【特撮】仮面ライダーW

2011/12/31

『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX』 感想

12月18日に『仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦 MEGA MAX』を観てきました。
オーズ編とフォーゼ編を軸にして、昭和ライダーたち・ダブルのふたりが絡み合う、なかなか見応えがあるストーリーでした。ただ、このところずっと物語の謎部分にタイムスリップとかタイムトラベルをもってくるのは、ちょっと食傷しております。まあ、そういう意味では今回はなでしこの謎のほうがメインといえばメインだったので、そこのところはいい感じだったかも。
このストーリーだと、昭和ライダーたちを無理に出演させる必要はなかったのではないでしょうか?まあ、それぞれの必殺技を堪能できたのはうれしかったのですが、逆に添え物的になってしまっていて不満です。フォーゼ・オーズ・ダブルに絞ってよかったのではないかと思いますよ。むしろ、仮面ライダー・ジョーカーを再び見ることができたのが、よかった部分です。
ゲストライダーのポセイドンのサメ・クジラ・オオカミウオってのがわからん(笑)。この場合、クジラはありということでいいのか?とかオオカミウオって何だ?とか・・・仮面ライダー・アクアの葛藤の部分が、いい感じだっただけにもう少し時間をとって欲しかったと思います。それに、アンク復活の謎の部分や、伊達・後藤のダブル・バースも、かなりあっさり流されてしまっております。もうちょっと情感があってもよかったのではないか、と思うんですよ。
まあ、つまるところ、ダブルもオーズもメインではないわけで、それは現主人公のフォーゼなわけですね。弦太朗と撫子という、仮面ライダー的にはあまり今までなかった陽性の恋模様を描きながらも、そこはやっぱりライダーなわけで、悲恋ではあるのだな。悲恋でふたりともライダーで、っていうと龍騎とファムを思い出してみたり。しかし、あんなに深刻にならないのがフォーゼで、そこがいいところなんだろうな。ふたりの愛の完成形はロケットステイツでダブルロケットドリルキックなわけだ。
TVシリーズでは、映画終盤に登場したメテオもすでに登場し、物語の謎の一旦がやっと見え始めましたね。どうも多忙にかまけさぼりがちですが、また感想を上げようかな・・・。

2010/12/19

『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat. スカル MOVIE 大戦 CORE』 感想

仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat. スカル MOVIE 大戦 CORE を観てきました。

「仮面ライダースカル メッセージ for ダブル」
荘吉=スカルの格好良さに大満足。対する怪人もスパイダードーパントにバットドーパントとは泣かせます。まさに始まりの物語。竜との結婚式当日、プテラノドンヤミーの能力で過去を幻視する亜樹子。そこには、スカルになることを決意した父・荘吉の姿が・・・・・・。題名通り、ほぼ全編スカルの誕生秘話になっています。子供時代の翔太郎が荘吉とスパイダードーパントの戦いを目撃するサービスシーンも。横にいる女の子は誰よと思っていたら、Wの第1話に登場のティーレックスの真里奈でしたか。というか言われないとわからん。あとメリッサという鳴海荘吉の妹分の存在にはなんだか釈然としないところはあるものの、亜樹子との二役そのものはたいへん面白かったです。亜樹子といえば、子供時代のシーンはコテコテすぎです(笑)。大阪人にだって、あそこまでの人はいないと思います。

「仮面ライダーオーズ ノブナガの欲望」
ノブナガ=信長なのですね。というか、本能寺で死んだ信長にミイラが存在するはずないのでは???いや、細かいことは置いておいて、ほぼグリード抜きで進むストーリーに、あれこれ疑問が浮かびます。というか、あのクスクシエでの食事シーンからすると、この時点でアンクは映司と同居してないのかも?さて、ダブル編ではメリッサの存在が微妙だと思いましたが、明智よしのはもっと微妙かも。あんな一瞬でヤミーを明智よしのから引き出せる新たなグリードの存在は気になりますね。終盤、ノブナガの脳内妄想で完結してしまったけど、あれでよいのか?なんだかモヤモヤしました。そして、仮面ライダーバース登場!腕のアタッチメントを見ると、ライダーマンを思い出すなあ。しかし、素直に後藤さんには渡さんだろうと思っていたのですが・・・ラストに後藤さんが竜のヘルプに現れるまでの経緯を知りたいですねえ。

