DVD

2008/06/02

『ハルク』 再映画化

インクレディブル・ハルク 8月1日に日本公開とのこと。 先月、前作の『HULK』が980円の廉価DVDで出ていたので買い、やっと今日になって観て、ネットで他の人の感想とか読んでいたら、この記事に遭遇。いったい、何をやってるんだかわからなくなってきたよ……。
さて、かんじんの『HULK』。SFXはもちろん大事なんだけれど、こういう設定にするならもうちょっと話に深みがあったほうが好きですね。フィリップ・ワイリーの『闘士』みたいな設定のくせに、話が大きくなっていくほど陳腐に見えてしまう。説明不足のラストシーンも物足りない感じでした。
映画のDVDを観て思うんだけれど、やっぱりあの『逃亡者』テイストのTVシリーズはよくできていた。あれを超えるようなのをつくってほしいもんです。今年の映画に期待というところか。とりあえずは、でも『超人ハルク オリジナルTV パイロット』をもう一度観てみようかと思ってしまうあたり、ぼくはオールドな人間なんでしょうね。『パイロット』以外も吹替え版で出してほしいもんです。
ついでに『闘士』も読み返したくなったけれど、実家の本棚に眠っている。機会があったら持って帰ってきましょう。

2006/12/13

賞与からの小遣いで買ったもの

仕事上不幸な日々をおくっておるわけですが(笑)、とりあえず賞与からGETした小遣いで、隔週刊 X-FilesのVol38~43まで6冊を購入。これで残り5冊でコンプリートです。とにかく、買ったDVDは見る主義なので、『ウルトラマンレオ』のVol11~13を見たら、こちらに移ります。それでもって、お金が底をつく前に『X-Files』のコンプリートを目指すつもりです。

2006/11/22

DVD ウルトラマンレオ vol11 vol12 vol13 購入

B000GTLFKODVD ウルトラマンレオ Vol.11
特撮(映像)
ビクターエンタテインメント 2006-11-22

by G-Tools
B000GTLFKYDVD ウルトラマンレオ Vol.12
特撮(映像)
ビクターエンタテインメント 2006-11-22

by G-Tools
B000GTLFL8DVD ウルトラマンレオ Vol.13
特撮(映像)
ビクターエンタテインメント 2006-11-22

by G-Tools

これにて13巻すべて購入。支払いがこわいです(笑)
11巻からはMACの壊滅以降のゲンの戦いを描いているのだな。正直に言うと、本放送の時はこの「恐怖の円盤生物」編がなんだか恐ろしくて、まともには見ていない。たぶんキングやアストラの登場する回と最終回しか見てないんじゃなかかと思うのだ。そういう意味でも、見るのを楽しみにしてるんですが、問題はいつその時間をとれるかということです。

2006/10/27

DVD ウルトラマンレオ vol6 vol7 vol8 vol9 vol10 購入

B000GTLFJADVDウルトラマンレオ Vol.6
特撮(映像)
ビクターエンタテインメント 2006-10-27

by G-Tools
B000GTLFJKDVDウルトラマンレオ Vol.7
特撮(映像)
ビクターエンタテインメント 2006-10-27

by G-Tools
B000GTLFJUDVDウルトラマンレオ Vol.8
特撮(映像)
ビクターエンタテインメント 2006-10-27

by G-Tools
B000GTLFK4DVDウルトラマンレオ Vol.9
特撮(映像)
ビクターエンタテインメント 2006-10-27

by G-Tools
B000GTLFKEDVDウルトラマンレオ Vol.10
特撮(映像)
ビクターエンタテインメント 2006-10-27

by G-Tools

発売日が27日なので、土曜に届くのかと思っていたら、今日でした。9月に買った分はまだVol3までしか観れてないのだがな。後半は、アストラ登場、ウルトラマンキング登場、ダンとアンヌの再会、そしてレオ兄弟とウルトラ兄弟の反目、とシリーズのクライマックスにふさわしい内容の連続です。

