【作家】井上雅彦

2008/11/30

『ロボットの夜 異形コレクション』 (井上雅彦編) 感想

さすがに、テーマがテーマだとSFっぽくなってうれしいですね。
「自立する者たち」(斎藤肇)に出てくるニニンバオというのはネーミングセンスがよいですねえ。そういえば、腕のよい職人さんの手の動きをロボットアームにシュミレートさせて品質向上を目指すというのは、実際にありましたね。
「保が還ってきた」(菊地秀行)往々にして、ロボットは過去の人間の似姿です。だがしかし、何のために……と考えると、狂気の一歩手前まで至ったことになるのでしょう。
「サバントとボク」(眉村卓)立場の逆転というサブテーマもロボットを語る上で欠かせませんね。哀切にして秀逸。古き良きSFです。
「LE389の任務」(岡本賢一)ハードなSF短編。すばらしい。ロボットとの心の交流ってのはよい。しかも、この場合は敵味方にはじまるわけですし。
「錠前屋」(高野史緒)こういうのは、どういえばよいのだろう。なるほど錠前屋ね。うーむ。
もう少し、人形というかオートマータっぽい話が多いほうがこのコレクションとしてはふさわしいような気もいたしました。(2000.11.20)

『帰還 異形コレクション』 (井上雅彦編) 感想

廣済堂の撤退によるシリーズ中断から7か月。ついに復活のアンソロジーであるが、そのテーマが「帰還」とはできすぎである。廣済堂文庫での既刊分がいつまで供給されるのか気になるところではあるが、まずは復活おめでとうというところ。
「リターンマッチ」(山下定)は、ボクシングテーマ。はて映画にも帰ってくるボクサーの話がなかったか?もしかすると拳の向こうはほんとうにあの世なのかもと興味深い。
「赤い実たどって」(篠田真由美)オーソドックスだけど怖い。妙に印象深かった。誰にも思い出したくない昨日のようなものないだろうか?
「深い穴」(中井紀夫)なんだか奇妙なまでにシュールだ。ぜんぜん関係ないのに筒井康隆の「ふたりの印度人」を思い出した。秀逸。
「母の行方」(飯野文彦)こういうのは何と言ったらよいのか?地獄というのは案外に身近にあるものだと思わざるを得ない。(2000.10.15)

『世紀末サーカス 異形コレクション』 (井上雅彦編) 感想

読むのが前後してしまったけれど、異形コレクションの第4巻。今回は何となく肌に合わないものが多かったんだけれどどうしてだろう?サーカスというものにもっとぼくはちがう味を要求しているのかもしれない。というわけで今回は3作品のみですが、
藤田雅矢の「暖かなテント」サーカスにまつわる怪談というのは意外に多いかもしれない。あの箱の中、どのようになっているか一度のぞいてみたいものである。
平山夢明の「Ωの聖餐」これこれ、やはりこういう作品を読みたいですね。こういうのを期待しているからこそ異形コレクションを買い続けるわけですよ。秀逸。
竹河聖の「サダコ」ふだんホラーを読まない方々にも有名な例のサダコさんとは無関係。これはそれこそ映像にはできないですよね。スラップスティックな怪作だと思います。(2000.05.06)