そして、例によって物語は融合し、今回の敵は仮面ライダーCORE って、無理に巨大化の方向に持っていってないか?しかも、フォルムが1号・2号に似ているのが、なんとなく気に喰わないですよ(笑) いいところにアンクが現れて、映司に赤のメダルを。タカ・クジャク・コンドルでタジャドルコンボ?なんだか、超神ビビューンに激似だと思ったのはぼくだけですか(笑)
それにしても、Wの世界と000の世界はどういう繋がりなんでしょうか?今回の表現だと、なんとなく隣町というか隣の市っていう感じがしますね。

2010/08/29

『仮面ライダーW 最終回 Eにさよなら/この街に正義の花束を』 感想

 『仮面ライダーW 最終回 Eにさよなら/この街に正義の花束を』 を観ました。
 フィリップが消えて1年。「お前の力が欲しいよ…」と、孤独に戦い続ける翔太郎。風都タワーも再建されたが、心は晴れない。最後の依頼人は「姉さんがいないと何もできない」という少年 晶からの姉を取り戻して欲しいという依頼。どうやら、ガイヤメモリの売買組織EXEにかかわっているらしいが・・・。

 予想以上にすばらしい最終回でしたね。正直、ここまで感動するとは思わなかった。
 時々、プリズムのようなフィルタを通して表現される画面は、フィリップが地球の記憶の中から見守っているのだろうとは思ってはいました。これは、最後のピンチに声が聞こえるくらいのサプライズ?と期待したのですが、なるほど若菜姫の「わたしなりのガイアインパクト」とは、そういうことでしたか。若菜のエピソードは並行して語られていますが、時系列的には今進行している事件からみると、少し過去に属しているわけですね。「風都を守る風でなさい」と冴子。フィリップは、ついに家族を取り戻したのだなあ。そして、若菜から体をゆずられたフィリップの帰還。まさに「あたし聞いてない」です(涙)。
 ハードボイルドとは痩せ我慢なのですか。「完成されたくなんてねえ」と翔太郎。 ハードボイルドよりハーフボイルド。ダブルはやっぱり、ふたりでひとりの仮面ライダーなのです。最後の台詞はやっぱり「さあ、お前の罪を数えろ!」でしたね。

2010/08/22

『仮面ライダーW 第48話 残されたU/永遠の相棒』 感想

 ほぼ最終回のノリですね。ふたりで変身するという設定を最初に聞いたとき、いずれ別れが来るということが織り込まれているのだろうなとは思っていました。問題は、その別れがどのように訪れるかですよね。生身で単独敵地に乗り込む翔太郎。あの、おやじさんの帽子を身につけて。その決断の意味は大きいです。
 「これを閉じても、僕たちは永遠に相棒だ」 そして、前回のパーティで翔太郎に渡されていたプレゼントの中身には、フィリップの。「僕の好きだった街をよろしく 仮面ライダー左翔太郎 君の相棒より」というメッセージが入った本とロストドライバーが・・・。これからは、翔太郎はダブルにはなれないけれど、仮面ライダーであることに変わりはないのだな。ひとりだけれど、フィリップの心はともにある。古いし、ちょっと意味が違うけれど、北斗と南の別れのシーンを思い出したよ。次週はエピローグ的な話になるのでしょね。予告編にはジョーカーが・・・。どういう言葉で完結するのか期待しますよ。

2010/08/21

『仮面ライダーW FOREVER A to Z 運命のガイアメモリ』 感想

 『仮面ライダーW FOREVER A to Z 運命のガイアメモリ』 今日観ておかないと、行く機会を逸してしまうと思い、万難を排して観てきました。排しきれなかったので、映画館から会社に直行して仕事しましたが、まあそれはそれとしましょう。
 
 財団Xが輸送中のT2ガイアメモリが、傭兵集団NEVERに狙われた。エターナルのメモリは奪われ、残り25個のメモリは風都に四散。翔太郎とフィリップは、国際特務調査機関員を名乗るマリアという女性から、メモリの回収を依頼される。このマリアという女性、シュラウドによく似ているのだが・・・。

 この話って、シリーズの44話と45話のあいだに位置するようだけど、ストーリー的には、ほぼ独立しているのか?輸送機やられたのに、財団Xが話に絡んでこないのはどうして?とか、スカルの再登場はどういう脈絡なのか?とか、クイーンとエリザベスがAとKとBのメモリを回収、ってネタは、誰に向けているのか? とか(笑) 気になるなあ。今まで事件にかかわってきた依頼人たちが、群衆の中で仮面ライダーを応援している構図が、今までになく斬新でよかったです。こういうのって、今までのライダーではあんまりなかったような気がします。あと欲を言えば、サイクロン、ルナ、ヒート、トリガー、メタルとドーパントが揃ったので、どうせならジョーカードーパントも見てみたかったかな。
 新ライダー オーズはメダルで変身。各フォームの名前が無理矢理っぽい・・・って同じ世界に住んでいるのかな?どう繋がっておるのだろう?というか、パンフにあった、自販機が変形ってのが、ものすごくものすごく気になるのですけど・・・。
 さて、TVのほうも、もう終盤で、フィリップが消滅するとかしないとかの話になっているけど、ロストドライバーによる変身ってのは、ある意味、翔太郎の今後を示唆してるのか?ダブルのドライバーはふたりで使用する前提だものね。そして、サイクロンジョーカーEXには、風の力で!これは、あっと思いましたよ。もうちょっと盛大にベルトを回して欲しかったですね。TV最終回あたりで、もう一度くらい出現させてほしいです。



