとつ。科学特捜隊の流星ピンバッチです。通信できないことを除いては、本物そっくりにアンテナまで伸び縮みいたします。社員証の代わりにスーツにつけていたいくらいの出来ですよ(笑) そういえば、昔々、何十年も前ですが、こういう玩具を持っていたのですが、無くしてしまって非常に悔しい思いをしたことがあります。あれを取り返した気分ですね。これでもう怪獣殿下をうらやましく思わないで済みます。
 ふたつで2500円以上ということで、12月初めから配布されている「ウルトラマンショップ限定プレミアムDVD」というのをいただきました。まだ観てないので、またゆっくり観ようかと思います。


2011/10/24

『妖怪人間ベム 第一話』 感想

『妖怪人間ベム』観ました。
正直言ってあんまり期待してなかったのですが、これはいいじゃないですか。昔のアニメをそのまま引き継いだオープニングも秀逸。アニメといえば、何年か前に出たDVDは不都合な部分がカットされまくりなわけですが、昔通りのが観たいなあ・・・・・・って思ってAmazonさがしたら、出てるのか。「せむし男の人魂」もそのままのタイトルだ!昔のカットされまくり版で何巻か持っているのだが、オリジナルで欲しいな。

ともあれ、人間体の時も人ではないということを額の突起で示したりと芸が細かい。しかし、ベロに箸の持ち方を指導するのはいいけど、ベムがそれで食事中も帽子を脱がないのはあ礼儀に反しないのか(笑)。しかも、外食じゃなくて個人宅に招かれているんだしね。
原作に比べてベムが精神的に安定性を欠くのが気になるな。助けを求めている人をそのままにしておいたら、ただの妖怪になってしまうのなら、世の中には見かけは人間でも心は妖怪のやつが多いのかもしれない。この話のメインテーマですね。正義の心と悪の心を等しく持って苦しむのが人間なんだな。
それにしても、気になるのは「名前のない男」。あの服装は、原作のベムと同じに見えるのだが・・・・・・。


2010/10/06

『大魔神カノン 最終話 歌恩』 感想

『大魔神カノン 最終話 歌恩』を観ました。
カノンはついに「いのりうた」を取り戻し、自分の心をこめた歌詞をそれにつける。歌を聴くことを拒んでいたブジンサマだが、カノンが父親の再婚の宴席での歌声はタイヘイたちのはからいで届けられる。その頃、イバダダはゴンベイの封印を破り、オオイバダダへと成長をとげる。ブジンサマとカノンは、共に歌うことでイバダダに心を届けようとするが……。

ブジンサマの復活は予想通り最終回にもつれこみましたね。回想シーンは別として、この出て来なさっぷりは、本家の大魔神に勝るとも劣りません。恋人に裏切られ、心を閉ざしていたカノンはタイヘイたちオンバケと知り合うことで、信じる気持ちを取り戻していきます。その過程こそが物語の骨子となっておるのですね。ブジンサマはやはり神であり、その神に通じることの困難さがカノンが乗り越えていく経験のひとつひとつの困難さとイコールなのでしょう。ブジンサマはイバダダを封印し、対話を試みるためにふたたび眠りにつきますが、長い長い年月がかかろうと、やがて判り合えるのであろうと、この物語を通じて信じることができる、ということですね。

最終回で驚いたのは、カノンの兄役でオダギリ・ジョー氏が姿を見せていたこと。名前はフーガというらしい。音楽繋がり……というか、どうしてもクウガ→フーガと思ってしまう。同じ語感ですよね。
あと、ブジンサマの戦闘シーンが思っていたより軽やかだったことです。昔の大魔神みたいに、もうちょっと重戦車みたいな動きなのかと思っておりました。




2010/06/14

池田駿介氏の訃報

池田駿介氏の訃報にふれる。
イチローといえば、野球選手よりも池田氏のお顔のほうが先に思い出されるのだよ。『キカイダー01』、『帰ってきたウルトラマン』の南隊員、とても楽しませていただきました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。


