【作家】松本清張

2009/12/27

『松本清張短編全集06 青春の彷徨』 (松本清張) 感想

「喪失」「市長の死」「青春の彷徨」「弱味」「ひとりの武将」「捜査圏外の条件」「地方紙を買う女」「廃物」「運慶」

「青春の彷徨」 美しく死のうだなんて、虫がいいのではないかと思われる。
「地方紙を買う女」 新聞の直接購読というのは、まだあるのだろうか?ネットで検索するのでは、これだけのドラマにはならないであろう。

『松本清張短編全集04 殺意』 (松本清張) 感想

「殺意」「白い闇」「蓆」「箱根心中」「疵」「通訳」「柳生一族」「笛壺」

「箱根心中」 ふたりの男女の心の動きが面白い。心中に至る心理というのが、どうにも理解できぬのであるが、このようなことであれば、あり得るのかもしれぬと思う。
「通訳」 史実にはけっして記されぬであろう、こういった事柄を読むのが好きである。史実とは、「言語渋訥」なものなのである。

2009/04/11

『張込み 松本清張短編全集3』 (松本清張) 感想

表題作は作者の<推理小説への出発点>とされているらしい。ミステリというよりは巧みな心理劇の体裁で興味深く、女の台詞が1行もないのが、緊迫感があってよい。また、杉田久女に材をとった「菊枕」が面白いと思った。こういう佳編も、もしかすると時代の波に飲まれて読むことができなくなったりするのであろうか?それとも、昔の価値観を類推する好資料として残るのであろうか?妙な心配かもしれないのだが、どうだろう?「断碑」、「石の骨」、「父系の指」と理由はともかくとして報われない者を主に据えたものが続いて読んでいてつらくなる。特に「父系の指」は自伝的作品だそうだが、事実関係の虚実よりもこれらが作者のどのような心理を反映して作品化されたのかと読みながら考え込んでしまった。(2002/10)

『青のある断層 松本清張短編小説全集2』 (松本清張) 感想

続いての第2巻。8月末のみ2冊同時刊行であとは毎月1冊ずつ出るようである。あとがきにもあるように地道な作品が多い。
表題作の「青のある断層」は、ある才能の枯渇した画家をテーマにしているが、さてその執筆時に念頭にあった<作家>とは誰のことなのか?こういう横道を考えるのがぼくとしてはたいそう面白いのだが、やはり読み方としては邪道の部類なのかな?
この巻も「権妻」、「梟示抄」、「酒井の刃傷」、「面貌」、「山師」、「特技」とほぼすべて歴史小説の体裁である。何というか味わい深い作品が多くて好みである。変な言い方だけれど、「面貌」なんかは伏せられたままで井沢元彦の新作だと言われればそうかなと思ってしまいそうだ。清張に連なる歴史ミステリの研究なんていうものもやってみると面白いかもしれないな。清張ミステリといったものをはじめから読んでみるつもりではじめた購読であるが、これが意外な収穫というか嬉しいことである。しかし、ということはこれらの短編をほとんど時系列に読んでいくことで社会派と称される清張ミステリへとどのあたりから変貌を遂げていくことになるのかということも、興味のひとつに加えられたということである。(2002/09)

『西郷札 松本清張短編小説全集1』 (松本清張) 感想

カッパノベルズ版は、没後10年記念企画復刻版。デビュー時から昭和37年までに発表された主要短編を網羅、全11巻。
松本清張はほとんど読んだことがないなと思っている。こういうものが復刻出版されるのはよい機会であるからほぼ時系列に読むことができてありがたい。しかし、読んだことがないと書いたが、知っている話は沢山あるのだ。購入するにあたって他の複数の出版社で出ている短編集の目次を追ってみたのだが、題名におぼえがあるもの、さらにはストーリーに記憶のあるものも多々ある。TVドラマや映画で見知ったのであろう。例えば第1巻に入っている「火の記憶」などは今年の1月にNHKアーカイブスという番組で再放送したのを見たところだ。まあ、知っている話だからといって興がそがれるかといえば、そんなことはまったくない。むしろ記憶を辿るのが面白いくらいである。
第1巻に収められた作品は、歴史をテーマにしたもの、あるいは歴史小説の味わいを持つものが多い。「西郷札」、「或る「小倉日記」伝」、「啾々吟」、「戦国権謀」、「白梅の香」がそうである。なるほど、松本清張作品の出発点というのはこういうところにあったのだな、と思いながら読むことができてたいそう興味深いものであった。(2002/09)