2006/10/09

『あずみ』 感想

B0000C0SXMあずみ スタンダード・エディション
小山ゆう 北村龍平 上戸彩
アミューズソフトエンタテインメント 2003-11-21

by G-Tools

【感想】
昨日TVでやってたのを子供たちと観ました。原作は未読。TV版ということは、だいぶカットしてあるのだろうな、と思います。子供と観るには少々流血シーンが多すぎたかもしれませんが、本人たちは面白かったのでぜひ2も観たいと言ってました。アクションシーンは楽しめましたが、もうちょっとあずみの内面に踏み込んで、心理描写を深くして欲しいなという気もします。あと、美女丸のオダギリジョーの狂乱怪演は見ものでしたね。この人はクウガの人だよ、と言ったら上の息子はのけぞっておりました(笑)。

2006/09/25

DVD ウルトラマンレオ vol1 vol2 vol3 vol4 vol5 購入

B000GTLFHWDVDウルトラマンレオ Vol.1
特撮(映像) ウルトラマン
ビクターエンタテインメント 2006-09-22

by G-Tools
B000GTLFI6DVDウルトラマンレオ Vol.2
特撮(映像) ウルトラマン
ビクターエンタテインメント 2006-09-22

by G-Tools
B000GTLFIGDVDウルトラマンレオ Vol.3
特撮(映像) ウルトラマン
ビクターエンタテインメント 2006-09-22

by G-Tools
B000GTLFIQDVDウルトラマンレオ Vol.4
特撮(映像) ウルトラマン
ビクターエンタテインメント 2006-09-22

by G-Tools
B000GTLFJ0DVDウルトラマンレオ Vol.5
特撮(映像) ウルトラマン
ビクターエンタテインメント 2006-09-22

by G-Tools
【感想】 第二期ウルトラシリーズ最後の作品。ついにDVD化開始です。とぼしい小遣いを投入して、22日に発売になったvol1~5を購入しました。レオはハイライトシーン以外には再放送で観た記憶がないので、たぶん本放送以来の鑑賞になります。とりあえず第1話のみ観たのですが、記憶しているストーリーとあちこち違っていて面白いです。人間の記憶なんていいかげんなものですね。トリビアの泉とかの影響で、このセブンに耳がないとか、そういう不要な知識だけはあるのに(笑) ダンが思ったよりキツイ感じなところとか、冒頭でセブンは目を攻撃されたわけではなかったんだとか、いろいろ思うところがありました。なぜウルトラアイは熔けてしまったのでしょう?もしかすると、あれはダンがわざとやったのではないか?そんなふうにもとれる微妙なシーンでした。 残りのvol6~を購入する資金をなんとか捻出せねば……。

2006/07/27

『ウルトラマンレオ』DVD化

賞与からGETした小遣いで何を買うかと思っていたのだが、ついに第二期ウルトラシリーズ最後の作品『ウルトラマンレオ』がDVD化されるという情報を得たので、お金は遣わずにおいておくこととしよう(笑)。
じつは『レオ』の最後のあたり、つまりMACが全滅して、円盤生物編になってからは見ていない。円盤生物の描写が気持ち悪かったのである(笑)。しかも、『レオ』は再放送を見た記憶がないので、本放送の一度きり。見ているはずなのに、主要な話以外は見事に記憶から消えているこの物語を、もう一度見ることができることが、今からとても楽しみです。

B000GTLFHWウルトラマンレオ Vol.1
ウルトラマン
ビクターエンタテインメント 2006-09-22

by G-Tools

2006/04/04

ラビビーン関根

土曜から月曜にかけて山場だったので、昨夜やっとゆっくりネットをチェックする。今年はエイプリルフールのしかけをつくることができなかったのが残念。しかも、その間は会社にいたため、見に行くことさえできなかった。
ところで、そのチェックをしていて、ここ何日間でここに辿りついた人たちの検索キーワードの一位は、土曜の夜に「クレヨンしんちゃん」の映画のTV放映があった影響で、「ラビビーン関根」であることが判明。「3分ポッキリ大進撃」ではないところが、いかにもうちのページらしいかも。ちなみに、ヒットしているページはクレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ3分ポッキリ大進撃です。このページの「怪獣図鑑」はリンク切れになっておりますが、DVDに特典として収録されているそうですよ。

