2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

カテゴリー「【特撮】仮面ライダーフォーゼ」の13件の記事

2012/12/09

『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』 感想

『仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』を観てきました。
恒例化してきた過去作品からのキャラクターたちですが、今回の敵はザビタン・イビル・ガブラ・・・じゃなくて、ザタン・イール・ガーラのアクマイザー3。悪魔族を裏切って正義の味方だったオリジナルが好きなので、前回のキョーダインと同じく、敵として出てくると複雑な思いがありますね。そして、怪人同盟にイナズマン、ポワトリンと、今回も豪華です。原作に近い造形のイナズマンは、ちょっと怖い感じですな(笑)。せっかくだから、逆転チェストをもっと大がかりに使ってほしかった。無敵の技なのにもったいない。
物語が5年後から始まって、弦太朗が教師になっていて、まずは驚きます。ライダー部の面々は、なるほどね、という職業に皆就いている。作家になった友子からオカルト風味が抜けていて綺麗です(笑)。著書の『夢の少女と魔法の指輪』は、ちょっと読んでみたいかも。流星が「一気に読んだ」と言っていたが、彼にそういう本を読む趣味があるとは、あんまり思えない。愛の力は偉大ですな。あと、フォーゼ編では、撫子の復活と宇津木先生の活躍がうれしかったですね。ウィザード編では、ポワトリン世界での戦い。ウィザードは現在進行形なわけで、どうやって繋げるのかと問うまでもなく映画ではこれも毎度の時間ものになってます。あの写真はSFに言う<存在の環>というわけです。まあ、正直最初は、またかよ、と思ってしまったわけですが、ウィザードならではの仕掛けが効いていて魅せてくれます。特に、ラストのオチには驚愕しました。ディケイドがショッカー首領だったのに匹敵するショックでしたね(笑)。

2012/08/06

『仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!/特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!』 感想

『仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!/特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!』観てきました。

ゴーバスターズの方は、いつものTVシリーズの延長上の感じですね。FS-00 フロッグがなかなか可愛かったので、レギュラーにすればよいのにと思いましたが、水中戦闘用では使い所が難しいか、というかバディロイドの声が辻希美では、限定にせざるをえないか(笑)。敵メガゾードのタイプε(イプシロン)って、前に設計図を奪われたあれですか?満を持して登場してエンターまで乗り込んだわりには、いやにあっさりやられてしまいましたが、どういう位置づけなんでしょう。と思ったらパンフに書いてあったよ。ベースはBC-04ビートルなのね。エンター氏は、いつもの戦隊物の怪物的なキャラではなく人間タイプ(まあ、アバターなんだが)ということや、妙なフランス語もいい感じなので、ぜひ今後にも期待したいところなんですがね。

フォーゼは、なんといっても時系列が気になった。これはTVシリーズ最終話以降の話なんだろうか?ホロスコープス・スイッチが12個揃っていたり、29-30話のハルがすでに退院してたりするのだよね。でも、ハルの彼女の蘭はこれがライダー部初めての仕事だと言ってる。ええと、それだと今週からのビスケス編とつじつまが合うのかいな??まあ、そこを除いては、フォーゼの集大成として、とてもいい感じの映画でした。ムービー大戦に見られるお祭りものではなくて、フォーゼのテーマである友情と宇宙がきちんと前面に押し出されていましたね。
戦闘シーンは12使徒すべてとフォーゼ・メテオのダブルライダーが、これでもかとすべての武器を使ってのシーンがいい感じでした。TVシリーズで観た時は違和感のあったスイッチも、こうして連続で使うととてもさまになっている。敵が宇宙鉄人キョーダイン、しかもグランダイン・スカイダインで兄妹ってのが古参特撮ファンとしては微妙といえば微妙ですけれどね。キョーダインは正義の味方なんだよ、と声を大にしたいな(笑)。純粋に楽しむために、あえて前もって雑誌とか読まないようにしてるのですが、衛星兵器エックスブイツー(ここはあえてカタカナで)がアレだったとは驚きましたよ。映画を観ている小学生くらいまでの子供たちのお父さんにはピンとこなかったのではないですか(笑)
また、原幹恵さん演じるインガ・ブリンクがクールな感じで最高。『キューティーハニイ the live』の印象しかなかったんですが、この方がだんぜん決まってます。流星、ほんとに友子のほうでいいのか?って思ったのだが、ラストあたり何も言わないでちょっとすねてみせるだけの友子に好感度アップでしたね。ここは友子で正解なんでしょう。
そして、恒例の新ライダーお披露目でウィザード登場。これは意外に正統派に近いかも、と思いましたよ。コピー4人でのライダーキックはすばらしかったです。
最後に、新フォーム メテオフュージョンステイツ。これの変身プロセスが泣けましたね。フォーゼは友情の物語なのだなあ、と再認識しました。ただ、ビジュアルになんだか既視感があって、なんだろうと考えておったのですが、体が紫色なウルトラマンサーガですね(笑) いや、見比べてみると全然違うのですが、あんまり紫色のヒーローってこれまではいなかったような気がします。キングくらいか?今年はどうしてウルトラマンも仮面ライダーも最終形態が紫色なんでしょう?偶然にしても面白い符合だと思います。