2010/04/17

『大魔神カノン 第3話 寡温』 感想

『大魔神カノン』の第2回「彼音」と第3回「寡温」を観ました。
なるほど。「いのりうた」 を元恋人のロックバンド0℃のによって望まない形にアレンジされて失ったわけですね。自分の「音」は彼方にあり、そして寂しく過ごす都会は温かさが少ない。深いサブタイトルだなあと思っていたら、次回は「過飲」なのだな(笑)
ラーメン屋だいちゃんには、まだダイヤル式ピンク電話があるのか。10円玉でけっこう話をしていたけど、どうなんだ?山形側は黒電話だしなあ。どっちも骨董品ですよね。
あと、イケチヨは、なんだってあんなにいつもヒラヒラの格好で、しかも肌のあちこちが濡れておるのか。気になって仕方ないと思っていたら、金魚のオンバケなんですね。申し訳ない。もっと子供な気持ちで鑑賞するようにいたします(笑)。
それにしても、ブジンサマの出てこなさっぷりは、旧作に通じるものがあるなあ。


2010/04/03

『大魔神カノン 第1話 歌遠』 感想

『大魔神カノン』第1回放送「歌遠」を観ました。
恋人と別れて、家賃の安い部屋に引っ越してきたカノンは、巨大な魔神が出てくる不思議な夢を観る。ボーカリストになりたい彼女はなぜか、あるロックバンドの歌に苦しめられている。一方、山形からタイヘイが上京。タイヘイは、悪霊と戦うオンバケと呼ばれる妖怪。タイヘイの役目は悪霊を封じるためにブジンサマを復活させるための「祈りの歌」を歌うことができる少女を探すことであった。
ブジンサマ(大魔神)がまだほとんど登場していないので、特撮には第2回以降に期待。昔のように憤怒の顔に変化することはあるのだろうか?オンバケたちは、仮面ライダー響鬼の鬼のような格好。タイヘイとカノンはあっさり再会してしまったが……。山形って、どういう感じのラーメンが主流なのか気になります。



2010/01/04

成川哲夫氏の訃報

スペクトルマンの蒲生役・成川哲夫氏が死去
『スペクトルマン』の蒲生譲二 を演じた成川哲夫さんが亡くなられたとのこと。
ウルトラシリーズや仮面ライダーとは一味違った面白さを持つ特撮作品でした。何度も再放送を観たのを思い出しますね。『スペクトルマン』はなぜか朝に再放送していることが多かったような。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