その他のカテゴリー

DVD | 【アニメ】その他 | 【アニメ】ブラック・ジャック | 【コミック】その他 | 【ドラマ】その他 | 【ドラマ】必殺 | 【作家】H.P.ラヴクラフト | 【作家】R・D・ウィングフィールド | 【作家】かんべむさし | 【作家】はやみねかおる | 【作家】エドガー・ライス・バロウズ | 【作家】エドモンド・ハミルトン | 【作家】グラハム・ハンコック | 【作家】コナン・ドイル | 【作家】ジョイ・フィールディング | 【作家】ジョン・ダニング | 【作家】ジーン・リューイック | 【作家】スタンリイ・エリン | 【作家】スティーブン・バクスター | 【作家】ダニエル・キイス | 【作家】テッド・チャン | 【作家】ディーン・R・クーンツ | 【作家】トマス・H・クック | 【作家】ドロシー・ギルマン | 【作家】ハンス・ベンマン | 【作家】パトリック・ジュースキント | 【作家】フィリップ・ワイリー | 【作家】ブリジット・オベール | 【作家】ペネロピー・エヴァンズ | 【作家】モーリス・ルブラン | 【作家】リチャード・プレストン | 【作家】レイモンド・チャンドラー | 【作家】レイ・ブラッドベリ | 【作家】ロス・トーマス | 【作家】ロバート・B・パーカー | 【作家】ロバート・R・マキャモン | 【作家】ロバート・ゴダード | 【作家】三上延 | 【作家】三崎亜記 | 【作家】中山市朗 | 【作家】乃南アサ | 【作家】久世光彦 | 【作家】乙一 | 【作家】乙川優三郎 | 【作家】乾くるみ | 【作家】五十嵐均 | 【作家】井上雅彦 | 【作家】井沢元彦 | 【作家】京極夏彦 | 【作家】伊坂幸太郎 | 【作家】出久根達郎 | 【作家】加納朋子 | 【作家】北原亞以子 | 【作家】北川歩実 | 【作家】北村薫 | 【作家】北野勇作 | 【作家】半村良 | 【作家】吉村達也 | 【作家】多岐川恭 | 【作家】夢枕獏 | 【作家】宇江佐真理 | 【作家】宮部みゆき | 【作家】小川洋子 | 【作家】小松左京 | 【作家】小林信彦 | 【作家】小林泰三 | 【作家】小野不由美 | 【作家】山本周五郎 | 【作家】山田正紀 | 【作家】島田荘司 | 【作家】川端裕人 | 【作家】平井和正 | 【作家】平岩弓枝 | 【作家】広瀬正 | 【作家】志水辰夫 | 【作家】恩田陸 | 【作家】新井素子 | 【作家】日下三蔵 | 【作家】明野照葉 | 【作家】木原浩勝 | 【作家】朱川湊人 | 【作家】村上龍 | 【作家】村田基 | 【作家】東野圭吾 | 【作家】松本清張 | 【作家】柴田錬三郎 | 【作家】栗本薫 | 【作家】梨木香歩 | 【作家】梶尾真治 | 【作家】森博嗣 | 【作家】横山秀夫 | 【作家】横溝正史 | 【作家】氷室冴子 | 【作家】江國香織 | 【作家】江戸川乱歩 | 【作家】池波正太郎 | 【作家】浅田次郎 | 【作家】浦賀和宏 | 【作家】清水義範 | 【作家】清涼院流水 | 【作家】澤木喬 | 【作家】瀬名秀明 | 【作家】田中芳樹 | 【作家】田島照久 | 【作家】皆川博子 | 【作家】眉村卓 | 【作家】福井晴敏 | 【作家】筒井康隆 | 【作家】篠田節子 | 【作家】米澤穂信 | 【作家】綾辻行人 | 【作家】草上仁 | 【作家】荻原浩 | 【作家】薄井ゆうじ | 【作家】藤堂志津子 | 【作家】藤木稟 | 【作家】藤本ひとみ | 【作家】藤沢周平 | 【作家】藤田宜永 | 【作家】西澤保彦 | 【作家】谷甲州 | 【作家】貫井徳郎 | 【作家】貴志裕介 | 【作家】赤木かん子 | 【作家】酒見賢一 | 【作家】野田昌宏 | 【作家】鈴木光司 | 【作家】長岡弘樹 | 【作家】阿刀田高 | 【作家】高橋克彦 | 【作家】高橋留美子 | 【作家】高田祟史 | 【作家】高田郁 | 【作家】J・K・ローリング | 【映画】その他 | 【漫画家】あだち充 | 【漫画家】グレゴリ青山 | 【漫画家】今市子 | 【漫画家】吾妻ひでお | 【漫画家】大和和紀 | 【漫画家】大和田秀樹 | 【漫画家】安彦良和 | 【漫画家】川原泉 | 【漫画家】日渡早紀 | 【漫画家】明智抄 | 【漫画家】末次由紀 | 【漫画家】杉浦日向子 | 【漫画家】村枝賢一 | 【漫画家】松本零士 | 【漫画家】柳沼行 | 【漫画家】桑田次郎 | 【漫画家】業田良家 | 【漫画家】横山光輝 | 【漫画家】水木しげる | 【漫画家】真船一雄 | 【漫画家】秋月りす | 【漫画家】荒川弘 | 【漫画家】萩原一至 | 【漫画家】藤子・F・不二雄 | 【漫画家】高屋良樹 | 【漫画家】高田裕三 | 【漫画家】魔夜峰央 | 【特撮】その他ウルトラシリーズ | 【特撮】ウルトラマンネクサス | 【特撮】ウルトラマンマックス | 【特撮】ウルトラマンメビウス | 【特撮】仮面ライダー000 | 【特撮】仮面ライダーW | 【特撮】仮面ライダーウィザード | 【特撮】仮面ライダーカブト | 【特撮】仮面ライダーディケイド | 【特撮】仮面ライダーフォーゼ | 【特撮】仮面ライダー響鬼 | 【特撮】全般 | 【特撮】生物彗星 Woo | 【読書】1996年の読書遍歴 | 【読書】1997年の読書遍歴 | 【読書】1998年の読書遍歴 | 【読書】1999年の読書遍歴 | 【読書】2000年の読書遍歴 | 【読書】2001年の読書遍歴 | 【読書】2002年の読書遍歴 | 【読書】2003年の読書遍歴 | 【読書】2004年の読書遍歴 | 【読書】2005年の読書遍歴 | 【読書】2006年の読書遍歴 | 【読書】2007年の読書遍歴 | 【読書】2008年の読書遍歴 | 【読書】2009年の読書遍歴 | 【読書】2010年の読書遍歴 | 【読書】2011年の読書遍歴 | 【読書】2012年の読書遍歴 | 【読書】作家別未分類 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | ゲーム | コネタマ | パソコン・インターネット | ワーカホリックなSE生活 | 創作掌編 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 音楽

他のアカウント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

★★★★