2012/05/14

『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』 感想

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦
公開も終盤になりましたが、駆け込みで観てきました。大ショッカー対大ザンギャック、そしてその首領はディケイドとマーベラス。要するに、ディケイドとゴーカイジャーという、いわばお祭り企画をふたつ掛けあわせたグランドフィナーレのようなものか、と思って観にいったのですが・・・・・・。
ストーリーは、もはやあってなきがごとし、ですね。というか、いい意味でストーリーはない(笑)。楽しめればそれでよいかと思います。現在のTVシリーズの主人公であるフォーゼもゴーバスターズも添え物にしかすぎないのだなあ。おそるべし、ディケイドにマーベラス。
個人的には、ヒロインが比奈ちゃんで、あいかわらず怪力を発揮していたのが良かったです。もう、それだけでほぼ満足かも。
あと、気になった点を列挙すれば、ウラタロスがどこかのイエローを口説いていたが、あれはなんなんだ?とか、ライダーハンター・シルバが、ライダー粒子・戦隊粒子ともにゼロとか言っておったが、その時、ハカセはしっかり物陰にいたわけだなあ、ゴーカイグリーンの立場っていったい・・・とか、そういえば、ジョーも「これ以上仲間を失いたくない」とか言っておったが、マーベラス除けば、ハカセしかいない状況だったような(笑)、とか、Blackが「やめろ、ノブヒコ」と叫んでいたな、とか、まあ楽しかったです(笑)


2011/12/31

『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX』 感想

12月18日に『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX』を観てきました。
オーズ編とフォーゼ編を軸にして、昭和ライダーたち・ダブルのふたりが絡み合う、なかなか見応えがあるストーリーでした。ただ、このところずっと物語の謎部分にタイムスリップとかタイムトラベルをもってくるのは、ちょっと食傷しております。まあ、そういう意味では今回はなでしこの謎のほうがメインといえばメインだったので、そこのところはいい感じだったかも。
このストーリーだと、昭和ライダーたちを無理に出演させる必要はなかったのではないでしょうか?まあ、それぞれの必殺技を堪能できたのはうれしかったのですが、逆に添え物的になってしまっていて不満です。フォーゼ・オーズ・ダブルに絞ってよかったのではないかと思いますよ。むしろ、仮面ライダー・ジョーカーを再び見ることができたのが、よかった部分です。
ゲストライダーのポセイドンのサメ・クジラ・オオカミウオってのがわからん(笑)。この場合、クジラはありということでいいのか?とかオオカミウオって何だ?とか・・・仮面ライダー・アクアの葛藤の部分が、いい感じだっただけにもう少し時間をとって欲しかったと思います。それに、アンク復活の謎の部分や、伊達・後藤のダブル・バースも、かなりあっさり流されてしまっております。もうちょっと情感があってもよかったのではないか、と思うんですよ。
まあ、つまるところ、ダブルもオーズもメインではないわけで、それは現主人公のフォーゼなわけですね。弦太朗と撫子という、仮面ライダー的にはあまり今までなかった陽性の恋模様を描きながらも、そこはやっぱりライダーなわけで、悲恋ではあるのだな。悲恋でふたりともライダーで、っていうと龍騎とファムを思い出してみたり。しかし、あんなに深刻にならないのがフォーゼで、そこがいいところなんだろうな。ふたりの愛の完成形はロケットステイツでダブルロケットドリルキックなわけだ。
TVシリーズでは、映画終盤に登場したメテオもすでに登場し、物語の謎の一旦がやっと見え始めましたね。どうも多忙にかまけさぼりがちですが、また感想を上げようかな・・・。

2011/10/24

『仮面ライダーフォーゼ 第8話 鉄・騎・連・携』 感想

『仮面ライダーフォーゼ 第8話 鉄・騎・連・携』 を観ました。

前回の引きから無傷なふたり(笑)
「美羽が、誰かのためにあんなに懸命になるのなんか見たことない…」から助けるのだな。それが隼の意志。「父の教え」を守るか逆らうかというのが、今回のあれなようだが、まあ、要するにそんなのは関係ない。本人次第ということになるのだろう。「仮面ライダー部は充実だ」でいいのか?充実してるのかいな?月面で「もう一度つきあわないか」と隼は美羽に告白するもあっさり玉砕。まあ、そうなると本人も自覚していたようだから、これは一種の儀式なわけだな。けじめ、です。
さて、予告でちらっと出てたあれはファイアーステイツですか?7形態になると、レインボーマンだなと思うのはぼくだけか?だいたい、ライダー部が7人なのがあやしい。ある意味、『7人のオタク』に見えるのだが・・・

