【アニメ】その他

2012/12/24

『映画けいおん!』 は関西では放映しないのかな

21日の夜に会社のいつものメンバでカラオケに行った以外は、クリスマスイブを含んだ3連休ですが部屋でボーっとしております。
TVの特番をもうちょっと分散して放映してくれるとよいのですがね。例えば、今夜など『映画けいおん!』明石家サンタと放映時間がかぶっておるわけですが、どっちを見ようか?・・・って、いい大人なんだから、そんなの見てないで、とっとと寝ろよというごもっともな意見があちこちから聞こえてきそうな気が。
それにしても、『映画けいおん!』の地上波放映は、関西のMBSではないのでしょうか?

写真の上は、伊藤園のお茶についていた『けいおん!』のミニフィギュアです。下は、田園都市線たまプラーザ駅のクリスマスツリー。買い物に出たついでに撮影してみました。

201212241


201212242

2012/02/12

『ちびまる子ちゃん応援ありがとう!ついに放送1000回1時間スペシャル! わたしの生まれた日』 感想

『ちびまる子ちゃん』のアニメも1000回か。ちょうど就職した頃にアニメが始まったんだったか?調べてみたら1990年1月~ってなってる。原作は、それより前から読んでおったなあ。
1000回記念だから、終始いい感じの話になってる。さすがに、今回はまる子も怒られたりはしないのだな。
それにしても、いまさらだけど、昭和40年生まれって・・・まる子はオレよりひとつ年上なんだよな。

2011/12/31

けいおん!! 憂特製 年越しそば

今年の年越しそばは、ローソンの「けいおん!!憂特製 年越しそば」を食べました(笑) 絵馬が付録についている以外は、ごくふつうのおいしい年越しそばでした。むしろ、スーパーで海老の天ぷらを買うよりは、油っぽくなくてよかったかもしれない。しかし、こういうのを予約して一家4人で食べているうちの家族っていったい(笑)。
Photo
Photo_2


『けいおん!』 感想

仮面ライダーの映画を観てから、そのまま『けいおん!』の映画を観ていたオレっていったい・・・・・・。
他に時間がとれそうな日がなかったので、12月18日に続けて観てしましました。えーと、これは、唯たち4人が卒業する直前の、卒業旅行の話なわけですね。いつもながらのテイストで楽しめました。CMで音楽性がどうのこうのと言っていたのは、きっと釣りだろうと思っていたら、やっぱり釣りでした(笑) よくわからんが、高校卒業の卒業旅行でヨーロッパに行ってしまうのは、最近ではふつうなんでしょうか?5人とも、行くことに決めてしまってから家族に相談していたようだけれど。おお。家族といえば唯の両親を初めて見たような気がするけど気のせいか?TVで出てきたか?さすがは映画だなあ(笑) あと、このアニメでよいのは、やっぱりライブのシーンだと思うのだよ。イギリスでの演奏シーンより、登校日の教室でのシーンのほうがよかった。あのほうが『けいおん!』らしいよね。
それと、ちょっと驚いたのだが、映画館の観客はかなりの数が高校生くらいの女の子が多かったこと。こういうアニメは男子中学生・高校生が主に観ているんだと思っていたのだけれど、女の子にもファンが多いのだねえ。


2011/09/24

神戸 長田で鉄人28号を見る

子供たちのリクエストでKOBE三国志ガーデンというところにいく。最近、下の息子は横山光輝の『三国志』を何度も読み返すほどのマニアと化しているのである。三国志の名シーンの数々をジオラマで再現したジオラマ館は圧巻であった。当然であるが撮影は禁止されているので、残念ながら画像はなしである。ついでに、鉄人28号のモニュメントも、やっと見てきたので、そちらをどうぞ。
第5回の三国志祭は10月9日~10日だそうだが、はたして休めるだろうか・・・・・・。
20110924_1

20110924_2


2010/12/19

pepsi NEX Gundam BE@RBRICK を集める

12月半ばからpepsi NEXでガンダムのBE@RBRICKがついてくるキャンペーンやっていますね。とりあえず、ひとつだけ買おうと思ったのですが、もちろんひとつで済むはずもなく・・・。

NO4 ドム
NO5 シャア専用ザク
NO6 量産型ザク
NO7 グフ
NO10 シャア専用ゲルググ
NO13 シャア・アズナブル
NO14 セイラ・マス

と集めました。しかし、シャア専用のザクとゲルググは、画像からではほぼ見分けがつかないな。ほんとは目のあたりが違うのだが。まるで、キャラの描き分けができてない、昔の少女漫画のようじゃあないか。

あと9種類か・・・道は遠いな(笑)