DVD | 【アニメ】その他 | 【アニメ】ブラック・ジャック | 【コミック】その他 | 【ドラマ】その他 | 【ドラマ】必殺 | 【作家】H.P.ラヴクラフト | 【作家】R・D・ウィングフィールド | 【作家】かんべむさし | 【作家】はやみねかおる | 【作家】エドガー・ライス・バロウズ | 【作家】エドモンド・ハミルトン | 【作家】グラハム・ハンコック | 【作家】コナン・ドイル | 【作家】ジョイ・フィールディング | 【作家】ジョン・ダニング | 【作家】ジーン・リューイック | 【作家】スタンリイ・エリン | 【作家】スティーブン・バクスター | 【作家】ダニエル・キイス | 【作家】テッド・チャン | 【作家】ディーン・R・クーンツ | 【作家】トマス・H・クック | 【作家】ドロシー・ギルマン | 【作家】ハンス・ベンマン | 【作家】パトリック・ジュースキント | 【作家】フィリップ・ワイリー | 【作家】ブリジット・オベール | 【作家】ペネロピー・エヴァンズ | 【作家】モーリス・ルブラン | 【作家】リチャード・プレストン | 【作家】レイモンド・チャンドラー | 【作家】レイ・ブラッドベリ | 【作家】ロス・トーマス | 【作家】ロバート・B・パーカー | 【作家】ロバート・R・マキャモン | 【作家】ロバート・ゴダード | 【作家】三上延 | 【作家】三崎亜記 | 【作家】中山市朗 | 【作家】乃南アサ | 【作家】久世光彦 | 【作家】乙一 | 【作家】乙川優三郎 | 【作家】乾くるみ | 【作家】五十嵐均 | 【作家】井上雅彦 | 【作家】井沢元彦 | 【作家】京極夏彦 | 【作家】伊坂幸太郎 | 【作家】出久根達郎 | 【作家】加納朋子 | 【作家】北原亞以子 | 【作家】北川歩実 | 【作家】北村薫 | 【作家】北野勇作 | 【作家】半村良 | 【作家】吉村達也 | 【作家】多岐川恭 | 【作家】夢枕獏 | 【作家】宇江佐真理 | 【作家】宮部みゆき | 【作家】小川洋子 | 【作家】小松左京 | 【作家】小林信彦 | 【作家】小林泰三 | 【作家】小野不由美 | 【作家】山本周五郎 | 【作家】山田正紀 | 【作家】島田荘司 | 【作家】川端裕人 | 【作家】平井和正 | 【作家】平岩弓枝 | 【作家】広瀬正 | 【作家】志水辰夫 | 【作家】恩田陸 | 【作家】新井素子 | 【作家】日下三蔵 | 【作家】明野照葉 | 【作家】木原浩勝 | 【作家】朱川湊人 | 【作家】村上龍 | 【作家】村田基 | 【作家】東野圭吾 | 【作家】松本清張 | 【作家】柴田錬三郎 | 【作家】栗本薫 | 【作家】梨木香歩 | 【作家】梶尾真治 | 【作家】森博嗣 | 【作家】横山秀夫 | 【作家】横溝正史 | 【作家】氷室冴子 | 【作家】江國香織 | 【作家】江戸川乱歩 | 【作家】池波正太郎 | 【作家】浅田次郎 | 【作家】浦賀和宏 | 【作家】清水義範 | 【作家】清涼院流水 | 【作家】澤木喬 | 【作家】瀬名秀明 | 【作家】田中芳樹 | 【作家】田島照久 | 【作家】皆川博子 | 【作家】眉村卓 | 【作家】福井晴敏 | 【作家】筒井康隆 | 【作家】篠田節子 | 【作家】米澤穂信 | 【作家】綾辻行人 | 【作家】草上仁 | 【作家】荻原浩 | 【作家】薄井ゆうじ | 【作家】藤堂志津子 | 【作家】藤木稟 | 【作家】藤本ひとみ | 【作家】藤沢周平 | 【作家】藤田宜永 | 【作家】西澤保彦 | 【作家】谷甲州 | 【作家】貫井徳郎 | 【作家】貴志裕介 | 【作家】赤木かん子 | 【作家】酒見賢一 | 【作家】野田昌宏 | 【作家】鈴木光司 | 【作家】長岡弘樹 | 【作家】阿刀田高 | 【作家】高橋克彦 | 【作家】高橋留美子 | 【作家】高田祟史 | 【作家】高田郁 | 【作家】J・K・ローリング | 【映画】その他 | 【漫画家】あだち充 | 【漫画家】グレゴリ青山 | 【漫画家】今市子 | 【漫画家】吾妻ひでお | 【漫画家】大和和紀 | 【漫画家】大和田秀樹 | 【漫画家】安彦良和 | 【漫画家】川原泉 | 【漫画家】日渡早紀 | 【漫画家】明智抄 | 【漫画家】末次由紀 | 【漫画家】杉浦日向子 | 【漫画家】村枝賢一 | 【漫画家】松本零士 | 【漫画家】柳沼行 | 【漫画家】桑田次郎 | 【漫画家】業田良家 | 【漫画家】横山光輝 | 【漫画家】水木しげる | 【漫画家】真船一雄 | 【漫画家】秋月りす | 【漫画家】荒川弘 | 【漫画家】萩原一至 | 【漫画家】藤子・F・不二雄 | 【漫画家】高屋良樹 | 【漫画家】高田裕三 | 【漫画家】魔夜峰央 | 【特撮】その他ウルトラシリーズ | 【特撮】ウルトラマンネクサス | 【特撮】ウルトラマンマックス | 【特撮】ウルトラマンメビウス | 【特撮】仮面ライダー000 | 【特撮】仮面ライダーW | 【特撮】仮面ライダーウィザード | 【特撮】仮面ライダーカブト | 【特撮】仮面ライダーディケイド | 【特撮】仮面ライダーフォーゼ | 【特撮】仮面ライダー響鬼 | 【特撮】全般 | 【特撮】生物彗星 Woo | 【読書】1996年の読書遍歴 | 【読書】1997年の読書遍歴 | 【読書】1998年の読書遍歴 | 【読書】1999年の読書遍歴 | 【読書】2000年の読書遍歴 | 【読書】2001年の読書遍歴 | 【読書】2002年の読書遍歴 | 【読書】2003年の読書遍歴 | 【読書】2004年の読書遍歴 | 【読書】2005年の読書遍歴 | 【読書】2006年の読書遍歴 | 【読書】2007年の読書遍歴 | 【読書】2008年の読書遍歴 | 【読書】2009年の読書遍歴 | 【読書】2010年の読書遍歴 | 【読書】2011年の読書遍歴 | 【読書】2012年の読書遍歴 | 【読書】作家別未分類 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | ゲーム | コネタマ | パソコン・インターネット | ワーカホリックなSE生活 | 創作掌編 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 音楽

他のアカウント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

★★★★