 

2010/08/07

甲子園には魔物が住んでいるというが・・・毎年毎年、出現するのだな

今年もやってきた魔の8月。やっぱり終盤になってから一週遅れというのは、なんだか許せない気分。関西だけは、仮面ライダーWの放送が一週遅れになって、とんでもない平日に最終回直前分の放映があったりするので、次回予告には注意しないと。というか、先週の予告では、さも当然のように「次回はお休みです」のテロップが(笑)。
ネットから拾った情報によると、8/8は休止。それから一週遅れになって、最終回直前話は、8/23(月)に放映だとか。でも、これも雨降ったり、他に何か起こったら保証されんと思うので、TV番組表を毎日チェックしとかないとなあ。恐るべし、コーシエーン・ドーパント。


2010/07/25

ドーパントメモリを衝動買いする

 立ち寄ったイオンの玩具コーナに、ドーパントメモリが大量にあるのを見て、思わず衝動買いしてしまいました。980円なり。ダブルのサイクロンとかのメモリはあんまり欲しいと思わないのですが、ドーパントのメモリは欲しい(笑)。ネットでは3000円を超える高値がついていてちょっとと思っていたし、それ系の専門店でも、やはり3000円前後。いい買い物をした(笑)と自分では思うのだけれど、ニョーボはおろか、子供たちにまで呆れられてしまいました。だって、対象年齢3歳からって箱に書いてあるしなあ・・・・・・。
 しかし、この値段で26種類のドーパントの変身音声が楽しめるのはすごいですよ。敵キャラのフィギュアとかは、ふつう代表的なのしか作成されないし、変身アイテムは敵であってもライバル的な人気のあるものでないと出ませんよね。これだけ網羅してるのは珍しいです。収録音声はテラー、タブー、クレイドール、スミロドン、ナスカ、ウェザー、マグマ、ティーレックス、マネー、アノマロカリス、コックローチ、スイーツ、バイラス、バイオレンス、アームズ、バード、アイスエイジ、トライセラトップス、ライアー、パペティアー、インビジブル、ナイトメア、ビースト、イエスタデイ、ダミー、マスカレイドです。まあ、ダブルを楽しんだ記念にってことで。


2010/05/23

『仮面ライダーW 第36話 Rの彼方に/全てを振り切れ』 感想

『仮面ライダーW 第36話 Rの彼方に/全てを振り切れ』を見ました。
全てを振り切る速さをもった「挑戦の記憶」トライアルメモリをシュラウドから渡された竜。速度が上がればパワーは減るというのは、ライダーにせよウルトラマンにせよ同じだな。ハイスピードで敵の懐に飛び込むという戦術を取るわけだが、その訓練がオフロードバイクで10秒を切ることか。シュラウドの「憎めえ~」という声が、子供番組とも思えませんな。
スピードアップ系の増強が主人公以外にされるのって、初めてですかね?具体的にどのくらいの加速なんだろう?カブトとか555よりは遅い、というかふつうの加速のような気はします。
そして、今まで怪しく立ち回ってきた井坂先生が、唐突に琉兵衛に宣戦布告。冴子もタブーに変身して攻撃を……って思ったら、ミックがグッドジョブ。
これは井坂先生の退場も近い流れかと思って見ていたら、凪をさらっておいて、その恐怖を煽るためにわざわざ竜を呼び出すのね。完全に竜をなめている。パラソル?の下で冴子と井坂のツーショット。ここだけ見ると、まるで怪しい昼メロのようだなあ(笑) 「戻ったらドーパントの君ではなく、ほんとうの君をみせてください」 って、ああこれは戻って来んよな。ぜったい戻らない。ところで、「みせて」が「見せて」か「診せて」か気になったのは、オレだけではあるまい(笑)
そして、主人公が変身することなく、アクセルトライアルの独壇場。憎しみではなく、守る気持ちになった時に、仇敵を撃破できる。いい感じです。赤から黄色へ、黄色から青へ。サナギマンからイナズマンかい、黄色は何の役に立つんかい、という突っ込みは置いておこう。メモリの過剰なんとかで井坂先生消滅。冴子さん、男運悪すぎないか・・・・・。