『宇宙生物ゾーン 異形コレクション』 (井上雅彦編) 感想

異形コレクション第15巻。このテーマだとホラーとSFの境界線上の作品が増えるという意味でも楽しみなところ。
ハードSFの谷甲州が「緑の星」で初登場、やはりこうしたテーマだとSF作家の腕が冴えますね。これを読んでいてナスカの地上絵ってほんとうのところ何なんだろうなと改めて考え込んでしまいました。
森岡浩之の「パートナー」、なるほど人間の人間としての営みがいかに限定された環境下でしか効力のないものかということを思い知りますね。ある環境への人工的介入ということを、他の例にあてはめてみるならば、この物語での人類の辿る行末は……。
岡本賢一の「言の実」、コミニュケーションの手段をテーマにしたSFは多々あれど、これの類例ってのはちょっと思い浮かびません。秀逸。
山田正紀の「一匹の奇妙な獣」、これを読む限りSF作家山田正紀は健在ですね。予告されている長編SFも期待できそうです。最近ミステリ作品が多いようですが、年来のファンとしてはやはり重厚なSF作品を切望いたします。
石田一の「破滅の惑星」、いいですねえ。古き良きSFテイスト。編者も書いているように『トワイライト・ゾーン』や『アウターリミッツ』を彷彿とさせます。
ひかわ玲子の「話してはいけない」、これまたじつにSFっぽいリドルストーリーですね。こういうのを読むとやはりミステリとSFの大きな差のひとつは、謎が解かれるかどうか、だと思います。
五代ゆうの「バルンガの日」、題名がすべてを語っております。よもやバルンガが何なのかをご存知ないこのページの読者も少ないでしょう……。彼の名作の放映は昭和41年ですので、リアルタイムでは翌朝太陽を眺める恩恵に浴せなかったのですが……。
笹山量子の「占い天使」、いるいる、昔からいるんだよなあ、こういう自分勝手な宇宙生物って(笑)。でもって昔から対決代表はこの手の人間だわな。なんでだろう?まあ、そんなもんなんです宇宙の平和なんて。秀逸。
横田順彌の「来訪者」、安定した物語の質感を誇る押川春浪回想録シリーズ。宇宙人なんてのはたいていとんでもない姿をしているもんですが、やっぱりこういう一見真っ当なのが、ぼくとしてはいちばん怖い。五千年……そんなに人類ってもつのでしょうか??
菊地秀行の「安住氏への手紙」、あなたの怖いものはなんでしょう。宇宙人ですか?怪物ですか?それとも陳腐な言いぐさだけどやっぱり人間が怖い?いちばん怖いのは、それは……。秀逸、この巻中でいちおしです。(2000.03.20)

2008/11/16

『俳優 異形コレクション』 (井上雅彦編) 感想

異形コレクションも第13巻。たいへんおめでたい巻数である今回のテーマは<俳優>。
森真沙子の「肉体の休暇」は、こういうことってあるのかもしれないと妙に納得してしまった。俳優っていうのはやはり一種のモンスターなのですよね。斎藤肇の「柚累」で描き出される舞台というか世界は、今回の編中ではもっとも気に入ったものです。まさに異形。筒井康隆の作品を思い出しました。横田順彌の「飛胡蝶」は例によって押川春浪シリーズですが、今回はべつにシリーズに組み込む必要はなかったのではないでしょうか。独立させてもなかなかに味わい深いと思います。早見裕司の「決定的な何か」は声優を扱った異色作品、意味深いタイトルには意味深い結末がありました。(1999/10/31)

2008/10/25

『GOD 異形コレクション』(井上雅彦 編)

異形コレクション第12弾。テーマは神。この作品集を読むと、やはり神というものは人類に対しけっして慈悲深くはないのではないか、という不安におそわれます。
恩田陸の「冷凍みかん」、運命などというのはきっとこうした気まぐれによって残酷なまでに支配されているのでしょうね、使われているアイテムが冷凍みかんなのが心憎いまでにすばらしいです。横田順彌の「遊神女」は押川春浪回想録の一編、神々のうちもっとも気まぐれなのはやはり女神なのでしょうか?竹本健治の「白の果ての扉」、神界に至る方法論は古今さまざまに模索されてきましたが、これはまた何とも言えません、こういう発想ってどこから出てくるのでしょうね。大場惑の「大黒を探せ!」は異彩を放つ探偵譚、コミカルさと怖さが奇妙に同居した佳編。田中啓文の「怪獣ジウス」は読了してから眩暈におそわれました、あいかわらずのグロさはもちろんとして、この結末の一文は……。田中哲弥の「初恋」、このテーマもさまざまな作家のさまざまな作品をこれまでに読んできましたが、ここまで物悲しいのは初めてですね、秀逸。(1999/08/29)