2011/10/17

『仮面ライダーフォーゼ 第7話 王・様・野・郎』 感想

『仮面ライダーフォーゼ 第7話 王・様・野・郎』 を観ました。

高校生にもなって、「反省」って1000回書く補習授業って、なんなんだろうな(笑)。「天高のキングである俺が不愉快に思うものは学園にあってはならない」ってキングのセリフ、高校生のメンタリティとしていかがなものかと思うよ。アメフトのボールでフォーゼのスイッチ切るとかできるんだから、アメフトの実力は本物なんだろうに、なんなんだろうなあ。単に、美羽をライダー部に取られて、すねてるだけの行動に思える。きっと、後編では、キングはクイーンといっしょにいないと、とかの理屈でライダー部に入部するような気が・・・・・・。

2011/10/09

『仮面ライダーフォーゼ 第6話 電・撃・一・途』 感想

『仮面ライダーフォーゼ 第6話 電・撃・一・途』 を観ました。
友情は暑苦しいかね・・・。一人でも友達が来たら許してやる、ってのがイヤだな。なんというか、来なかったから友達じゃないってことにはならんだろ?とか思ってしまうのだよ。いやまあ、しかしジェイクだからなあ。「ねじくれてひん曲がった部分も含めて受け入れる」って言葉ではなんとでも言えるわけだが、弦太朗ならやってしまいそうだな。「あれが弦太朗」クイーン、わかっておるなあ。すっかり最大の理解者になっている(笑)
「ねじくれてひん曲がった部分も含めて受け入れる」はエレキステイツに繋がっておったか。武器の名前がビリーザロッド(笑) ビリビリするロッドだからか?あれは、やっぱりビリー・ザ・キッドとかけておるのか?そして技は「ライダー100億ボルトブレイク」。なんというか、そのまんまでひねりなし。ひねりがないところが、弦太朗なんだろうな。

2011/10/03

『仮面ライダーフォーゼ 第5話 友・情・表・裏』 感想

『仮面ライダーフォーゼ 第5話 友・情・表・裏』 を観ました。

「男の中の男」って、ずいぶん格上げされたものだな、弦太朗。美羽はすっかりライダー部の(自称)部長だし、ユウキは嬉々として部長命令に従っておるし、いったいどうなるのだ?
学園内でパーティというから、プロムのようなのを想像していたのだが、これでは単なる馬鹿騒ぎ。少なくても、先生を招待するようなものではないと思う。そして、パーティに紛れて弦太朗からスイッチを奪う・・・どうも話の方向性が見えないぞ。このJKというのは何を考えておるのだ?
今回気になったのは、スイッチにはいろいろあるということだな。エレキスイッチは、予告にあったエレキステイツに変身するためのものだろう。ということは、他にもそういうのがあるということだね。
あと、劇場版だな。仮面ライダーなでしこ ううむ、ユウキに変身させてやれよ、と思うのはオレだけなのだろうか?


2011/09/25

『仮面ライダーフォーゼ 第4話 変・幻・暗・躍』 感想

『仮面ライダーフォーゼ 第4話 変・幻・暗・躍』 を観ました。

「クイーンは学園のすべてを知る義務がある」ってなわけで、やはり仮面ライダー部ひとり増員か・・・・・・しかも、あっさりと。まあ、弦太朗も女王様にナイトだと認めてもらえたようだし、なによりです(笑)。こうやって、部員がだんだんに増えていくのだろうか?戦隊ものならばそれもありなんだろうが、ライダーのような基本的に単独のヒーローだとどういう意味が?
しかし、これだけ引っ張ったのだから、ホッピングで決めて欲しかった(笑)。努力するのはいいけれど、月面でホッピングの練習するのは、どういう結果を期待してのことなんだろう?


2011/09/20

『仮面ライダーフォーゼ 第3話 女・王・選・挙』 感想

『仮面ライダーフォーゼ 第3話 女・王・選・挙』 を観ました。

アストロスイッチNo9ホッピングって、本来の用途が何なのか、激しく気になる。そして、装着音の「ホッピング」がなんというか可愛すぎる。あと、どうでもいいのだが、あれをみてハンナ・バーベラの『スーパースリー』を思い出した人はいますか?おれは、思わず「らりほーらりほーらりるれろ。コイルはふとっちょ、ぼよよのよん」と言ってしまいました。そんな方は他に、いませんか。いないのね(涙)。

女王選挙というには体育館に集まった生徒の人数がいやに少ないような気がするのだが、そもそもこの学校は一学年何クラスなんでしょうか?審査方法は何なんだろ?はやぶさコスプレは掟やぶりなのか?チアよりもはやぶさの方が好きなんで、ぜんぜんOKなんだが・・・。