201012191

2010/11/08

『アマガミSS 第18話 テツダイ』 に「百忍通意」の掛け軸が

このあいだアマガミSSを見ていたら、茶道部の部室のシーンで掛け軸に「百忍通意」と入っていた。「ひたすらに耐え忍べば、必ず意は通じる」という意味でしたね。『エースをねらえ!』で桂コーチの自室にかかっていたのが、この文字でした。
しかし、このアニメの場合、いったい何を耐え忍ぶと、どんな意志が通じるっていうのでしょう(笑) そういえば、ニョーボが、女の子は何回かごとに変わるのに、男の子は<全部同じような顔に見える>のはなぜか、って真面目に質問していましたよ……。少なくても、そういうことで、この主人公が何かに耐え忍んでいるようには、まったく見えませんよね(笑)。

西崎義展さんの訃報

西崎義展さんの訃報にふれる。
『宇宙戦艦ヤマト』たいへん楽しませていただきました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。



2010/07/20

『劇場版ポケットモンスター 幻影の覇者ゾロアーク』 感想

子供たちにつきあって、劇場版ポケットモンスター 幻影の覇者ゾロアークを観てきました。
幻影を操るポケモン・ゾロアークをめぐる冒険。今回のストーリーは、なかなか素直な感じで楽しめましたよ。でも、ロケット団のふたりがストーリーにほとんど絡まなかったので、そこは残念かも。で、劇場でダウンロードできるのは、この新しいポケモンなのかと思っていたら、そうではなくてセレビィなんですね。なるほど。このセレヴィを使うとブラック・ホワイトでゾオロアークとゾロアがダウンロードできるのか。だんだん仕掛けが複雑になっていくなあ。

ところで、横にいたカップルが、ストーリーのまったく中途で帰ってしまったのが気になる。そもそも、偏見かもしれないが、デートで若い男女が観るような映画じゃないのだがな。なかなか楽しい映画だったので、どうしてなんだろうと、疑問符が頭に残ったままになりました。



2010/05/17

『クレヨンしんちゃん 超時空 嵐を呼ぶ! オラの花嫁』 感想

というわけで、今年もクレしんを観てきました。クレヨンしんちゃん 超時空 嵐を呼ぶ! オラの花嫁です。
何かまた冗談なのかと思っておったら、今回はなかなかにシリアスな展開。『ブレード・ランナー』だか『ターミネーター』みたいな暗黒の未来からやって来たのは、しんのすけの婚約者を名乗るタミコ。石化されてしまった未来のしんのすけを救うには、5歳のしんちゃんのおばかパワーが必要だというが……。
隕石群により壊滅した首都に代わって栄えるネオトキオ。しかし、その横にはもとの春日部がスラム化している。禿げたヒロシ。超太ったミサエ。漫画家への夢やぶれコンビニの店長をやっているマサオ。やる気のない飲んだくれの保母ネネ。大会社でへいこらしている風間くん。もうね、なんだか夢も希望もない状況。これ、ほんとうに子供映画か(笑)?大丈夫なのか?
それで、この暗黒を切り開けるのが、おばかパワーというわけですな。子供のしんちゃんが活躍する分、大人のしんのすけはほとんど登場しない。夢や希望を忘れない大人になれよというメッセージが、この話にはもちろん込められているのですよ。大人ネネちゃんが言うように、「現実はリアルおままごとより悲惨」だけれど、だからこそ忘れてはならないものがあるんです。