2008/09/29

『トロピカル 異形コレクション』 (井上雅彦 編) 感想

なるほど、怪奇アンソロジーで<トロピカル>っていうのは題名だけではピンとこなかったのだが、魔境ものに通じる恐怖ってわけだね。たしかに前人未到の地というのはある種の恐怖の根源ですね。だから北原尚彦の「蜜月旅行」なんかはぼくにとっては嬉しい一編です。編者があえて例の物語にまえがきで触れなったのはこの作品をきわだたせるためなのでしょうか?それと早見裕司の「罪」がよいですねえ。都市を覆い尽くした緑、藤子・F・不二雄の「みどりの守護神」をちょっと思い出しました。『ゲゲゲの鬼太郎』にも同じ雰囲気の作品がありましたか?「原始さん」だったかな?トロピカルという意味では飯野文彦の「椰子の実」がよいですね。切れのよい掌編で読後の怖さも抜群。さて、それから今回なんといってもいちばん印象に残ったのは田中啓文の「オヤジノウミ」でしょう。この方『グランドホテル』収録の「ニグ・ジュギペ・グァ」の作者なんですね。さもあらん、ほんとに悪趣味です。最高!!食事前には読まないことをおすすめします。(1999/07/04)

『時間怪談 異形コレクション』 (井上雅彦 編) 感想

異形コレクション第10弾。敢えて、SFとして評価されるような作品は載せませんでした、というのが編者の言葉ですが、だからでしょうか、ちょっと食い足りない気分。きっと題名から先にパラドクシカルなものを扱った作品を期待してしまったからでしょう。
「炎天」を意識したものという倉阪鬼一郎の「墓碑銘」がよい。ここに登場するジョーンズとスミスが何者かとか考えはじめると眠れなくなってしまう。そういえば、「炎天」のバリエーションには水木しげるの漫画もあったか?、あれもビジュアルな分もとより怖かったと記憶している。ミステリファン受けするのは北原尚彦の「血脈」か?「痩身で鷲のような容貌の若い男」に相談していたらどうなっていたのか?思わずニヤリとする作品だった。中井紀夫の不条理な作品「歓楽街」などはとてもよくわかるような気がして不安になる。最後のフレーズがたまらなく怖い。けっきょくのところ、いちばん近しいようでいちばん怖くわけがわからないのは自分自身といいうものではないか?そういう意味でなら今回いちばん怖かったのは加門七海の「喜三郎の憂鬱」。これこそ怪談だろう。昔読んだ怖い作品で広瀬正の「鷹の子」というのがあるけど、あれに類するどこか記憶にひっかかっていて思わぬところで自身の悪夢のもとになるような種類の怖さだと思う。(1999/05/01)

2008/09/23

『グランドホテル 異形コレクション』 (井上雅彦 編) 感想

異形コレクション第9弾。京極夏彦が「厭な扉」で恩田陸が「深夜の食欲」で初登場。ほかには『飛行船の上のシンセサイザー弾き』が素敵だった難波弘之の「ヴァレンタイン・ミュージック」が入っているのがうれしい。物語的には菊地秀行の「指ごこち」が秀逸ですね。今回のテーマは題名からわかるようにホテルだけれど、サブテーマはヴァレンタインなのですね。しかも設定を共有するという贅沢な試みがされていてこころにくい。同じグランドホテルの同じ2月14日をそれぞれの作家が工夫をこらして万華鏡のように切り取ってみせてくれる。これまでの異形コレクションというのはそれぞれ独立した短編として味わってその質が変化しなかったわけだけれど、この巻だけはそうはいきませんね。このアンソロジーに組み込まれてこそ真価を発揮できるわけです。「モザイクノベル」という言い方を井上雅彦が序文でしているけれど、これG・R・R・マーティン編の『ワイルド・カード・シリーズ』がそういう表現をしてましたよね。一般的にはシェアード・ワールドっていうのかもしれない。ひとつの特殊設定をもとに複数の作家が編み上げたひとつの物語。異形コレクションのなかでもう一度くらいはやっていただけないでしょうか?(1999/02/28)