B000BKJDYS映画クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ3分ポッキリ大進撃
臼井儀人 ムトウユージ 矢島晶子
バンダイビジュアル 2005-11-25

by G-Tools

2006/01/02

ULTRAMAN

B0009IY9IWULTRAMAN
特撮(映像)
バンダイビジュアル 2005-07-22

by G-Tools

【感想】
一年の計は元旦にあり、などと申しますが、昨日、まさに元旦早々に購入したのがこれでございます。ふらりと立ち寄った店に初回限定バージョンのこれが置いてあるのを見て、夢かと思いましたね(笑)。
ちょうど出張ばかりしていた頃に公開された映画『ULTRAMAN』は上映館も少なく、とても観にいくことができない状況でした。そしてDVD化された2005年の7月に夏の賞与からゲットした小遣いを握りしめ、大阪の街を歩き回ったというのについに見つけられなかったという。
そんなにマイナーなんですかね。初代ウルトラマン第一話への正統なオマージュにして、ULTRA N PROJECTの原点であり、その世界観がウルトラマンネクサスへと受け継がれる作品。誰が何と言おうと、ぼくは好きですよ、ネクストもネクサスも。きわめて「現実的な」物語が特定の視聴者にしかアピールしなかったのが、とても残念だと思う。ネクストの空中戦をぜひ大スクリーンで観たかったものです。

2005/12/23

『機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者』

B0009VHUF8機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-
富野由悠季 池田秀一 飛田展男
バンダイビジュアル 2005-10-28

by G-Tools

【感想】
劇場版の第一作です。休日出勤の疲れた足で書店に立ち寄ったところ、初回限定版がまだ売っていたので、ついフラフラと買ってしまいました。
改めて観ても暗いストーリーです。それに何というか、爽快感がないわけです(笑)。これがファーストであれば、ところどころに「おお」という感じがあって、解放されるような感じをぼくはおぼえるのですが、なんだかはがゆい感じがするわけです。クワトロの中途半端な立場とか、カミーユのわがままさとか、アムロのもう人生に疲れたよみたいな感じですね。ある意味、大人な作品と言えるのかもしれません。昔とは別の視点で作品を見ている自分に驚きを覚えます。アムロがなかなか腰を上げないのにやきもきしたものですが、今では彼の気持ちもよくわかるというか、むしろふたたび立ち上がることに感動してしまいますよ。
昔、TVシリーズで、Mark-IIの塗装を変更するシーンがあったのですが、この映画にはなかったです。あの長いシリーズを約100分×3回にするのだから無理はないですが、好きなシーンだったのにな。というか、ティターンズカラーのMark-IIが好きなので、塗り替えなくてもよかろうと思ったりしたものです。ぼくの思い入れはともかく、100分弱はやはりきついのではないでしょうか?