その他のカテゴリー

DVD | 【アニメ】その他 | 【アニメ】ブラック・ジャック | 【コミック】その他 | 【ドラマ】その他 | 【ドラマ】必殺 | 【作家】H.P.ラヴクラフト | 【作家】R・D・ウィングフィールド | 【作家】かんべむさし | 【作家】はやみねかおる | 【作家】エドガー・ライス・バロウズ | 【作家】エドモンド・ハミルトン | 【作家】グラハム・ハンコック | 【作家】コナン・ドイル | 【作家】ジョイ・フィールディング | 【作家】ジョン・ダニング | 【作家】ジーン・リューイック | 【作家】スタンリイ・エリン | 【作家】スティーブン・バクスター | 【作家】ダニエル・キイス | 【作家】テッド・チャン | 【作家】ディーン・R・クーンツ | 【作家】トマス・H・クック | 【作家】ドロシー・ギルマン | 【作家】ハンス・ベンマン | 【作家】パトリック・ジュースキント | 【作家】フィリップ・ワイリー | 【作家】ブリジット・オベール | 【作家】ペネロピー・エヴァンズ | 【作家】モーリス・ルブラン | 【作家】リチャード・プレストン | 【作家】レイモンド・チャンドラー | 【作家】レイ・ブラッドベリ | 【作家】ロス・トーマス | 【作家】ロバート・B・パーカー | 【作家】ロバート・R・マキャモン | 【作家】ロバート・ゴダード | 【作家】三上延 | 【作家】三崎亜記 | 【作家】中山市朗 | 【作家】乃南アサ | 【作家】久世光彦 | 【作家】乙一 | 【作家】乙川優三郎 | 【作家】乾くるみ | 【作家】五十嵐均 | 【作家】井上雅彦 | 【作家】井沢元彦 | 【作家】京極夏彦 | 【作家】伊坂幸太郎 | 【作家】出久根達郎 | 【作家】加納朋子 | 【作家】北原亞以子 | 【作家】北川歩実 | 【作家】北村薫 | 【作家】北野勇作 | 【作家】半村良 | 【作家】吉村達也 | 【作家】多岐川恭 | 【作家】夢枕獏 | 【作家】宇江佐真理 | 【作家】宮部みゆき | 【作家】小川洋子 | 【作家】小松左京 | 【作家】小林信彦 | 【作家】小林泰三 | 【作家】小野不由美 | 【作家】山本周五郎 | 【作家】山田正紀 | 【作家】島田荘司 | 【作家】川端裕人 | 【作家】平井和正 | 【作家】平岩弓枝 | 【作家】広瀬正 | 【作家】志水辰夫 | 【作家】恩田陸 | 【作家】新井素子 | 【作家】日下三蔵 | 【作家】明野照葉 | 【作家】木原浩勝 | 【作家】朱川湊人 | 【作家】村上龍 | 【作家】村田基 | 【作家】東野圭吾 | 【作家】松本清張 | 【作家】柴田錬三郎 | 【作家】栗本薫 | 【作家】梨木香歩 | 【作家】梶尾真治 | 【作家】森博嗣 | 【作家】横山秀夫 | 【作家】横溝正史 | 【作家】氷室冴子 | 【作家】江國香織 | 【作家】江戸川乱歩 | 【作家】池波正太郎 | 【作家】浅田次郎 | 【作家】浦賀和宏 | 【作家】清水義範 | 【作家】清涼院流水 | 【作家】澤木喬 | 【作家】瀬名秀明 | 【作家】田中芳樹 | 【作家】田島照久 | 【作家】皆川博子 | 【作家】眉村卓 | 【作家】福井晴敏 | 【作家】筒井康隆 | 【作家】篠田節子 | 【作家】米澤穂信 | 【作家】綾辻行人 | 【作家】草上仁 | 【作家】荻原浩 | 【作家】薄井ゆうじ | 【作家】藤堂志津子 | 【作家】藤木稟 | 【作家】藤本ひとみ | 【作家】藤沢周平 | 【作家】藤田宜永 | 【作家】西澤保彦 | 【作家】谷甲州 | 【作家】貫井徳郎 | 【作家】貴志裕介 | 【作家】赤木かん子 | 【作家】酒見賢一 | 【作家】野田昌宏 | 【作家】鈴木光司 | 【作家】長岡弘樹 | 【作家】阿刀田高 | 【作家】高橋克彦 | 【作家】高橋留美子 | 【作家】高田祟史 | 【作家】高田郁 | 【作家】J・K・ローリング | 【映画】その他 | 【漫画家】あだち充 | 【漫画家】グレゴリ青山 | 【漫画家】今市子 | 【漫画家】吾妻ひでお | 【漫画家】大和和紀 | 【漫画家】大和田秀樹 | 【漫画家】安彦良和 | 【漫画家】川原泉 | 【漫画家】日渡早紀 | 【漫画家】明智抄 | 【漫画家】末次由紀 | 【漫画家】杉浦日向子 | 【漫画家】村枝賢一 | 【漫画家】松本零士 | 【漫画家】柳沼行 | 【漫画家】桑田次郎 | 【漫画家】業田良家 | 【漫画家】横山光輝 | 【漫画家】水木しげる | 【漫画家】真船一雄 | 【漫画家】秋月りす | 【漫画家】荒川弘 | 【漫画家】萩原一至 | 【漫画家】藤子・F・不二雄 | 【漫画家】高屋良樹 | 【漫画家】高田裕三 | 【漫画家】魔夜峰央 | 【特撮】その他ウルトラシリーズ | 【特撮】ウルトラマンネクサス | 【特撮】ウルトラマンマックス | 【特撮】ウルトラマンメビウス | 【特撮】仮面ライダー000 | 【特撮】仮面ライダーW | 【特撮】仮面ライダーウィザード | 【特撮】仮面ライダーカブト | 【特撮】仮面ライダーディケイド | 【特撮】仮面ライダーフォーゼ | 【特撮】仮面ライダー響鬼 | 【特撮】全般 | 【特撮】生物彗星 Woo | 【読書】1996年の読書遍歴 | 【読書】1997年の読書遍歴 | 【読書】1998年の読書遍歴 | 【読書】1999年の読書遍歴 | 【読書】2000年の読書遍歴 | 【読書】2001年の読書遍歴 | 【読書】2002年の読書遍歴 | 【読書】2003年の読書遍歴 | 【読書】2004年の読書遍歴 | 【読書】2005年の読書遍歴 | 【読書】2006年の読書遍歴 | 【読書】2007年の読書遍歴 | 【読書】2008年の読書遍歴 | 【読書】2009年の読書遍歴 | 【読書】2010年の読書遍歴 | 【読書】2011年の読書遍歴 | 【読書】2012年の読書遍歴 | 【読書】作家別未分類 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | ゲーム | コネタマ | パソコン・インターネット | ワーカホリックなSE生活 | 創作掌編 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 音楽

他のアカウント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

★★★★