2008/09/17

『月の物語 異形コレクション』 (井上雅彦 編) 感想

異形コレクション第8弾。「竹取物語」をしたじきにした梶尾真治の「六人目の貴公子」が面白い。思わずニヤニヤしてしまうカジシンのユーモアテイスト爆発といったところか。横田順彌の「落葉舞」はおなじみの明治幻想シリーズであいかわらずいい味を出している。眉村卓で月というとぼくが思い出すのはビジュアルなラストシーンが頭から離れない短編「青白い月」なのだが、今回収録の新作「月光よ」もまことに奇妙な一編。このアンソロジーをぼくがお気に入りなのは、このように思わぬ方の思わぬ新作を読むことができる点である。北野勇作「シズカの海」は先般インターネット上で流れたとある噂をバックボーンにしているのだろうか?思わず何度も読み返してしまった。都市伝説というのはこのようにぼくたちの頭の中に確かに構築されていくのにちがいない。今回もっとも秀逸に思ったのは菊池秀行の「欠損」である。どこがホラーなのかと問われると困るのだが、確かにホラーのようでもあり、しかもそうではない。妙に心にすっしりと重い一編である。(1998/12/26)

その他のカテゴリー

DVD | 【アニメ】その他 | 【アニメ】ブラック・ジャック | 【コミック】その他 | 【ドラマ】その他 | 【ドラマ】必殺 | 【作家】H.P.ラヴクラフト | 【作家】R・D・ウィングフィールド | 【作家】かんべむさし | 【作家】はやみねかおる | 【作家】エドガー・ライス・バロウズ | 【作家】エドモンド・ハミルトン | 【作家】グラハム・ハンコック | 【作家】コナン・ドイル | 【作家】ジョイ・フィールディング | 【作家】ジョン・ダニング | 【作家】ジーン・リューイック | 【作家】スタンリイ・エリン | 【作家】スティーブン・バクスター | 【作家】ダニエル・キイス | 【作家】テッド・チャン | 【作家】ディーン・R・クーンツ | 【作家】トマス・H・クック | 【作家】ドロシー・ギルマン | 【作家】ハンス・ベンマン | 【作家】パトリック・ジュースキント | 【作家】フィリップ・ワイリー | 【作家】ブリジット・オベール | 【作家】ペネロピー・エヴァンズ | 【作家】モーリス・ルブラン | 【作家】リチャード・プレストン | 【作家】レイモンド・チャンドラー | 【作家】レイ・ブラッドベリ | 【作家】ロス・トーマス | 【作家】ロバート・B・パーカー | 【作家】ロバート・R・マキャモン | 【作家】ロバート・ゴダード | 【作家】三上延 | 【作家】三崎亜記 | 【作家】中山市朗 | 【作家】乃南アサ | 【作家】久世光彦 | 【作家】乙一 | 【作家】乙川優三郎 | 【作家】乾くるみ | 【作家】五十嵐均 | 【作家】井上雅彦 | 【作家】井沢元彦 | 【作家】京極夏彦 | 【作家】伊坂幸太郎 | 【作家】出久根達郎 | 【作家】加納朋子 | 【作家】北原亞以子 | 【作家】北川歩実 | 【作家】北村薫 | 【作家】北野勇作 | 【作家】半村良 | 【作家】吉村達也 | 【作家】多岐川恭 | 【作家】夢枕獏 | 【作家】宇江佐真理 | 【作家】宮部みゆき | 【作家】小川洋子 | 【作家】小松左京 | 【作家】小林信彦 | 【作家】小林泰三 | 【作家】小野不由美 | 【作家】山本周五郎 | 【作家】山田正紀 | 【作家】島田荘司 | 【作家】川端裕人 | 【作家】平井和正 | 【作家】平岩弓枝 | 【作家】広瀬正 | 【作家】志水辰夫 | 【作家】恩田陸 | 【作家】新井素子 | 【作家】日下三蔵 | 【作家】明野照葉 | 【作家】木原浩勝 | 【作家】朱川湊人 | 【作家】村上龍 | 【作家】村田基 | 【作家】東野圭吾 | 【作家】松本清張 | 【作家】柴田錬三郎 | 【作家】栗本薫 | 【作家】梨木香歩 | 【作家】梶尾真治 | 【作家】森博嗣 | 【作家】横山秀夫 | 【作家】横溝正史 | 【作家】氷室冴子 | 【作家】江國香織 | 【作家】江戸川乱歩 | 【作家】池波正太郎 | 【作家】浅田次郎 | 【作家】浦賀和宏 | 【作家】清水義範 | 【作家】清涼院流水 | 【作家】澤木喬 | 【作家】瀬名秀明 | 【作家】田中芳樹 | 【作家】田島照久 | 【作家】皆川博子 | 【作家】眉村卓 | 【作家】福井晴敏 | 【作家】筒井康隆 | 【作家】篠田節子 | 【作家】米澤穂信 | 【作家】綾辻行人 | 【作家】草上仁 | 【作家】荻原浩 | 【作家】薄井ゆうじ | 【作家】藤堂志津子 | 【作家】藤木稟 | 【作家】藤本ひとみ | 【作家】藤沢周平 | 【作家】藤田宜永 | 【作家】西澤保彦 | 【作家】谷甲州 | 【作家】貫井徳郎 | 【作家】貴志裕介 | 【作家】赤木かん子 | 【作家】酒見賢一 | 【作家】野田昌宏 | 【作家】鈴木光司 | 【作家】長岡弘樹 | 【作家】阿刀田高 | 【作家】高橋克彦 | 【作家】高橋留美子 | 【作家】高田祟史 | 【作家】高田郁 | 【作家】J・K・ローリング | 【映画】その他 | 【漫画家】あだち充 | 【漫画家】グレゴリ青山 | 【漫画家】今市子 | 【漫画家】吾妻ひでお | 【漫画家】大和和紀 | 【漫画家】大和田秀樹 | 【漫画家】安彦良和 | 【漫画家】川原泉 | 【漫画家】日渡早紀 | 【漫画家】明智抄 | 【漫画家】末次由紀 | 【漫画家】杉浦日向子 | 【漫画家】村枝賢一 | 【漫画家】松本零士 | 【漫画家】柳沼行 | 【漫画家】桑田次郎 | 【漫画家】業田良家 | 【漫画家】横山光輝 | 【漫画家】水木しげる | 【漫画家】真船一雄 | 【漫画家】秋月りす | 【漫画家】荒川弘 | 【漫画家】萩原一至 | 【漫画家】藤子・F・不二雄 | 【漫画家】高屋良樹 | 【漫画家】高田裕三 | 【漫画家】魔夜峰央 | 【特撮】その他ウルトラシリーズ | 【特撮】ウルトラマンネクサス | 【特撮】ウルトラマンマックス | 【特撮】ウルトラマンメビウス | 【特撮】仮面ライダー000 | 【特撮】仮面ライダーW | 【特撮】仮面ライダーウィザード | 【特撮】仮面ライダーカブト | 【特撮】仮面ライダーディケイド | 【特撮】仮面ライダーフォーゼ | 【特撮】仮面ライダー響鬼 | 【特撮】全般 | 【特撮】生物彗星 Woo | 【読書】1996年の読書遍歴 | 【読書】1997年の読書遍歴 | 【読書】1998年の読書遍歴 | 【読書】1999年の読書遍歴 | 【読書】2000年の読書遍歴 | 【読書】2001年の読書遍歴 | 【読書】2002年の読書遍歴 | 【読書】2003年の読書遍歴 | 【読書】2004年の読書遍歴 | 【読書】2005年の読書遍歴 | 【読書】2006年の読書遍歴 | 【読書】2007年の読書遍歴 | 【読書】2008年の読書遍歴 | 【読書】2009年の読書遍歴 | 【読書】2010年の読書遍歴 | 【読書】2011年の読書遍歴 | 【読書】2012年の読書遍歴 | 【読書】作家別未分類 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | ゲーム | コネタマ | パソコン・インターネット | ワーカホリックなSE生活 | 創作掌編 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 音楽

他のアカウント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

★★★★