2010/04/26

『仮面ライダーW 第32話 風が呼ぶB/今、輝きの中で』 感想

『仮面ライダーW 第32話 風が呼ぶB/今、輝きの中で』を見ました。
サイクロン・ジョーカー・エクストリームって舌噛みそうで寿限無みたいだぞ。というか、全形態でエクストリームありなのかが気になるなあ。ファング・ジョーカーの真ん中を銀にすると配色悪そうだしなあ。そういえば、あのエクストリームメモリを介せば、フィリップの気絶した肉体を運ばなくてすむのだろかな。そのうち、エクストリームメモリが先に飛んできて、そこに向かってふたりでジャンプするとか……って、そのままバロムワンになってしまう。
今回のゾーンドーパントは、割れたピラミッドから目玉おやじが顔を出したみたいで面白かったなあ。ああいう、非人間形態のドーパントが多く出てくると面白いのに。

2010/04/04

『仮面ライダーW 第29話 悪夢なH/眠り姫のユウウツ』 感想

『仮面ライダーW 第29話 悪夢なH/眠り姫のユウウツ』を見ました。
変身したまま昼寝した仮面ライダーは、Wが初めてだと思う。しかも、グラウンドで? なんだって、変身したまま寝る必要があったのかについては、なるほどと思った。初めてといえば、自分の力でもないのに動けなくなった相手に対して攻撃を加えてきた怪人も伊坂先生が初めてでは?そういう意味では、怪人とライダーって毎回けっこう正面きって戦っておるよなあ。
今回は夢の中が舞台ということで、時代劇。翔太郎が亜樹子に借りたDVD『風の佐平次』の影響か。メモリが木札「疾風」「切札」になってたのはツボだった(笑)。
さて、来週は新フォーム登場?でも予告見る限りは新フォームより「お前の罪を数えろ」って書かれたスリッパをWが持ってることのほうが気になるぞ。