その他のカテゴリー

DVD 【アニメ】その他 【アニメ】ブラック・ジャック 【コミック】その他 【ドラマ】その他 【ドラマ】必殺 【作家】H.P.ラヴクラフト 【作家】R・D・ウィングフィールド 【作家】かんべむさし 【作家】はやみねかおる 【作家】エドガー・ライス・バロウズ 【作家】エドモンド・ハミルトン 【作家】グラハム・ハンコック 【作家】コナン・ドイル 【作家】ジョイ・フィールディング 【作家】ジョン・ダニング 【作家】ジーン・リューイック 【作家】スタンリイ・エリン 【作家】スティーブン・バクスター 【作家】ダニエル・キイス 【作家】テッド・チャン 【作家】ディーン・R・クーンツ 【作家】トマス・H・クック 【作家】ドロシー・ギルマン 【作家】ハンス・ベンマン 【作家】パトリック・ジュースキント 【作家】フィリップ・ワイリー 【作家】ブリジット・オベール 【作家】ペネロピー・エヴァンズ 【作家】モーリス・ルブラン 【作家】リチャード・プレストン 【作家】レイモンド・チャンドラー 【作家】レイ・ブラッドベリ 【作家】ロス・トーマス 【作家】ロバート・B・パーカー 【作家】ロバート・R・マキャモン 【作家】ロバート・ゴダード 【作家】三上延 【作家】三崎亜記 【作家】中山市朗 【作家】乃南アサ 【作家】久世光彦 【作家】乙一 【作家】乙川優三郎 【作家】乾くるみ 【作家】五十嵐均 【作家】井上雅彦 【作家】井沢元彦 【作家】京極夏彦 【作家】伊坂幸太郎 【作家】出久根達郎 【作家】加納朋子 【作家】北原亞以子 【作家】北川歩実 【作家】北村薫 【作家】北野勇作 【作家】半村良 【作家】吉村達也 【作家】吉永南央 【作家】多岐川恭 【作家】夢枕獏 【作家】宇江佐真理 【作家】宮部みゆき 【作家】小川洋子 【作家】小松左京 【作家】小林信彦 【作家】小林泰三 【作家】小野不由美 【作家】山本周五郎 【作家】山田正紀 【作家】島田荘司 【作家】川端裕人 【作家】平井和正 【作家】平岩弓枝 【作家】広瀬正 【作家】志水辰夫 【作家】恩田陸 【作家】新井素子 【作家】日下三蔵 【作家】明野照葉 【作家】木原浩勝 【作家】朱川湊人 【作家】村上龍 【作家】村田基 【作家】東野圭吾 【作家】松本清張 【作家】柴田錬三郎 【作家】栗本薫 【作家】梨木香歩 【作家】梶尾真治 【作家】森博嗣 【作家】横山秀夫 【作家】横溝正史 【作家】氷室冴子 【作家】江國香織 【作家】江戸川乱歩 【作家】池波正太郎 【作家】浅田次郎 【作家】浦賀和宏 【作家】清水義範 【作家】清涼院流水 【作家】澤木喬 【作家】瀬名秀明 【作家】田中芳樹 【作家】田島照久 【作家】皆川博子 【作家】眉村卓 【作家】福井晴敏 【作家】筒井康隆 【作家】篠田節子 【作家】米澤穂信 【作家】綾辻行人 【作家】草上仁 【作家】荻原浩 【作家】薄井ゆうじ 【作家】藤堂志津子 【作家】藤木稟 【作家】藤本ひとみ 【作家】藤沢周平 【作家】藤田宜永 【作家】西澤保彦 【作家】谷甲州 【作家】貫井徳郎 【作家】貴志裕介 【作家】赤木かん子 【作家】酒見賢一 【作家】野田昌宏 【作家】鈴木光司 【作家】長岡弘樹 【作家】阿刀田高 【作家】高橋克彦 【作家】高橋留美子 【作家】高田祟史 【作家】高田郁 【作家】J・K・ローリング 【映画】その他 【漫画家】あだち充 【漫画家】グレゴリ青山 【漫画家】今市子 【漫画家】吾妻ひでお 【漫画家】大和和紀 【漫画家】大和田秀樹 【漫画家】安彦良和 【漫画家】川原泉 【漫画家】日渡早紀 【漫画家】明智抄 【漫画家】末次由紀 【漫画家】杉浦日向子 【漫画家】村枝賢一 【漫画家】松本零士 【漫画家】柳沼行 【漫画家】桑田次郎 【漫画家】業田良家 【漫画家】横山光輝 【漫画家】水木しげる 【漫画家】真船一雄 【漫画家】秋月りす 【漫画家】荒川弘 【漫画家】萩原一至 【漫画家】藤子・F・不二雄 【漫画家】高屋良樹 【漫画家】高田裕三 【漫画家】魔夜峰央 【特撮】その他ウルトラシリーズ 【特撮】ウルトラマンネクサス 【特撮】ウルトラマンマックス 【特撮】ウルトラマンメビウス 【特撮】仮面ライダー000 【特撮】仮面ライダーW 【特撮】仮面ライダーウィザード 【特撮】仮面ライダーカブト 【特撮】仮面ライダーディケイド 【特撮】仮面ライダーフォーゼ 【特撮】仮面ライダー響鬼 【特撮】全般 【特撮】生物彗星 Woo 【読書】1996年の読書遍歴 【読書】1997年の読書遍歴 【読書】1998年の読書遍歴 【読書】1999年の読書遍歴 【読書】2000年の読書遍歴 【読書】2001年の読書遍歴 【読書】2002年の読書遍歴 【読書】2003年の読書遍歴 【読書】2004年の読書遍歴 【読書】2005年の読書遍歴 【読書】2006年の読書遍歴 【読書】2007年の読書遍歴 【読書】2008年の読書遍歴 【読書】2009年の読書遍歴 【読書】2010年の読書遍歴 【読書】2011年の読書遍歴 【読書】2012年の読書遍歴 【読書】作家別未分類 アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 ゲーム コネタマ パソコン・インターネット ワーカホリックなSE生活 創作掌編 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 音楽

他のアカウント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

★★★★