その他のカテゴリー

DVD | 【アニメ】その他 | 【アニメ】ブラック・ジャック | 【コミック】その他 | 【ドラマ】その他 | 【ドラマ】必殺 | 【作家】H.P.ラヴクラフト | 【作家】R・D・ウィングフィールド | 【作家】かんべむさし | 【作家】はやみねかおる | 【作家】エドガー・ライス・バロウズ | 【作家】エドモンド・ハミルトン | 【作家】グラハム・ハンコック | 【作家】コナン・ドイル | 【作家】ジョイ・フィールディング | 【作家】ジョン・ダニング | 【作家】ジーン・リューイック | 【作家】スタンリイ・エリン | 【作家】スティーブン・バクスター | 【作家】ダニエル・キイス | 【作家】テッド・チャン | 【作家】ディーン・R・クーンツ | 【作家】トマス・H・クック | 【作家】ドロシー・ギルマン | 【作家】ハンス・ベンマン | 【作家】パトリック・ジュースキント | 【作家】フィリップ・ワイリー | 【作家】ブリジット・オベール | 【作家】ペネロピー・エヴァンズ | 【作家】モーリス・ルブラン | 【作家】リチャード・プレストン | 【作家】レイモンド・チャンドラー | 【作家】レイ・ブラッドベリ | 【作家】ロス・トーマス | 【作家】ロバート・B・パーカー | 【作家】ロバート・R・マキャモン | 【作家】ロバート・ゴダード | 【作家】三上延 | 【作家】三崎亜記 | 【作家】中山市朗 | 【作家】乃南アサ | 【作家】久世光彦 | 【作家】乙一 | 【作家】乙川優三郎 | 【作家】乾くるみ | 【作家】五十嵐均 | 【作家】井上雅彦 | 【作家】井沢元彦 | 【作家】京極夏彦 | 【作家】伊坂幸太郎 | 【作家】出久根達郎 | 【作家】加納朋子 | 【作家】北原亞以子 | 【作家】北川歩実 | 【作家】北村薫 | 【作家】北野勇作 | 【作家】半村良 | 【作家】吉村達也 | 【作家】多岐川恭 | 【作家】夢枕獏 | 【作家】宇江佐真理 | 【作家】宮部みゆき | 【作家】小川洋子 | 【作家】小松左京 | 【作家】小林信彦 | 【作家】小林泰三 | 【作家】小野不由美 | 【作家】山本周五郎 | 【作家】山田正紀 | 【作家】島田荘司 | 【作家】川端裕人 | 【作家】平井和正 | 【作家】平岩弓枝 | 【作家】広瀬正 | 【作家】志水辰夫 | 【作家】恩田陸 | 【作家】新井素子 | 【作家】日下三蔵 | 【作家】明野照葉 | 【作家】木原浩勝 | 【作家】朱川湊人 | 【作家】村上龍 | 【作家】村田基 | 【作家】東野圭吾 | 【作家】松本清張 | 【作家】柴田錬三郎 | 【作家】栗本薫 | 【作家】梨木香歩 | 【作家】梶尾真治 | 【作家】森博嗣 | 【作家】横山秀夫 | 【作家】横溝正史 | 【作家】氷室冴子 | 【作家】江國香織 | 【作家】江戸川乱歩 | 【作家】池波正太郎 | 【作家】浅田次郎 | 【作家】浦賀和宏 | 【作家】清水義範 | 【作家】清涼院流水 | 【作家】澤木喬 | 【作家】瀬名秀明 | 【作家】田中芳樹 | 【作家】田島照久 | 【作家】皆川博子 | 【作家】眉村卓 | 【作家】福井晴敏 | 【作家】筒井康隆 | 【作家】篠田節子 | 【作家】米澤穂信 | 【作家】綾辻行人 | 【作家】草上仁 | 【作家】荻原浩 | 【作家】薄井ゆうじ | 【作家】藤堂志津子 | 【作家】藤木稟 | 【作家】藤本ひとみ | 【作家】藤沢周平 | 【作家】藤田宜永 | 【作家】西澤保彦 | 【作家】谷甲州 | 【作家】貫井徳郎 | 【作家】貴志裕介 | 【作家】赤木かん子 | 【作家】酒見賢一 | 【作家】野田昌宏 | 【作家】鈴木光司 | 【作家】長岡弘樹 | 【作家】阿刀田高 | 【作家】高橋克彦 | 【作家】高橋留美子 | 【作家】高田祟史 | 【作家】高田郁 | 【作家】J・K・ローリング | 【映画】その他 | 【漫画家】あだち充 | 【漫画家】グレゴリ青山 | 【漫画家】今市子 | 【漫画家】吾妻ひでお | 【漫画家】大和和紀 | 【漫画家】大和田秀樹 | 【漫画家】安彦良和 | 【漫画家】川原泉 | 【漫画家】日渡早紀 | 【漫画家】明智抄 | 【漫画家】末次由紀 | 【漫画家】杉浦日向子 | 【漫画家】村枝賢一 | 【漫画家】松本零士 | 【漫画家】柳沼行 | 【漫画家】桑田次郎 | 【漫画家】業田良家 | 【漫画家】横山光輝 | 【漫画家】水木しげる | 【漫画家】真船一雄 | 【漫画家】秋月りす | 【漫画家】荒川弘 | 【漫画家】萩原一至 | 【漫画家】藤子・F・不二雄 | 【漫画家】高屋良樹 | 【漫画家】高田裕三 | 【漫画家】魔夜峰央 | 【特撮】その他ウルトラシリーズ | 【特撮】ウルトラマンネクサス | 【特撮】ウルトラマンマックス | 【特撮】ウルトラマンメビウス | 【特撮】仮面ライダー000 | 【特撮】仮面ライダーW | 【特撮】仮面ライダーウィザード | 【特撮】仮面ライダーカブト | 【特撮】仮面ライダーディケイド | 【特撮】仮面ライダーフォーゼ | 【特撮】仮面ライダー響鬼 | 【特撮】全般 | 【特撮】生物彗星 Woo | 【読書】1996年の読書遍歴 | 【読書】1997年の読書遍歴 | 【読書】1998年の読書遍歴 | 【読書】1999年の読書遍歴 | 【読書】2000年の読書遍歴 | 【読書】2001年の読書遍歴 | 【読書】2002年の読書遍歴 | 【読書】2003年の読書遍歴 | 【読書】2004年の読書遍歴 | 【読書】2005年の読書遍歴 | 【読書】2006年の読書遍歴 | 【読書】2007年の読書遍歴 | 【読書】2008年の読書遍歴 | 【読書】2009年の読書遍歴 | 【読書】2010年の読書遍歴 | 【読書】2011年の読書遍歴 | 【読書】2012年の読書遍歴 | 【読書】作家別未分類 | アニメ・コミック | ウェブログ・ココログ関連 | ゲーム | コネタマ | パソコン・インターネット | ワーカホリックなSE生活 | 創作掌編 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 音楽

他のアカウント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

無料ブログはココログ

★★★★